息子はよく笑います。全力で腹抱えて笑い転げています。そしてよく走ります。家の中でも外に行っても全力の笑顔で全力で叫びながら走り周ります。
そんな姿を見てると心臓が悪いことなんて完全に忘れてしまいます。


生まれて来られるか分からない。
生まれても数分の命になるかもしれない。
2心房2心室を維持して生きて行くのは難しい。
治療の限界時には諦める覚悟も必要かも。

生まれる前にはこんなことを言われていました。

当時は今のような姿を見られなんて想像もしていなかったし、走り回れるようになるなんて思わなかった。
2心房2心室を維持して生きられるとも思わなかった。
あんな笑顔を見られるとも思わなかった。
息子はよく歌ってよく踊ります。
体の大きさ、成長も順調。



生まれてから薬を飲まなかった日は一度も無いけど、頑張って毎日飲んでます。
体調崩すとすぐに入院して寂しい思いをたくさんしているけど頑張ってます。

笑いたいから生まれてきたのか。笑わせたいから生まれてきたのか。

頑張って生きてます。生きたいという気持ちが強いのか。気が強すぎておねーちゃんと毎日喧嘩しておねーちゃんを毎日泣かせています。このくらい気が強くないと生きていけないのかな。でも2人仲良く楽しそうに遊んでます。

一度は諦める覚悟をした息子の命。全力で守ってあげたい。全力で楽しい人生を送らせてあげたい。

たくさん笑える子になってよかった。その笑顔に私は助けられています。

忙しい日常で忘れてしまいがちですが、当たり前のようなこの環境に改めて感謝してよう。当たり前のように生きているこの命を当たり前だと思ってはいけない。

まとまりのない文章だけど、とにかく思ったことをただ書きたかっただけです。