※以下、本文より引用
 「僕たち人類は、1000年後、1万年後も、この地球に存在する生物の王として君臨していると思いがちですが、地球の長い歴史の中で、そんなに長いあいだ存続した生物はいないのです。1万年後、私たちとは全然違う生物が、地球を支配していても不思議ではありません。

しかも自然にそうなるのではなく、人間が自らそういう生物を生み出すかもしれません。

うまくいけば人類は地球史上最長の栄華を誇ることができるかもしれないし、一歩間違うと、新たな生物に地球の王座を譲り渡すことになります。いま、人類はその岐路に立っていると思います」



人類の繁栄のための研究ではなく自分たちの利益のための研究になってしまうと人類は自らの手で滅してしまう。

研究者には人類がどちらの方向に進むか決めることもできてしまう。

今はまさにそれをコントロールできる時代。

人類は必ず滅びる。
誰もが分かっていることだ。

しかし滅びる前に研究者が滅ぼすか否か。研究者には人類を繁栄させる研究者であってほしいという天才の発言。山中教授の発言は深い意味がある。ノーベル生理学・医学賞だけではなくノーベル平和賞も受賞だな。