「それいけ!アンパンマン」でアンパンマンがバイキンマンにアンパンチをすることが暴力的だと意見している人がいるようだ。

争い事を暴力で解決させようとしていることが問題視されている。

私にはその主張が理解できない。

情報は制限するのではなく利用する

今の世の中、情報は簡単にたくさん取れる時代だ。アンパンマンだけでなく、そういったシーンは必ず目に入って来る。そんな情報を全てシャットダウンして子育てをするなんて不可能だ。そしてそんな都合の良い情報だけを取り入れて育った子供の方が将来が心配だ。

学校で習う勉強だってその後の人生で必要のないことの方が多いだろう。私は社会人になってから積分は一度もやったことはない。しかし、学校で習ったことをどう活かすかは自分次第だ。情報を制限するのではなく、あらゆる情報をどう利用するかが重要だ。

単なる親の責任転換だ

うちの2歳の息子はアンパンマンが好きで、最近は特に「アンパーンチ!」と叩いてきます。私はそれをどう教育するかが親の役割であると思うし、アンパンマンという作品のせいにするのは単なる親の育児放棄であり、責任転換にすぎないと思う。

アンパンチが暴力的だと言っている親はどんな情報を見て育ったのだろうか。その親の主張が正しいなら、その親がアンパンマンを見ないで育ったことを願います。アンパンマンを見て育ったのなら暴力的な親なのでしょうね。だからアンパンチを否定する!ということなら理に適っているのではないだろうか。

子供と向き合う育児をする

子供を産むということは親には子供を育てるという責任がある。様々な情報がある中で、どう教育していくかが重要だ。私もまだ子育て中だし、子育てに正解なんてないだろうけど、人に迷惑をかけない子に育ってもらいたい。私はアンパンマンを見て育ちましたが、人に暴力を振るうことなんてありません。

アンパンマンを否定する前に自分の育児を見つめ直してほしい。育児を「子供対アンパンマン」にするのではなく、「親対子供」といったようにしっかりと子供と向き合った育児をしてもらいたい。