前回投稿した7月9日から我が家、そして我が息子の状況に変化がありましたので報告です。



妊娠中に大動脈弁狭窄症が発覚し、5月22日に生まれて6月14日にロス手術をやった我が息子。7月14日、急展開ではありますが息子は無事に退院しました。

退院1週間前の7月8日に病院に行った際、このまま順調なら来週末の退院も目指せますよ!と言われていました。しかし、あのような大手術の後だったので半信半疑ではありましたが、まさかの展開で無事に退院してきました。

退院前の説明によると、移植した大動脈弁は無事に機能しているとのことでした。しかし、移植した血管は体の成長と共には成長してくれないので、早ければ1歳くらいで再度移植手術をしなければならないようです。

さらに、左心房と左心室をつないでいる僧帽弁は逆流を起こしており、危険度は4段階中3~4くらいの状態のようです。大動脈弁のように緊急性が高いわけではないようですが、状態によってはまたこちらも手術が必要になるようです。

しかし出産前には、無事に生まれないかもと言われたり、生まれても手術室まで辿り着けないかも、それを乗り越えても様々な障害が待ち受けていると言われており、上手くいけばフォンタン手術で1心房1心室にして生きていけるかもとの話でしたが、人工血管が入ってるとはいえまさかの2心房2心室という普通の状態で退院できました。

上手くいっても退院までは半年くらいかかるんじゃないかなと思っていたため、退院の準備も大慌てでした。

そんな状況ではございますが、家に帰って来てからの我が息子はとても元気に過ごしています。たくさん泣くし、たくさんミルクも飲みます。2800gで生まれ、退院前は2300gまで減ってしまいましたが、本日7月30日現在では4200gを越えるまで大きくなってくれました。

息子は元気に育っており、普通にやりたいことをやらせてあげて大丈夫なようです。だだし、アスリートになるなど、激しい運動な無理みたいですけどね。
しかし、風邪などには気を付けないといけないようで、ひいてしまったら重症化してしまうようなのですが、そんな中、空気を読めない私は退院4日目に39度越えの風邪をひいてダウンしました。なんとか息子にはうつらなかったので安心しました。

息子が退院してから一番の変化は、先日2歳になったばかりの娘でした。娘は息子が可愛くて仕方ないようで、息子が泣けば「大丈夫?」と言い頭を撫でてあげています。朝起きて横にいないと心配そうにしています。そして息子が笑えば「笑った!」と嬉しそうにしています。

そして私は、娘と二人っきりの生活で何とかしなければというプレッシャーや、様々な不安が少し解消されたということが関係していたのか、なぜか突然一時的に無気力状態に陥りました。今はもう何ともありませんが、それまでの反動だったのでしょうか。以前、メンタルヘルスマネジメントの勉強をして資格も取得したのでその分野については少し詳しいのですが、確かに高いレベルのストレスはあったと思われます。

この数ヶ月で環境や心境の変化があまりにもありすぎですが、数ヶ月前にはこのような生活が来るとは思ってもいなかったので、何だか不思議なかんじです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

_20170728_202127