My Life My Story 子育て、育児を中心としたブログです

息子は大動脈弁狭窄症という先天性の心疾患。生後1ヶ月でロス手術を経験。今は2歳になり元気に過ごしています。そんな闘病日記をはじめとしたことを書いています。

便利

住みやすい街ランキング、1位は赤羽!実際に住んで感じる良いところ!

住みやすい街ランキングでここ最近常に1位をキープしている街、赤羽。
住みたい街ランキングでは30位以内にすら入っていないのに、住みやす街ランキングの1位はさすがです。

ちなみに、住みたい街ランキング1位は横浜、2位は恵比寿、3位は吉祥寺。

住みやすい街ランキング1位は赤羽、2位は南阿佐ヶ谷、3位は日暮里。

横浜・恵比寿・吉祥寺などは住みたいという憧れはあるけど、実際には家賃相場や利便性を考えると現実的ではないということでしょうか。住んでみても意外と心地良くなかったということでしょうか。確かに赤羽には大きな魅力ってあまり無いけど、小さなな魅力がちょっとずつ存在し、不便を感じる事も無くとても良い環境です。

⭐️敷金礼金0なら 賃貸情報アパマンショップ
全国どこでも「住みたい!」が必ず見つかります​
⭐️

赤羽の良いところ  赤羽の住みやすさ

実際に赤羽に住んでいる私から見た赤羽の良さはこんな感じ。↓

●子育て環境が整っている

子供が遊べる場所は公園以外何も無いけど(大きい公園はたくさんあります)、保育園の待機児童数は少なく23区の中では常に20位あたりにいます。我が家は第1希望の保育園に入れました。また、私も参加しましたが育児をする父親支援のイクメン講座やイクじい・イクばあ講座、子育て中の親を対象とした互いの体験や不安を話し合う「ノーバディズ・パーフェクト・プログラム」、育児に関する講演会なども頻繁に行っています。道路も広めなので、ベビーカーでの移動も苦になりません。子育てにっこりパスポートをはじめとした割引や特典もあります。

●医療、福祉制度が充実

上記と重なりますが、高校3年生まで医療費は無料。ファミリー層が転居する際、30万円まで助成する制度もあります。

●安い飲み屋が多いのに治安が良い

飲屋街の真ん中に小学校があるけど大きな問題を聞いたことがない。紳士的な飲み人が多い街です。

●電車が便利

埼京線、京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ライン、ちょっと離れて南北線が走っているため、どこに行くのも便利です。池袋には10分で行けるし、新宿、上野、横浜にも乗り換えなし。埼玉方面、群馬方面、栃木方面へのアクセス抜群です。さらに、土日の日中の南北線は空いているのでほぼ確実に座れます。

●家賃が安い

私は今は一軒家に住んでいますが、前に住んでいた賃貸は、最寄り駅の東京メトロ南北線の志茂駅(赤羽駅から徒歩20分くらい)から徒歩1分、2LDK、日当たり抜群で家賃10万円という安さ。ちなみに、赤羽の家賃相場は1Kで7万円代のようです。

●荒川河川敷か近い

何てことないのですが、荒川河川敷にはバーベキュー場もあるし、週末にはサイクリングやジョギングを楽しんでいる方がたくさんいます。春には綺麗な桜も見られます。

●飲み屋以外にも美味しい店が結構ある

意外と美味しいラーメン屋もあります。個人的には「夏海」が好きです。それ以外にも、「ほうきぼし」や「金字塔」もオススメです(ミライゑがなくなったのは残念)。ラーメン以外にも「赤羽あんこ」なども是非!隠れた美味しいケーキ屋もいくつかあります。

●買い物が便利

ヨーカ堂、西友、ダイエーなどの大型スーパーをはじめ、ユニクロや無印、ビバホーム、エキュート、ちょっと歩けばニトリもあります。私としては角上魚類があるのが嬉しいですね。西松屋もあるので子育て世代には助かります。若者向けファッションはあまりないけど、池袋まで電車で10分なので問題なし。

●イベント開催日がちょうどいい

赤羽馬鹿祭りは4月、花火大会は10月に毎年開催されます。暑い時期の祭や花火大会が苦手な私にはこれらのイベントがこの時期に行われるため楽しめます。

●徒歩が一番便利

逆に車は不便です。徒歩圏内に必要なものはほとんどあります。最悪自転車があれば十分。車は不便に感じます。

●街全体が良く分からない

なぜか2019年になって駅の発車音をエレファントカシマシにするなど、突然エレファントカシマシを推しています。このタイミングで?と思う人もたくさんいたでしょう。他にも、赤羽八幡神社の御朱印が8を横にした「∞」であることからなぜか関ジャニファンの聖地になっているようです。あと、なぜか美容院がとにかくたくさんあります。表参道もびっくりするくらい至る所にあります。

赤羽という街は加点ポイントは少ないかもしれないけど、減点ポイントが無いように感じます。東洋大学のキャンパスが出来たのでこれからまた少しずつ変わってくるかもしれませんね。

東京都北区赤羽というマンガ

▼▼赤羽をもっと知りたい方はこちらがオススメです▼▼

ちなみに、赤羽の書店ではどこの書店でも必ず一番目立つ場所に置いてあります。「ONE PEACE」よりも赤羽では売れているマンガです。赤羽に引っ越す予定の人は事前にマンガを読んで勉強しておいてください。

このマンガから、山田孝之さん主演のドラマもありました。
▼▼こちらはDVDです▼▼

このドラマで歌っている「TOKYONORTH SIDE」はイエモンの吉井さん作曲です。赤羽のご当地ソング?です。

  

まとめ

オシャレなカフェは無い、若者向けファッションもあまり無い、映画館も無い、観光スポットなんて全く無い。景色も普通。でも不便を感じることは特に無い。そんな魅力的なマイホームタウン・赤羽です。



⭐️敷金礼金0なら 賃貸情報アパマンショップ
全国どこでも「住みたい!」が必ず見つかります
⭐️

人の体を作る最も大切な要素は食事です。良質な食事を取りましょう。

3連休は風邪ぎみで体調が悪かった子供達。息子は6月後半からずっと体調が悪い日が続いていますが、なんとか入院にはならずに過ごせています。

娘はよく食べるので体力があるのでしょう。息子は好き嫌いが出てしまっていて、かなりムラがあります。食事も体力を使うので心疾患も影響して心臓が苦しくなり、食べにくいという話も聞いたことがあるのでその可能性もありますが、たくさん食べて体力を付けてもらいたいものです。

我が家の料理は全て妻がやっています。私は苦手で全くやりません。私が料理をやるのは息子の入院中などで妻が付き添っている時くらい。そんな私の料理も美味しそうに食べてくれる娘の姿を見ると泣きそうになります。

妻の料理の腕はすごいのでいつも美味しいものを食べさせてもらっています。

人の体を作るメイン要素は食事です。そんな大切な食事にはちゃんとした素材を使ったものを食べないといけません。安いのは良いことですが、そこで粗悪なものを食べて体を構成する要素が補えないということになると、まぁ私はいいとしても子供たちに影響が出てしまう。

▼▼そこでこんなサービスがありました▼▼

 


機・低農薬野菜&無添加食品の定期宅配サービスです。 

子育て中はなかなか買い物に行くのも難しい時が多かったりしますが、定期的に良質の野菜を届けてくれるし、自分で買い物をするといつも決まった野菜しか買わないこともあるので、これならバリエーションが限られてしまうなんてこともない。便利なサービスです。

ちなみに、妻の料理はバランスも考えられているし、毎日品数多くたくさん出してくれるし、味も好みで上手いので不満があるわけではありません!!!


育児ママにオススメの今治産バスローブ。子供のための時間を増やせる便利アイテム。

私の休日はよく子供とお風呂に入っています。

今は2人とも4歳と2歳なので大きくなってきましたが、もう少し小さい頃の風呂は本当に大変。
今でも2歳の方は若干まだ大変ですが、風呂上がりにゆっくり自分の体を拭いて・・・なんて時間は全く無し。そもそも自分の体なんて拭く暇など無く、まずは子供をタオルで拭き、特に冬などは早く服を着せてあげる。子供に服を着せ終わった頃にはもう動き回る子供を追いかける。そんなかんじで自分の着替え時間など取れない。

▼▼そんな時に便利なものがこちら▼▼


   

このバスローブを風呂上がりにサッと着れば自分の体を拭く時間も短縮。

少しでも子供のために時間を作ることが出来、自分のことも守ることができる便利なアイテム。

しかも今治タオルなので心地良い肌触り。オススメアイテムの一つです。

前にもどこかで書いたような気がしますが、子育ての大変なところは自分のペースでできないところ。子供は大人の事情を理解してくれません。なので少しでも便利に快適に過ごせる便利グッズがあれば忙しい育児も若干軽減されます。

私も妻の入院中に育児ワンオペを何度も経験していますが、パパが役立つアイテムってあまり無いんですよね。育児をするパパも増えているのでそんな商品を期待します。

雨の3連休。外で遊べないので、昔懐かしい工作をやって過ごしました。

せっかくの3連休にも関わらず雨で出かけられない日々。しかも子供たち2人ともまたまた風邪ぎみのため、家の中で過ごしています。

退屈そうだしテレビばかり観ていてもよくないと思い、百均に行って買い出しをして工作をやりました。

買ってきたものは
●紙コップ
●輪ゴム
●シール
●タコ糸
だけ。

工作をやろうと準備を始めただけで、「何やるのー!」と娘のテンションは上がっていました。保育園でこういう工作をたくさんやっているようです。

こんなタコを作っただけでも大喜びな娘。

IMG_0549


他にも糸電話を作りました。こちらも大喜び。まだ遊び方はよく分かっていないようでしたが、なんだか楽しかったみたい。

IMG_0551


シールはコップに貼ったりして楽しめるかなと思っていましたが、やはり子供はシールを貼るという行為が好きなようで自分の好きなように貼っていました。

紙コップと輪ゴムでロケットも作りました。これには昼寝から起きてきた息子も楽しんでくれてテンション上がっていました。

IMG_0552


いいこと思いついたー!とか、こうやったら楽しいよ!と積極的な姿勢を見せていましたが、やっぱりテレビばかり観ていないでこうした体験を増やしてあげることは必要ですね。私も懐かしくて楽しめました。もっといろいろ勉強してみます。


私が手帳を使わない理由。やっぱりパソコンより紙のノートで管理するのが一番便利

私はここ数年仕事で手帳を使っていません。手帳は重いし、何かと使い勝手が良くないなーと前々から感じていました。

使い勝手が悪い理由

使い勝手が悪いと思っていた一番の理由は、自由に書けるメモ部分が少ないこと。社内外での打ち合わせの際のメモやタスク管理をするのにメモ部分を使っていると、数ヶ月で使い切りってしまいます。そのため、手帳とは別にノートを持ち歩きます。すると荷物が増えます。
どうしたら良いのか様々なやり方を試してみましたが、今のやり方が私には一番しっくりきています。

会社のセキュリティー


ちなみに、全てスマホやPCで管理ということも検討しましたが、うちの会社はセキュリティが厳しく、会社のパソコンにはgoogleなどの個人アカウントでログインできなということや、個人のパソコンは仕事で利用できないという制約があります。会社のパソコンはノートではないため、会議や商談の内容をその場でパソコンに入力などはできません。まぁリスクを考えれば仕方ないこと。

どのようにやったのか

まず、スケジュール管理は全てスマホに集約。プライベートも仕事もgoogleカレンダーの同じアカウントで管理しています。会社のパソコンには個人アカウントではログインできませんが、個人スマホで管理しています。さすがにそのくらいの個人スマホの利用は大丈夫です。

そしてその他は全て紙のノートで管理。それもB5サイズだと若干小さいため、A4のこちらのノートを使っています。
ノートの左ページにはその日のToDoリストを書き、右ページには打ち合わせ内容や何か思いついたことを書く。B5だとToDoリストが左ページだけでは足らなくなるので、A4である意味の一番の理由はそれです。また、方眼罫というのが文字のまとまりがよく書きやすく見やすい。こちらのノートは80ページあるため、容量的にも丁度いい。


パソコンで管理すると・・・

パソコン内のexcel などでToDoリストの管理をすることも試してみましたが、ノートに書いて常にデスク上の見えるところに置き、完了したら二重線という方が現状のタスク状況がすぐに確認できるから便利です。都度スマホを立ち上げたりパソコンのファイルを開いて確認するのは手間だし、やはりいつでも見られるのが私にはしっくり来ました。

さらに、やらなければならない事を翌日に伸ばしてしまった場合、手書きだとまた同じこと翌日に書くことになります。さらにまたその日もやらなかった場合、またもう一度書くことになります。こパソコンだと簡単にコピペできてしまいますが、手書きだと何度も書くことでストレスを感じます。そのため、必ずその日にやろうと意識するようになります。

ノートにした結果

持ち運びもノート1冊でけで済むので身軽になりました。いろいろと試しましたが、私にはこれが一番合っていました。でも人それぞれ自分に合うやり方があると思うので、いろんな人のやり方を参考にして自分に合うものを取り入れていけばいいのでしょうね。

メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 夏はやっぱりプール。夏らしい遊びを満喫しています。
  • 夏はやっぱりアイスが美味しい!サーティワンのピカチュウのアイスでご満悦。
  • 住みやすい街ランキング、1位は赤羽!実際に住んで感じる良いところ!
  • 4歳の娘にキティちゃんの腕時計を購入。新しいアイテムでウキウキです。
  • 家で作った手作りハンバーガー。夏休みっぽく楽しめます!
  • 娘の4歳の誕生日パーティー。幸せそうな娘を見ているこちらも幸せです。
  • 私の好きなランチ。チェーン店ですが安定の美味しさです。おすすめです。
  • 私の好きなランチ。チェーン店ですが安定の美味しさです。おすすめです。
  • 保育園の縁日ごっこ。浴衣姿が可愛すぎる娘。
<$HeadSectionCommon$><$BlogTitle ESCAPE$> - livedoor Blog(ブログ)<$OGP$>