My Life My Story 仕事に育児に趣味、家事、睡眠

人の記憶力には限界がある。しかしこうして書き残しておけば思い出すことも出来る。せっかく経験してきたことを記録に残しておきたい。そんなきっかけで始めたブログです。

育児

素直な娘、素直になれない父

娘が悪いことをしたら私は親として当然叱ります。娘はその時はとにかくたくさん泣き、時には逆ギレしたり大声を出して自分が置かれている状況に不満をぶち撒けます。しかし娘はその後ちゃんと「パパ、さっきはごめんね」と謝ります。そしてなぜ自分がそのようなことをしたのかを冷静に説明し、今後は気を付けると反省をします。

娘にそう言われると怒りすぎちゃったかなーとか、パパに対して怯えてしまわないかな、萎縮して殻にこもる子になってしまわないかなどいろいろと考えてしまいます。

そう思うと同時に、なんて素直な子なのかと思っています。私に足りないところです。妻とケンカしても謝れない、いい年して素直に謝れない父親です。娘に教わっています。子供に育てられています。いつもありがとうございます。

息子は怒っても全く反省の色が見えません。明らかに嘘泣きという泣き方をし、怒られたことを何度も繰り返します。でもそのあとに突然満面の笑みでニコニコ笑って抱きついて甘えてきます。さすが下の子。自分がどうすれば可愛く見られるか、どうすれば周りは喜ぶか、よく分かっています。きっとズルい生き方をするようになるんだろうな。この子をどう育てたら良いのか分からない。とにかく人に迷惑をかける子にはならないで欲しい。




息子の2歳の誕生日会

早いもので息子はもうすぐ2歳になります。この2年間、とにかくいろんなことがありすぎた。

心疾患の可能性があると診断されたのが2年前の3月。そこから検査の繰り返しと病院探しの日々。あの頃は無事に生まれて来られるか分からないと言われ、生まれたとしても数分の命になるかもしれないとも言われ、治療しても改善されなかった時は治療を諦めることも考えておくように言われていたけど、当初予定していなかったロス手術も可能になり、偶然が何度も重なり合い奇跡的といった成長をしてくれて無事に2歳になれそうです。

そんな2年前の様子はこちら↓↓


週末は息子の誕生日パーティー。ママが息子のために作ってくれたご飯↓↓

IMG_9967

好き嫌いが激しくなってきた息子。ママがこんなすごいご飯を作ってくれたのに喜んだのはみんなで写撮影をしている時だけ。全く食べず。あり得ない。わがまま過ぎる。でも自分がお祝いをされているのは分かってきているようでした。

こちらは手作り誕生日ケーキ↓↓
IMG_0009

娘の誕生日も毎回手作りですが、すごい。子供たちは大喜びです。

プレゼントにも大はしゃぎ。翌日も朝から貰ったオモチャでずっと遊んでいました。息子だけにプレゼントだと娘が激怒するのは分かっていたので娘にもプレゼントを用意。

娘はプレゼントを貰うと「あー!これ欲しかったやつだー!」と言った後に、「ねーねー、これ何?」と順序が違っていたけど。プレゼントをあげた人を喜ばせるのも得意なようです。

そんなかんじで誕生日パーティーは楽しく過ごせました。しかし最近は息子のわがままっぷりが激しさを増し、気が強すぎるしどうして良いのか分からない状況です。この気の強さのおかげでこの病気を乗り切っているのかもしれません。なので心臓にものすごく大きな病気がありなんて忘れてしまいそうになります。

上の娘はこの大変な状況を理解しているようで、本当に良い子に育っています。この子じゃなかったら親の方が耐えられなくなっていたかもしれません。

無事に平穏な日々を過ごせることに感謝します。

母の日のプレゼント

我が家は5月に妻と息子が誕生日のため母の日を忘れてしまいそうになります。母の日は花をプレゼントしようと娘と花屋へ行き、娘が花を選んでくれました。黄色い花がいいと思うよ!と楽しそうに選んでいたのでやっぱり女の子ですね。

ケーキも買いに行きましたか、これは自分が食べたい気持ちが強かったため、ママが帰ってくる前から食べたい食べたいと騒いでいました。

花をプレゼントするためにママが帰ってくるまでの間、花束を持って「ママ!いつもありがとう」というプレゼントの練習をしました。

ママの似顔絵や手紙も書いていました。さすが女の子。こういうのが好きなようです。

IMG_9913

勉強が好きな娘に買った幼児ワーク

机に向かって絵を書くことが好きな娘。絵だけでなく粘土や折り紙も夢中になってよくやっています。

昨年末に親子で参加したセミナーの時、子供には会場奥に保育サービスも付いていたのですが、飽きて騒いでいる子もたくさんいるなか、うちの娘は工作に夢中になって楽しそうに大人しく遊んでいました。とても助かります。机に向かう集中力はあるようです。

現在3歳10ヵ月の娘。文字を読むというより少しずつ判別をすることができるようになってきており、保育園では自分で自分の名札を取ってくることはもう完璧に出来ます。でもまだどの文字を何と読むのかはまだよく分かっていないようです。
最近では紙に手紙を書いたりするのが好きなのですがまだ文字は書けないためミミズのようなものをたくさん書いていますが、書けるようになったらもっと楽しくなるだろうと思って学研から出ている「幼児ワーク」というものを買ってみました。


やはり机に向かうことが好きなようで、この幼児ワークを楽しそうにずっとやっていました。同じ文字のシールを貼るというのはよく出来ており、文字を指でなぞるのも楽しそうでしたよ。子供はやっぱりシールを貼るのが好きなので、よく出来ましたのシールを貼るのも楽しみのようです。

まだ絵と文字を一致させるというのは難しいようで、「寿司」の絵の隣に書いてある「すし」という文字をなんて書いてあるの?と聞いたら「おすしだよ!」と言っていました。

2歳児用と書いてありますが、3歳の娘にもまだちょっと難しいようです。でも楽しんでもらえればとりあえず良いのかと思っています。これは〇〇だよと教えると「そうなんだー」と興味津々なので、もっとこういう機会をあげたほうが良さそうです。

娘にだけ買うと息子が奪い取ると思ったので息子にはシールブックを買いました。

息子は今月2歳です。まだちょっと早いのか、上手く貼れるものもあればテーブルに貼ってしまったりまるめてしまったりというかんじです。息子は机に向かうことはあまり得意ではなさそうなので、集中力を養うのは今が肝心かもしれません。

とにかく楽しい!と思わせることが大切だと思うので、間違っていてもとにかく楽しんでもらいます。


息子、初めての上野動物園

ちょっと早めの2歳の誕生日プレゼントでアニアを貰った息子。最近は子供たち2人ともアニアのDVDが好きでよく観ています。

土曜日の今日はまたまた朝5時に2人とも目覚め、7時には既に退屈感を出してアニアを観ていたので急遽上野動物園に行きました。

障害者手帳を持っている息子。付き添い1人も無料となり、大人1人分の料金で入園。

開園直後に行きましたが、入園と同時にみなさんパンダへ一直線。うちらはパンダを素通りしてまずはゾウへ。息子大興奮。ちなみに、息子は初の動物園。パオーンいたー!と叫びまくり、ゾウコーナーから動こうとしない。早くも1つ目で満足感を出している息子。虫は嫌いでも動物は好きなようでした。

なんとか説得してライオンへ。見物人が誰もいない。それなのに目の前ででかい骨付きの肉をムシャムシャ食べている。こんなに間近で見られることなんて貴重なのに、見物人も誰もいないからゆっくり見られる。この時点で既に満足。

続いてトラ。これまた見物人が誰もいない。そして目の前をウロウロ歩いている。こんなにゆっくり見られるのもまたまた貴重。

そしてゴリラ。子供のゴリラが親の背中に乗って目の前に来た。その横で別のゴリラはご飯中。もちろんまたまた見物人ほぼ無し。

その後はまぁまぁ人もたくさん増えてきたけどゆっくり見ることも出来、息子は大興奮で満足そう。帰りはもちろん夢の中。娘は怖い怖いと猛獣エリアはほぼ遠くから眺めているだけでしたが、息子はこんなに楽しんでるならまた何度でも連れて行きたくなる。

外出許可が出てからたくさん出かけるようになってきて息子も楽しみが増えてきたでしょうか。これからもっとたくさんいろんなところへ連れて行きます。

IMG_9785IMG_9781
IMG_9787
IMG_9766
IMG_9813
IMG_9875


ギャラリー
  • 息子の2歳の誕生日会
  • 息子の2歳の誕生日会
  • 母の日のプレゼント
  • 荒川サイクリングロードでサイクリング
  • 息子、初めての上野動物園
  • 息子、初めての上野動物園
  • 息子、初めての上野動物園
  • 息子、初めての上野動物園
  • 息子、初めての上野動物園
  • ライブドアブログ
<$HeadSectionCommon$><$BlogTitle ESCAPE$> - livedoor Blog(ブログ)<$OGP$>