My Life My Story 仕事に育児に趣味、家事、睡眠

人の記憶力には限界がある。しかしこうして書き残しておけば思い出すことも出来る。せっかく経験してきたことを記録に残しておきたい。そんなきっかけで始めたブログです。

闘病日記

息子の退院&パーティー

先週土曜日から入院していた息子。無事に今週土曜日に退院しました。入院期間はちょうど1週間。今回も喘息が悪化する前に入院させたため、そこまでひどくならずに済みました。

今回の入院で私が付き添い入院をしたのは初日だけ。何度も入院していて慣れたとは言え、やっぱり入院している期間は疲れる。

付き添い入院は息子と同じベッドで寝ています。子供なのでベッドから落ちないように柵がありその中で2人で寝ていますが、息子も大きくなってきたためかなり狭い。しかも寝相も悪い。多少環境が悪くてもぐっすり寝られれ2人ですが、さすがに今回は腰が痛くなりした。

退院したらお姉ちゃんと会えたのが嬉しかったようでケンカしながらも2人で仲良く遊んでいます。

そして退院後から食欲が止まらない息子。入院前は好き嫌いも多くなってきてあまり食べない時もよくあったのに、退院してからは今のところ何でも食べて、しかもすごい量を食べてます。入院中に何があったのだろうか。

来週は私の誕生日。そして先週金曜日は息子の心臓のロス手術をしてから2年の記念日のため一緒にパーティー。

これでまたしばらくは穏やかな日々が戻ってきそうです。
IMG_0256

令和初の息子の入院

先週の6月8日(土)から息子が入院しています。今回の入院はまぁ昨年からよくあったことと同様ですが、喘息によるものです。

喘息の発作が出ると酸素濃度が下がってしまい呼吸が苦しくて入院しています。あまり悪くなると元々悪い心臓にも影響が出てしまうため、ちょっとしたことでも早めに入院させています。

最近は早めに入院させているため、悪化せずになんとか間に合っています。今回もなんとかひどく悪化するまでには至っていないようです。


昨年はほぼ毎月入院していたということもあり、我々も入院した時の生活にはさすがに慣れました。

先週土曜日の病院の診察には私が連れて行き、そのまま入院。そのまま私が付き添い入院しました。付き添い入院にも慣れたものです。今回は同じ部屋で入院していた子がみんな生後半年くらいの子ばかりだったので、うちの息子が一番大きい。夜中はみんなよく泣いていたけど、私も息子も構わずにぐっすり睡眠。

子供がベッドから落下しないように柵があり、その中で息子と2人で寝るのですがさすがに息子も大きくなってきたので狭くて寝心地は悪くなってきました。

平日は妻が仕事から帰ってきてから息子が寝るまで病院に行っているので、私は定時で仕事を片付け娘と2人だけの夜。でもやっぱり娘はママがいないと寂しいみたい。

息子と2人で付き添い入院は慣れましたが、もし娘が入院してしまった時は私は付き添い入院できないだろうな。

早ければ今週土曜に退院予定です。ゆっくりと週末過ごせるようになるでしょうか。

うち会社に新しくできた「こども休暇」という制度

子供の体調不良だったり入院などで会社の有給休暇が発生した直後に毎年あっという間に無くなっていきます。上の子が小さい頃も大変でしたが、下の子は心疾患のこともあってちょっとしたことでも入院になってしまうし、手術などもあって私はかなり頻繁に会社の休みを頂きます。

毎年4月に新たな有給休暇が発生するのですが、昨年は9月で全て無くなり、その後の半年間は会社を休むと給料が下がるためかなり体調が悪くても無理矢理出勤していました。

インフルエンザにかかった時はさすがに出勤は控えましたが、うちの会社はインフルエンザでの休みは欠勤にはならなかったため、給与は無事に満額もらえました。

しかし今年度から「こども休暇」という新しい制度ができました。子供が3歳になるまでの間で10日間使用できるようです。制度が出来たのが今年のためうちは来年5月に3歳になる息子のみが対象。つまり来年5月までに10日間のこども休暇を使用することができるようになりました。

これはほんと助かります。制度に甘えて、子供の入院時や子供の体調不良時に既に4日分使わせてもらいました。

まぁ早くもこども休暇は無くなりそうですが。休みを取っても業務量は減らないので休みの前日はかなり遅くまで仕事をやっています。しかし仕事をコントロールするスキルやタスク管理力はかなり身に付いてきました。

息子の命を助けてくれた高橋先生

予定があって参加できませんでしたが、私にとって神のような方・榊原記念病院の高橋先生が講演会をやられたようです。


息子のロス手術をやってくれて命を助けてくれた方です。いまこうして穏やかに過ごせているのもこの方のおかげ。どんなに感謝しても足りないくらいです。

息子の2歳の誕生日会

早いもので息子はもうすぐ2歳になります。この2年間、とにかくいろんなことがありすぎた。

心疾患の可能性があると診断されたのが2年前の3月。そこから検査の繰り返しと病院探しの日々。あの頃は無事に生まれて来られるか分からないと言われ、生まれたとしても数分の命になるかもしれないとも言われ、治療しても改善されなかった時は治療を諦めることも考えておくように言われていたけど、当初予定していなかったロス手術も可能になり、偶然が何度も重なり合い奇跡的といった成長をしてくれて無事に2歳になれそうです。

そんな2年前の様子はこちら↓↓


週末は息子の誕生日パーティー。ママが息子のために作ってくれたご飯↓↓

IMG_9967

好き嫌いが激しくなってきた息子。ママがこんなすごいご飯を作ってくれたのに喜んだのはみんなで写撮影をしている時だけ。全く食べず。あり得ない。わがまま過ぎる。でも自分がお祝いをされているのは分かってきているようでした。

こちらは手作り誕生日ケーキ↓↓
IMG_0009

娘の誕生日も毎回手作りですが、すごい。子供たちは大喜びです。

プレゼントにも大はしゃぎ。翌日も朝から貰ったオモチャでずっと遊んでいました。息子だけにプレゼントだと娘が激怒するのは分かっていたので娘にもプレゼントを用意。

娘はプレゼントを貰うと「あー!これ欲しかったやつだー!」と言った後に、「ねーねー、これ何?」と順序が違っていたけど。プレゼントをあげた人を喜ばせるのも得意なようです。

そんなかんじで誕生日パーティーは楽しく過ごせました。しかし最近は息子のわがままっぷりが激しさを増し、気が強すぎるしどうして良いのか分からない状況です。この気の強さのおかげでこの病気を乗り切っているのかもしれません。なので心臓にものすごく大きな病気がありなんて忘れてしまいそうになります。

上の娘はこの大変な状況を理解しているようで、本当に良い子に育っています。この子じゃなかったら親の方が耐えられなくなっていたかもしれません。

無事に平穏な日々を過ごせることに感謝します。
メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 何でもない1日
  • 早くも日焼け
  • 息子の退院&パーティー
  • 子どもたち2人と一緒に3人でお出かけ
  • 荒川サイクリングロードでサイクリング
  • 荒川サイクリングロードでサイクリング
  • 息子の2歳の誕生日会
  • 息子の2歳の誕生日会
  • 母の日のプレゼント
<$HeadSectionCommon$><$BlogTitle ESCAPE$> - livedoor Blog(ブログ)<$OGP$>