Foglots(フォグロッツ)|育児を楽しみ人生を楽しむ

育児を経験して今まで見ていた世界観が変わった。見たことのない景色を楽しみ、人生を楽しみたい。ストレス社会に立ち向かい、自由気ままなに生きている体験を通したブログです。さらに息子は大動脈弁狭窄症という先天性の心疾患。生後1ヶ月でロス手術を経験。今は2歳になり元気に過ごしています。そんな闘病日記をはじめとしたことを書いています。

最近体重がハンパなくやばくなってきました。ここ半年で5キロほど増加。実は1年前もやばいと思いダイエットをしましたが意外にも簡単に体重が5キロほど落ちたため、こんなものかとナメて暴飲暴食を繰り返していました。 ...

結論から言うと、風邪予防&初期症状には鼻うがいが1番効果があります! これからの季節、風邪やインフルエンザが流行ってきます。子供は風邪をひきやすいのですが、我が家には子供が2人いるのでその影響もあってか私もよく風邪をひきます。昔はあまり風邪はひかなかったのですが、ここ数年は2ヶ月に1回は風邪をひいています。 ...

先週末の台風により、初の避難生活を経験しました。 今後も今回のような台風が来る可能性もあるし、台風が来なくても水害はあるかもしれない。地震だっていつ起こるか分からない。津波によって荒川が氾濫するかもしれない。いつ起こるか分からないので、いざという時のためにも準備が必要です。今回の避難生活で分かったことを書いていきます。 ...

今週末は関東に今年2度目の台風が上陸する予報が出ています。前回の台風では関東の電車がほとんどストップしてみんな身動きが取れずに会社に行けない人が続出していましたが、今回は土日なので外出を控えようと思えば控えられる人が多いでしょう。JRは既に計画運休を発表して ...

スマートフォンなどのモバイルデバイスのほぼ全てに使用されているリチウムイオン電池の開発をした吉野彰氏がノーベル化学賞は受賞。モバイルITの世界を変えた素晴らしい研究です。このリチウムイオン電池がなかったら今のような便利な社会になっていなかったんだろうなー。 ...

‪子供の泣き声くらいでいい年した大人がイライラしている方が私は恥ずかしいと思いう。‬ ‪そんなに嫌なら違う車両に乗ればいい。イヤホンで音楽聴けばいい。‬ ‪朝の通勤電車なんて所詮奴隷社員の輸送電車だ。奴隷社員のくせに偉そうなこと言うな。‬ ...

平日はなかなか子供たちと一緒にいられる時間は少ないけど、土日の休みはたくさん遊んであげています。我が家は平日も土日も関係なく、毎朝5時に起床します。そこからご飯食べたり朝の準備をすると8時くらいにはひと段落するので、子どもたちは外に遊びに行きたがります。な ...

反抗期は誰にでも来るもの。特に娘が父親を嫌うのは誰もが通る道。臭いといってもこれは遺伝子がそうさせており、似た遺伝子を持つ者同士が深い関係にならないように遺伝子が一定以上の距離に近づけさせないようにそうさせている。 ...

電車や飛行機でタバコが吸えた 電車のボックス席や横並びの両端には灰皿が設置されていた。学校の職員室も常にモクモクしていた。 駅の改札では駅員が切符を切っていた 改札を通るまでに行列。ターミナル駅には大量に駅員が必要。不正乗車を見破るのなんて難しそう。 タバコ ...

転職サイトといったらリクナビやマイナビがまず思いつく人が多いのではないだろうか。彼らは資金力や営業力も豊富にあり、様々なジャンルの求人を数多く揃えている。転職を考えた時にまずはこれらのサイトに登録する人が多いだろう。 しかしそういった大手のサイトではなく、知る人ぞ知る小さな転職サイトもいくつかある。その中でも私はこの「日本仕事百貨」というサイトが好きだ。 ...

誰もがたべたことがあるサッポロ一番。みそ派と塩派の大論争が行われている。投票期限は2019年10月31日まで。参加方法等はこちらから▼▼抽選で素敵なプレゼントもあるみたい。10月3日7時時点では僅差で塩派がリードしている模様。ちなみに、私は塩派かな。 ...

はたして最低賃金を上げろと騒いでた人はこれで満足しているのだろうか。 そもそも最低賃金を上げろと言っている人を私は理解できない。最低賃金はあくまで最低賃金であって、もっと高い給料をもらえる仕事なんていくらでもある。そんな仕事をやればいいだけではないだろうか。 ...

iPhone11が発売されて最初機種が注目されていますが、今はまだ私は2年前に買ったiPhone7で十分だと思っています。しかし唯一の欠点が、バッテリーの劣化が激しかったこと。最大容量は70%となっており、フルで充電して家を出ても半日持たないくらいな状態でした。バッテリー問 ...

昨日は北区花火会。北区は謙虚に、花火大会ではなく花火会です。 赤羽はお祭りも花火も真夏の暑い時期ではなく少しズレた涼しい時期にやるので暑い人混みを避けて楽しめます。 子供たちは始まるまではワクワクしていたのに、いざ花火が始まると音が怖くて見たくないとのこ ...

↑このページのトップヘ