大動脈弁狭窄症を抱えて生まれてきた息子
前にも娘が生まれる前の話や神様の声が聞こえる娘について書きましたが、最近また不思議な発言をしました。

しかも今回は息子も不思議なことを言っていたのでそんな奇妙な体験を書きます。

娘が発した生まれる前の記憶!なぜ生まれたのか

生まれる前のこと。

同じ顔したママがたくさんいて弟と一緒にどれにするか相談していたよう。

娘「これにする?」
息子「んー。違う」

娘「これにする?」
息子「これだ!」

と決めたとのこと。

「他のママはギューしてくれなかったけど選んだ最後のママがギューしてくれた優しいママだったから後ろからポコって入った。」

そして「お腹の中でコチョコチョ動いてたんだよ」とのこと。

娘は自分で選んでここに生まれてきたようです。

大切にしなければ。


「空にいた」とか「滑り台から滑ってきた」とも前に言ってたこともあります。

同じようなことを言ってる子もいるようなので、本当にあるかもしれませんね。

息子が発した生まれる前の記憶!生死の境目からの復活

「生まれる前はどこにいたの?」

と聞いたら

「あっち!」

と適当な方向を指差すだけだった息子。

そのまま話を続けていたら息子から初めていろんな話が聞けました。


「あっちで何してたの?」と聞くと

「んー。先生!」

と言い出した息子。

先生が「待てー!って怖かったの」とのこと。

それでどうしたのか聞いてみたら
「やだよー!パパがいいー!って言ったの」
とのこと。

一見何言ってるのかよく分からないように見えますが、私の父親が前に言ってた話を思い出すと話が通ってしまいます。


10年前に危篤状態から2度復活した私の父親。

夜中に真っ白な服を着た自分の父親がやって来て「こっちに来いよー!」と激しい力で引っ張られたらしい。

一晩中逃げ続け、逃げ切ったところで目が覚めみたい。

危篤状態になった2度同じ夢を見たようです。

この話と息子の話がリンクします。

息子の言う「先生」とは恐らく白衣を着た人を表しているのでしょう。その先生から逃げたということ。


全く同じことを言ってます。

偶然かもしれませんが、あるかもしれません。

確かに息子は生死を彷徨いました。

それがどのタイミングなのか。生まれる前なのか。生まれた後なのか。ロス手術中なのか。

でもそこから逃げ切ったからいまこうして生きているのかもしれません。


逃げられなかったら生きてなかったのかな。


さらに胸に手を当てて「痛い痛いだったの」とも言っていた。

まだ2歳の息子。

自分の心臓病については分かっていないはずなのに。

前にも不思議なことを言ってた子供を書いた記事はこちら↓↓