現代はあらゆるものがサブスクリプションになり、物を買う時代から権利を買う時代になってきた。そしてついに自動販売機までサブスクリプションに対応する時代になった。

これからのビジネスにおいてこのサブスクリプションが興味深くなりそう。

そもそもサブスクリプションとは何か。モノを買い取るのではなく、モノの利用権を借りて利用した期間に応じて料金を支払うサービスのことである。

分かりやすく言えば昔からスポーツジムでやっていた仕組みと同じだ。ジムに行くたびに、器具を使う度にお金を払うのではなく、月額料金を払えばその金額に応じたコース内でジムに行くことができ、トレーニングし放題。

そういったサービスをもっと身近な日常の中にも取り入れているといったかんじだ。


私はアマゾンプライム、Apple musicなどを利用しているが、アマゾンプライムなんかはすごく便利でもう辞められないサービスになってしまった。


注文したら翌日に届くし、プライムビデオが見られるようになるので映画やドラマもたくさん見られるし。

サブスクリプションのおかげで出費もある程度予測しやすくなった。Apple musicは月額980円と決まっているため、昔のようにCDを買っていた時代は、聴きたい曲が出る度に購入していたのと違って音楽にはそれ以上支払う必要が無くなる。


サブスクリプションが増えてきたおかげで物を購入しなくてもよくなってきた。

他にも、カラオケ、カフェ、ラーメン、ライブといったものもサブスクリプション型サービスが出ているらしい。

最初に紹介したような日常的に必要な自動販売機までサブスクリプションになったらこれから様々な企業にも新たなビジネスチャンスが生まれそうだ。