「すぐたま」というポイントサイトをご存知でしょうか。私は最近知りましたが、「すぐたま」とは会員数300万人以上いるポイントサイトであり、貯めたポイントで現金や電子マネーに交換できるサイトです。登録や年会費は無料。

最初は怪しいサイトかなと思っていましたが、怪しいどころかすごく面白い仕組みで作ったビジネスモデルでできたサイトだと分かりました。

▼▼すぐたまのサイトはこちら▼▼
  無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま

 

「すぐたま」サイトの仕組み

簡単に言うと、この「すぐたま」というポイントサイトを通して買い物をするとマイルというポイントが貯まります。このポイントが現金や電子マネーに交換できるため、実質的に格安で消費を購入できるという仕組みです。

しかも、例えば「すぐたま」で買い物をした場合、楽天スーパーポイントと「すぐたま」のマイルの二重取りもできてしまうのです。

本当かよ!?

最初は「いやいや、そんな上手い話はあるわけないだろ」と思っていましたが、このビジネスモデルを考えた時、企業としては広告費を抑えられるというメリットがあって成り立つビジネスだと分かりました。

ポイントサイトのビジネスモデル

このポイントサイトが広告サイトだと思って頂けると分かりやすいと思います。

我々がいつも購入している商品の価格の多くは広告費によって価格が高くなっているのです。しかしこの「すぐたま」のサイトに企業が商品を掲載することにより、広告費を抑えてサイト会員へアプローチできることになります。

そこで抑えた広告費をポイントとして還元できるわけです。

知って得するのではなく、知らないと損をするわけです。

これからの時代の広告

確かに今でもテレビCMの効果はすごいものがあります。しかし制作費も数億円とあまりにも高すぎる。さらに審査も厳しく簡単にテレビCMなんて打てるものではありません。しかも数億円を投資したものに見合う利益が確保できる商品なんてごく一部です。

テレビCMは不特定多数へ宣伝することができますが、今の時代はネット社会であるため、ターゲットを絞った戦略を打つことができます。性別、年齢層、地域、趣味嗜好などのターゲットを絞れば広告費を抑えて最大限の効果が期待できます。

ネットの情報なんてまさにそうで、例えば商品レビューのページなんて偶然見つけるということもありますが、その情報を欲しがっている人が見に行っています。

そうした情報を活用する広告もこれからは市場をより大きくしていくだろうし、こういった「すぐたま」のようなポイントサイトでポイントを原資として広告を打つことも多くなってくるのではないだろうか。

「すぐたま」を利用した私の経験

私はこの「すぐたま」を通じてネスレのコーヒーの購入とソラチカカードを作りました。特にネスレはポイント還元が多くて異常に思えますが、その宣伝効果も大きく、新規顧客の獲得もしっかりできているようです。

ネスレのコーヒーは毎朝のちょっとした贅沢気分を味わえます。

それだけで私に約40,000マイル(2万円相当)が付与されました。このマイルを2万円分のアマゾンギフト券に交換してiPadの購入資金にしました。

まとめ

最近はPayPayやLINEPayをはじめとした還元もたくさんありますが、「すぐたま」のようなポイントサイトでちょっとした工夫をすればお小遣いを増やすことができて便利です。

これからの時代、情弱は損をします。知って得するのではなく、知らないと損をします。 

▼▼すぐたまのサイトはこちら▼▼

無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま