最近、睡眠の質にこだわっています。
子供の睡眠についても前に書きましたが、大人にとっても睡眠は大切なこと。1日24時間のうち、睡眠は約6時間と25%を占める大切なものです。

しかし忙しい日々を過ごしていると、好きなだけ寝るということは難しい。限られた時間の中で良質の睡眠を取れば、しっかりと疲れは取れます。

近頃は寝ても寝てもなかなか疲れが取れなかったり、いびきがうるさいと妻に言われたので睡眠アプリで録音したところ熊が寝ているような音が録音されていました。自分では全く気づかなかった。

そこで、睡眠環境を改善してみました。

枕を替えたら寝起きが良くなった

まずは枕。

硬さ、高さ、大きさ、形など、拘りだしたらキリがないものです。値段も数万円するものだってあります。人の体はそれぞれなので、これが良い!とは言えませんが、私にはこちらが合いました。

  中央は高さが浅いため、頭の位置が固定され、包まれているように寝られます。しかも横向きにも寝やすいし、硬さもそこそこあり、低反発のフワフワ。快適な睡眠になりました。

清潔な布団を保つために、ふとんクリーナー・レイコップ

◆日本の生活習慣、ふとん環境におススメ!
・ダニ、ハウスダストが気になる方
・妊婦や小さいお子様がいて寝具に不安な方
・布団干しが重労働と感じる方
・質の高い睡眠にこだわりを持つ方

布団には驚くほどのゴミが付着しています。これを使うとその量に驚くと思います。そして、目に見えるゴミだけでなく、ダニも取り除きます。

直接的にはあまり感じられないかもしれませんが、体調が良くなりました。

睡眠環境を整えることは大切なことです。日中忙しくても元気に過ごすためにも、しっかりとした睡眠環境を整えましょう。