エアコンの電源はつけっぱなしの方が良い?電気代節約術とエアコン掃除

日記
スポンサーリンク

暑い夏の季節。快適なエアコンは夏の必須アイテムです。しかし一日中エアコンをつけっぱなしだと電気代が気になってしまいます。でもエアコンを付けないわけにもいかない。なので部屋が冷えて来たら一度エアコンをオフにしている人もいるかと思われます。

また、コロナウイルス感染防止のために部屋も必要となって来ます。部屋を換気するためにエアコンをオフにしようとする方もいるでしょう。

しかし実はエアコンを付けっぱなしの方が電気代は安くなります。

スポンサーリンク

エアコンはつけたままの方が電気代は安くなる。

エアコンはつけ始めた時が一番電力消費が激しくなります。その後一定の時間が経つと電力消費は安定してきます。

そのため、何度も電源を付けるということは、何度も瞬間的な消費電力を高めるということになります。

30分程度の外出やちょっとした部屋の空気の入れ替え程度でしたらエアコンはオフにせずにつけたままの方が電気代は安くなります。

とは言え、流石に24時間ずっとエアコンをつけておいても良いというわけではありません。ここで言いたいのは、こまめなオンオフは不要だということです。

30分程度の外出時ではエアコンの電源は切らずにつけたままにする方が良い。

エアコンの温度設定の最適な方法

室温目安は夏は28度、冬は20度が最適だと環境相が推奨しています。しかしこれは「室温」が28度であって、エアコンの設定温度が28度という訳ではありません。

真夏にエアコンの設定温度を28度にしたら暑くて耐えられないと思います。部屋の中でも熱中症になります。

また、室温だけでなく「湿度」にも注目してみると良いでしょう。

湿度が15%下がる体感温度は1℃下がります。

最近はどこの会社も設定温度が高くなっているため、せっかく客先の室内で涼しくなれりかと思いきや、室内も暑くて外出時はかなり大変な思いをします。

推奨している28度設定は「設定温度」ではなく「室温」のことである。

湿度にも注目して設定温度をコントロールする。

1ヶ月のエアコンの電気代の平均

これは昔のエアコンと最近のエアコンのどちらを使用しているかにもよって変わってきます。

最近のエアコンは上手く作られており、消費電力を抑えて室温を下げることができます。一方昔のエアコンは、ガンガンに電力を消費しているにも関わらずあまり部屋が冷えないといったこともあります。

また、部屋の大きさや設定温度にもよって変わってきますが、おおよそ1時間あたり15円〜20円くらいです。

使用する時間にもよりますが、1ヶ月あたり1500円〜4000円くらいです。

この金額を高いと見るか安いと見るかはそれぞれ異なると思いますが、熱中症で倒れてしまって点滴を打ったりすればこんな金額よりも高くなります。我慢せずにしっかりエアコンを使いましょう。

エアコン代は1時間あたり15円〜20円。

1ヶ月あたり1500円〜4000円。

※エアコンの片式、使用時間や部屋の大きさによって異なる。

本格的に暑くなる前にエアコンフィルターを掃除しましょう

エアコンはしっかりと手入れをしないとなりません。手入れをしていないとエアコンの効きが悪かったり、カビにより喘息を発症させることもあります。

フィルター部分などは自分でも掃除ができますが、細かい隙間などはプロに任せておいた方が安全です。

また、エアコン内部の配線端子に洗浄液が付着すると火災が発生する可能性があるため、自分でやるのではなく専門家業者に依頼した方が安全です。

我が家は息子が喘息を持っているのですが、エアコン掃除をする前は咳が酷くて大変でした。エアコン掃除をしてから驚くほど喘息も落ち着いたので、エアコンの影響は大きかったようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました