先週木曜日に発熱があった息子。金曜日には激しく発疹が出てきており、手足口病に感染してしまいました。

しかもかなり重症のようで発疹が激しく、本日火曜日時点でもまだかなりの発疹が出ています。

先週土曜日には発熱は治ったので恐らくもう感染力はあまり無いと思いますが、家族みんな感染していないか心配です。

娘は昨年のお盆休み後半に手足口病に感染したし、この時期は要注意です。

なんだか月曜日の朝から私も喉に違和感があるので、感染していなければ良いのですが。妻も喉に違和感があるようです。

飛沫感染もあるようですが、小さい子と生活していればそれを避けるのはなかなか難しい。感染していないことを祈ります。

手足口病のウイルスとは

手足口病のウイルスはエンテロウイルスやコクサッキーウイルスなどの膜を持たないノンエンベロープウイルスです。膜は脂質を溶かすアルコールに弱いのですが、ノンエンベロープウイルスは膜を持たないウイルスのため、アルコール消毒は効果がありません。しかし最近では、ノンエンベロープウイルスにも効果が見られれ酸性アルコール製剤が開発されています。


手足口病院はうつる?大人が感染すると重症化する

手足口病は咳やくしゃみなどからの飛沫感染や、手や足に触れた接触感染もあります。子供と生活していると避けられない部分ではあります。

また、大人が感染すると重症化することが多く、歩けないほどの発疹が出るだけでなく、関節痛などを伴う倦怠感が見られるようです。

手足口病の感染対策

手洗いは必ずしましょう。

 ▼▼こちらは酸性アルコール製剤です▼▼
うがいも忘れずに!
どれだけ効果があるかわかりませんが、やらないよりマシでしょう。

しかしなんといっても免疫を高める一番の方法は寝ることです▼▼

風邪をひいた時の対策!一番大切なことはとにかく寝ること!

風邪をひき始めて約2週間が経ちましたが、よくやく落ち着いてきました。...