もう既に年賀状は書きましたか?

年賀状で「あけましておめでとう」という意味合いでよく使われている「Happy New Year」ですが、不定冠詞の「A」を付けて

「A Happy New Year」

と書いている方が多く見受けられます。



しかし、「A Happy New Year」という表現は文法的な間違いを犯しています。


文法的には、「Happy New Year」 は単体で間投詞(感動・応答・呼び掛けを表し、単独で文になり得る語)として扱われるので冠詞を必要としません。

挨拶の一種である 「Good morning」は文頭に冠詞は入りません。


同じように「Happy New Year」も「あけましておめでとうございます」といういわゆる挨拶の一種ですので、文頭に冠詞は不要です。

「A」をつけてしまうと、「楽しい新年」といった名詞的な意味になってしまいます。

それではなぜ、不定冠詞の「A」を付けて「A Happy New Year」を新年の挨拶と勘違いしてしまっているのでしょうか。

恐らく、クリスマスでよく使われる「メリークリスマス。そしてよいお年を」という表現である「Merry Christmas and a happy new year」から、and以下を抽出して「A Happy New Year」が単独で新年の挨拶として使えるのだと誤解しているのでしょう。

もし「A Happy New Year」と書いた年賀状を既に送ってしまった方は、来年は注意しましょう。


ちなみに、「新年あけましておめでとうございます」という表現も、新しい年を意味する「新年」と、年が明けて新しい年の到来を意味する「あけまして」で意味が重複しているため、文法的に誤りとされています。