私は毎朝娘を保育園に連れて行っていますが、朝早い時間ということもあってまだほとんどの子供たちは保育園に来ておりません。いつも会うのは同じ顔ぶれの5組ほどの親子。
もう4歳になるので、娘は自分から積極的にタオルやコップなどをセッティングをしています。
最近は保育園で会う子には「◯◯くん、おはよー!」と挨拶をし、部屋で待っている先生に対しても大きな声で「おはようございます!」自分からしっかり挨拶ができるようになりました。

必ず自分から先に挨拶をします。ちゃんと挨拶が出来る子になってくれているようで、これは私としてはすごく嬉しく感じております。

会社でも挨拶しない人や小さい子でボソボソ言って出社する人もいますが、思い出してみると今まで出会った人たちの中で人としてどうなのかな?と感じる人はほとんどしっかり挨拶できない人が多かったように思えます。

挨拶をすることは大切なことです。最近は元気に挨拶が出来るようになったからなのか、保育園で別れた後の帰り際に見える姿か今までより楽しそうにしているように見えます。

これは挨拶をすることによって自分の心を開くということを示しているようで、その結果として挨拶を受け取る相手もこの人は敵ではないと認識をするため、お互いのコミュニケーションが上手くいくようになるそうです。

相手が受け入れてくれれば自分も気持ち良くなれるので嬉しいですよね。

そのおかげもあってなのかはよくわかりませんが、保育園ではうちの娘は人気者のようです。散歩に行く時に誰がうちの娘と手を繋ぐかで取り合っているようです。

親としてはどんな子になってもらいたいかなと考えた時、人から好かれる子・周りを笑顔にさせらる子になってほしいと思っています。今はちゃんとそういう子になってくれているようなので、とても安心しました。

IMG_9186