【英会話が上達するために最も重要なこと】子供の成長過程にヒントがある

育児
スポンサーリンク

息子は2歳になって急に喋れる単語が増えてきました。

娘も2歳になったくらいの時期を境に急に喋れるようになっていました。 娘の当時のことをこうしてちゃんと記録しておけばよかったと今になって思います。

まだ今は脳内では覚えていますが、やはり時間が経つと忘れてしまいます。

読み返してみるとその時の様子やどんな感情だったのかも蘇ってきます。

一度しかない子供の成長記録は大切にしていきたいものです。

スポンサーリンク

こどものコミュニケーション力

さて、話を戻しますが子供のコミュニケーション力は不思議なもので、まだ単語数は少なく連続した単語は2語くらいしか繋げられないのですが、言いたいことはある程度理解できます。

最近は「頭はどこ?」と聞くと、「あたまここ!」と言って頭を触る息子。

同様に肩や口、鼻、耳、おへそ、手、足などもやります。

体のパーツはもう理解しているようです。

こうして相手に伝わっているということが分かることによって、コミュニケーション力が育っていくのではないでしょうか。

英語学習も我々がこどばを覚えたことと同じ!

これを語学学習に置き替えても同じことが言えると思います。

語学学習というのはおもしろいもので、なぜ中学からあんなに勉強したにも関わらず喋れるようにならないのでしょうか。

私は子供の頃に水泳とピアノを習っていましたが、数年習っただけでブランクがある今でもできます。語学意外は数年習えばそこそこ上達するものです。

しかし語学は数年習っても全く上達しません。

なぜ英語が喋れるようにならないのか

その理由は、子供の成長過程を見てると分かってきました。 

それは英語でちゃんと伝えようと意識しすぎていることです。

先程述べた子供のコミュニケーションがまさにそうですが、上手く伝えようとなんてせずに、とにかく必死に伝えようと簡単な知っている単語だけで伝えれば良いのです。

間違っていたって相手は理解しようと努力してくれます。

知っている単語が少なくても、文章になっていなくても相手に自分の思いを伝えることはできます。

まず第一段階はそれでいいのです。

しかしそれだけでは2歳児のコミュニケーションと変わらないため、その次のステップとして我々がこうして日本語を使って大人の会話ができるように、語彙力を増やしたり文法を学ぶ必要があります。

受験生だけでなく大人にもやっぱりは役立つ「DUO3.0」

語彙力を増やすために私はこれを使いました。

受験勉強でも使いましたが、大人になってからの英語学習の時の方が役に立っている気がします。

これで小学校低学年レベルの日本語力と同等レベルの英語力が身につきます。 小学校低学年の子と話していてもちゃんと言いたいことを理解できます。

あとはたくさん場慣れすること。たくさん喋ること。

我々が日本語を覚えたのは、たくさんいろんなタイプの人と喋ってきたからです。いろんな人と毎日喋る機会ができればいいの自然と英語が喋れるようになります。

オンライン英会話で毎日英語に触れる 今はオンラインでいつでもどこでも好きな時に学べる時代です。 

毎日好きな時間に学習できるこういったサービスがとても効果が期待できて魅力的です。  

オンライン英会話で英語に触れる機会を増やす

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」



 

レアジョブは早朝6時から深夜1時まで受けられます。

とにかく毎日英語に触れ、いろんな人と喋って場慣れするこたとが上達するには必要なことです。

時間も場所も選ばず好きな時に好きな場所で、しかも低価格で受けられるという手軽さが英会話の勉強のハードルを低くしてくれます。

育児
スポンサーリンク
\この記事が気に入ったらシェアして!/
記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。
Foglots(フォグロッツ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました