スポンサーリンク

ウズキャリ既卒の評判や口コミは?20代・第二新卒の転職に本当に強いのか人事のプロが徹底解説

仕事・転職

私は人事としてのキャリアと転職エージェントとしてのキャリアを持っております。

そして、私自身も転職を経験しております。

採用する立場として、採用を支援する立場として、そして採用される立場としてウズキャリについて解説していきます。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
SHIN

1982年埼玉県生まれの38歳。現在は東京都に住んでおり5歳の娘と3歳の息子の二児の父親。

仕事の軸を「キャリアと教育」としており、採用のスペシャリスト。これまでに自社の社員採用や教育、そして転職エージェントとしての採用支援のキャリアを持っており、1000人以上の就職・転職支援を行う。

現在は社員採用に加え、営業推進やマーケティング業務などをやってます。
人事採用関連の経験や元転職エージェントとしての経験で培った転職情報、そして父親として学んだ子育て育児情報を中心に発信していきます。

記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。

ウズキャリとはどんな会社なのか

ウズキャリとは、第二新卒・20代に特化した転職エージェントです。

人材紹介ビジネスはどちらかというとミドル・ハイクラス層をターゲットとしている会社が多い中で、若手を対象としているのはとても珍しい会社です。

ちなみになぜミドル・ハイクラス層をターゲットとするエージェントが多いのかというと、高い手数料をクライアントから頂けるからというのが大きな理由です。

人材紹介の場合、想定年収の35%がエージェントに入ってきます。

年収400万円なら140万円。

年収800万円なら280万円が入ってきます。

どうせなら高い報酬を獲得したいし、ミドル・ハイクラスの人材の方が転職に対する目的意識も明確なのでサポートの手間も少なくなります。

しかしこのウズキャリはそんな他のエージェントは真逆のことを行っています。

ではなぜそのような世界で勝負が出来るのか。

それは競合の少なさとウズキャリにしか出来ないサービスにあります。

ウズキャリの特徴は?

1番の特徴はなんといっても手厚いフォロー体制です。平均で20時間の個別サポートを対応してもらえます。

若手の場合、キャリアについて分かっていない部分がたくさんあります。

  • どんな業界があるのか
  • どんな職種があるのか
  • 自分の強みは何か
  • 自分の弱みは何か
  • 自分には何が出来るのか
  • これまでの経験は活かせるのか

自分では気付かないところも第三者の意見をもらうことにより新たな発見があります。

そのため、ウズキャリのような手厚いサポートを頂けることにより、長期的なキャリアを見て考えられるようになり、早期退職やミスマッチの防止へとつながります。

社会人経験の少ない若手にはとてもありがたいサービスです。

このあたりを疎かにしてしまうと、早期退職やミスマッチへと繋がり、いつまでもキャリアを積み上げることもできずに転職を繰り返していくことになってしまいます。

20代でどんな選択をするかによって30代以降のキャリアに大きく影響してきます。

正しい方向に向かっていけるようにウズキャリではサポートしてもらえます。

そういったサポートの効果もあり、書類選考通過率はなんと9割。利用者の内定率86%。そして入社後の定着率が94.7%という結果にも現れているのではないでしょうか。

ウズキャリの上手な活用法

WEB登録自体はとても簡易的なものなので、30秒もあれば完了します。その後はウズキャリのアドバイザーとの面談となります。

初回面談で約2時間かけてじっくりと行います。

基本的にはブラック企業を排除して取引を行なっているため、ブラック企業への入社は回避することができます。余談ですが、私の個人的な考えでは20代の頃はあえてブラック企業を選ぶという選択も間違いではないのかなと思っています。

確かにそこで働いている間は辛いのですが、ブラック企業を経験することにより自分の市場価値を高めることも出来たりします。

さて、話を戻しますが、ウズキャリのようなエージェントを利用する場合、注意しなければならないのはあまり頼りすぎないことです。

彼らもビジネスなので上手いことを言ってくるでしょう。

しかし最後に決断するのはあなた自身なのです。

様々な情報を仕入れ、どの情報が必要なのか判断する材料やきっけを与えてくれるのがエージェントなのです。

求人の量は大手のエージェントに比べると多くはないのですが、私はこの点はマイナスに評価するところではないと思っています。

あなたの体は1つしかないので、転職出来る会社も1つだけです。どうせいくら受けても1社しか入社出来ないのです。

求人は量より質が大切です。

たくさん山のように紹介されてその中から興味があるものを選んで選考を受けるというのならエージェントではなく転職サイトを利用しているのと何ら変わりません。

それではエージェントの存在意義は無くなってしまいます。

自分にはどんな仕事が合っているのか、ちゃんと紹介してもらえた求人であるならそれは量なんて必要ないのです。

たくさん受けないと内定が取れないというものでもありません。しっかりお互いがマッチしたものなら少ない選考でもちゃんと内定は出ます。

また、大手のエージェントにはたくさんの登録者がいます。確かに大手にはたくさんの求人もあるのですが、たくさんいる登録者の中から勝ち抜かなければなりません。社内選考で落ちてしまいます。

人事の目から見たウズキャリ

若い人は「自分が知っている会社」を選ぶ傾向があるため、食品会社や身近な消費財などのメーカーにはたくさんのエントリーがあります。

私が大学職員の採用をやっていた時は転職サイトに求人を掲載すれば1000人近いエントリーがあったので、若手の採用には困りませんでした。

しかし、若手の採用には苦しんでいる会社はたくさんあります。

BtoBの商売をやっている企業は若い人にはあまり馴染みがないため、実は良い企業なのに採用の募集団形成に苦しんでいる会社がたくさんあります。

そういった会社は有名な転職サイトに掲載してもなかなかエントリーが無いということがよくあります。

じゃあエージェントに頼もうと思っても、大手のエージェントにはあまり相手にしてもらえないこともあります。

大手のエージェントは頻繁に採用ニーズが発生するような企業を相手にしていた方が儲かるため、たまにしか採用ニーズのない企業にはあまり力を入れて紹介をしてくれないケースもあります。

そうなるとどうやって採用しようか考えると、業界や職種に特化したエージェントに依頼してみることになります。

そして若手を採用したいとなった場合、若手を専門としているエージェントはとても少なく限りがあります。

そんな時、人事として発注するのはウズキャリは最適解になります。

しかも応募する前にしっかりと自分のキャリアについてコンサルティングを受けているため、転職してどうしたいのかということをしっかり持っている人がたくさんいます。

大手のエージェントのようにたくさんの候補者を紹介してもらえるのではなくても、期待している人材を1名でも紹介してもらえれば採用する立場からしてみれば十分です。

若者を採用しようと思うならウズキャリにお願いすることは良い選択です。

そのように考えている人事も多く、今はまだあまり知られていないけど実は良い会社が求人を依頼しますし、良い人材が採用出来ます。

ウズキャリの口コミ・評判

IT系の求人が多いという口コミも多かったのですが、これからの時代はITの力で作り出す側の人にならなければ生きていけません。なので若いうちにIT系で経験を積んでおけばその後のキャリアの幅が広くなります。

結局のところウズキャリってどうなの?

総合評価 28点/45点

利用しやすさ★★★★
保有求人数★★
保有求人の質★★
取扱職種の幅広さ★★
知名度★★
信頼度★★★★
転職の決まりやすさ★★★★
ユーザー満足度★★★★
ユーザー満足度★★★★

転職活動においては複数のエージェントに登録することをおすすめします。しかし、同じような特徴のあるエージェントではなくタイプの違うエージェントを選んでみた方が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました