【こんな人に関わると騙される】あなたのお金をむしり取る怪しい人の5つの特徴

日記
スポンサーリンク

世の中にはいい人もたくさんいますが悪い人もたくさんいます。

しかし、あからさまに「自分は悪い人です!」と言っている人などいません。

実はあなたの近くにも既にいるかもしれません。

生きていればいろんな人と関わることになってきます。

特にSNSが当たり前となっている今の時代では、ほとんど面識が無い人とも交流する機会も多いことでしょう。

いろんな人と関わればそれだけ良いこともありますが、反対に悪いことを考えている人に出会うリスクも多くなっていきます。

あなたからお金を巻き上げようとしている人もいます。

付き合う人を間違えれば大変な思いをします。

しかし、どんな人と関われば良いのか、この人がどんな人なのかなんて見抜くことはとても難しいことです。

そこで今回は、関わってはいけない人の特徴について解説していきます。

もちろんこれはあくまで一般論の話なので例外もありますが、その中でも詐欺とまではいかなくてもあなたからお金を巻き上げようと考えている人に話を絞っていきます。

スポンサーリンク

セミナーで儲けるとはどういう仕組みなのか

SNSなどで知らない人からダイレクトメールが来ることがあると思います。

怪しい人の場合、「儲けたくありませんか?儲けたい人はこちらをご覧ください」といったように別のサイトに誘導してきます。

そしてその先には、詳しく説明するためのセミナーが待っています。

セミナー自体には何の中身もないものです。

良く分からない精神論を掲げ「あとは努力」というだけで、「成功しないのは努力が足りないから」という当たり前の内容です。

その参加費を稼ぐことが目的だったり、その後に商品を購入させることが目的だったりもします。

その中でもよくあるセミナーや情報上商材ビジネスの仕組みはこんな感じです。

「10万円稼げます」というセミナーを1人1万円で100人に売ります。

そうすれば100万円稼げたことになります。

そして「100万円稼げます」というセミナーを1人10万円で100人に売ります。

そうすれば1000万円稼げたことになります。

こうして稼ごうとしているのです。

実に中身のないビジネスモデルです。

だから集客をするための材料として「物」をアピールすることが出来ず、「金」をアピールするしかないのです。

これだけネットで簡単に情報が取れる時代に、ノウハウでお金を集めるのは無理があります。

ノウハウには価値などありません。

そんな簡単に稼げるなんて仕組みがあるはずがありません。

最近は Twitterなどでリツイートしたらお金あげますみたいなことをやっている人もいますが、あれも怪しさ全開ですね。

本当にそのままお金が貰えることなんてありません。

彼らはそこでカモとなるリストを集め、次なる金儲けに利用しようとします。

また、たくさんのリツイートを集めたりフォロワーのいるアカウントは高く売れたりします。

そのためにリツイートやフォロワー数が必要なのです。

決してあなたを救うためではなく、自分たちが儲けるだけのことしか考えていないので十分にご注意ください。

怪しい人の特徴5選

怪しい人には共通している特徴があります。

こんな人がいたら怪しいと思って警戒してくださ入力してください。

もちろん例外もありますので、必ずしも全ての人に該当するわけではありませんが、私がこれまで会ってきた人の中ではここであげる5つの特徴に当てはまっている人は例外なくブラックな人材でした。

①将来の不安を煽る人は怪しい

ではそうしたらそういう人を見抜くことができるのでしょうか。 

彼らの最終目的はお金を巻き上げることです。

そのために、高額なセミナーなどに参加させたり、高額な商品を買わせようとします。

高額なものでなくて安いものもあったりします。

参加したセミナーから次のステップへ進ためのセミナーへ誘導したり、安い商品でも定期購入が必要になったり、1つ1つは安くてもトータルで見れば高額になると言ったものもあります。

しかしそんなものを普通に売っていたのでは誰も買ってくれません。

彼らは将来の不安を煽って誘導して来ます。

「現状のままでいいの?現状を変えたいよね?△△ではダメだよね?このまま行くと✖️✖️になるよ?そうならないためにも○○が良いよ!!」

と言ったように、誰でも抱えているような悩みにつけ込んで来ます。

中でも「給与について、年金について、自分のスキルについて」煽って来る人は怪しいと思ってください。

これらのことに悩みがない人なんていません。そのため、騙す方としては不安を煽る材料としてとても都合の良いものなのです。

そして良く考えてみてください。

将来のことなんて誰にもわかりません。誰がこんなコロナの世の中を想像していたでしょうか。

10年前に予想していた通りの未来は来ていますか?

10年前に想像していた通りに人になりましたか?

将来については不安もあると思いますが、だからと言ってそうならないためにもというように起こり得るあらゆるリスクを想定しておくことなんてできるわけがありません。

将来のことなど誰にも分からないのです

不安を解消出来る答えを提示して安心させていくという手法で誘導して来ます。

しかし不安を煽っている人は、自分自身が今後について一番不安を持っている人なのかもしれません。

②自分が勝ち組だと主張する人は怪しい

 彼らの狙いは簡単です。

「お前は負け組だ。そして俺は勝ち組だ。俺はこんだけ金を持っている。俺の言う事を聞けば必ず成功する。俺の行動が正しい。だから俺の話を聞け。」

このようにしてセミナーへの勧誘などを行なっております。

しかしこれについても良く考えてみてください。

本当の勝ち組は自分を隠したがります。

大企業の社長などは隠しようがなかったりもしますが、本当にお金を持っている人は「私はお金を持っています」などと言うはずもありません。

そのお金に寄って来る人がたくさんいます。そんな人と関わりたくないため、お金を持っていることを隠します。

また、もし本当に成功している人ならその人のことを世の中の人がもっと知っていてもいいのではないでしょうか。

隠さずに自分は成功者アピールしているなら、世間の誰もが知っている存在でも当然だと思います。

しかしテレビや雑誌にも取り上げられていないということは、なんだか怪しさが出て来てしまいますね。

そしてもう一つ。

お金があるのになぜセミナーでお金を取るのでしょうか?

お金を持っているならもう稼がなくても良いのではないでしょうか。

本当に成功している人はノウハウを開示します。

なぜかというと、同じようなことをやっても自分の立場を脅かしたりするような存在にはなることはないと思っているし、どうせ再現出来ないと思っているからです。

ノウハウなんて何も無いので、その先にあるお金をアピールして集客するという単純なマーケティングしか出来ない人たちなのです。

実は成功などしていない人がほとんどであり、あなたからお金を巻き上げて成功を遂げようとしているのです。

お金は手段であり、目的にするものではありません。

③話が大げさな人は怪しい

話にインパクトを持たせるために少しくらい誇張することは誰でもあると思います。

しかしその度合いが過ぎている人は、相手を圧倒したいということを考えています。

少し話を盛るくらいだと圧倒出来ないため、何十倍にも話を盛って誇張します。

ちょっと遠目に芸能人を見ただけで、親しい仲だと言っている人もいます。相手はあなたのことなど全く知りません。

ちょっと成功して小銭が入っただけなのに、定期的に大金が入って来るなどと言っている人もいます。

また、大金を持っている写真を掲げたり豪遊している様子を見せている人もいますが、私はそんなのに騙される人がいるなんて信じられません。

札束なんてレンタルすることができます。タワーマンションの最上階だって豪華客船だってちょっとお金を払えは利用できます。

でも騙されている人がいるからこんなことをやっている人がいるのでしょうね。

④今の時代だから〜と言っている人は怪しい

これは人のコンプレックスに訴えているところがあります。

「今の時代だから、令和の時代だから」と言ってまだ誰も知らない情報をいち早く仕入れた気にさせたり、知らないということは時代に乗り遅れていると思わせて誘導しています。

みんなが知らないことをやって先駆者になれば成功するような気もしますよね。

ブルーオーシャンで戦えば勝てるような気もしてしまいますよね。

でもそれは反対に、成功する可能性が無いから誰も手を出していないというように考えてみるのはいかがでしょうか。

本当にそんなおいしい領域があるなら、既に本当に成功している人たちがこぞってそこに乗っかっていても不思議ではありません。

でも聞いたことがない話なんですよね?

まだ誰も知らないからやっていないのではなく、知った上で価値が無いからやっていないのです。

また、実は模倣の方が成功しているのことが多いのがこの社会です。

おもしろいビジネスモデルを真似て、有益な付加価値をどれだけつけられるかで成功している人がたくさんいます。

⑤ダメ出しが多い、もしくはほめ殺して来る人は怪しい

これも単純なことで「あなたのここがダメです。ここを変えたら○○になるからここを変えましょう」と言って自分の都合の良い方向に話を持って来ます。

しかし、本当にそれが正しいのかどうなのかなど分かるはずがありません。

それなのにあたかも自分は全てを知っているかのようにそんなことを言えるのでしょうか。

また、その反対にやたらと褒めて来る人も怪しいですね。

人は褒められれば悪い気はしません。

良い気分になったところの隙を突いて来ます。

相手の感情をコントロールしようとして、自分の得意ゾーンへ誘導していくのです。

偶然聞いてしまった私の隣にいた人の話

つい先日の話ですが、昼食を食べに入った店で私の隣で打ち合わせをしている二人の女性がいました。

依頼者は30代半ばくらいの女性。相談を聞いている人は40代半ばくらいの女性。

話を聞いてみると、仮想通貨について話されていました。

なかなか怪しそうな話だなと思い耳を立てて聞いていると、これがまた怪しさ全開の話でした。

まさにこの記事で書いたように、まずは相手の不安を煽り、相手の行動のダメ出しをして、自分はまだ誰も知らない時代の最先端でブルーオーシャン領域をやっているから成功しているということを持ちかけ、私が何とかしてあげましょうといった内容でした。

さらに、なぜ仮想通貨に興味を持ったのかという話になると、既に別のことをやって失敗して借金があるあら一発逆転をしたいからということのようです。

この相談者はなぜ失敗したのか、全く反省などしていません。

ちょっとタイミングが悪かった、ちょっと運が悪かったとも言っていましたが、その人のことを良く知らない私でもちょっとの差では無いことは普通にわかります。

自分の失敗した原因を理解せず、全てが外的要因だと思っているならまた同じ失敗を繰り返すことでしょう。

こういう人がターゲットになるのでしょうね。

どうすれば良いのか

おいしい話には必ず罠があります。「この話はあなたのため」と言いながら自分が得をすることしか考えていません。

おいしい話はあなたにあるのではなく、話を持ちかけた本人がおいしいのです。

そんなおいしい話や転落人生から一発逆転などありません。

失敗したのは何かしら自分にも原因があります

全てが外的要因ということはほぼあり得ません。

そこをなぜそうなったのか原因を突き止めようとせず、一発逆転など狙ってもまた同じことを繰り返すだけです。

ではどうすれば良いのかというと、真面目に誠実に生きていくだけです。世の中こうやって上手くできているのです。

また、こういったおいしい話を持ちかけて来る人は労働を否定します。不労収入がBESTな選択肢であることを訴えていきます。

なぜ労働を否定するのでしょうか。いろんな人に出会い、世の中にインパクトのあるものを作り上げることの楽しさを知らないのでしょうか。

懸命に働いた後に飲むから酒は旨いのです。

早く楽しい仕事を見つけてもらいたいと思います。

とにかく目の前にあること真剣に向き合い、コツコツと一生懸命続けていくことが最終的には一番の近道です。

日記
スポンサーリンク
\この記事が気に入ったらシェアして!/
記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。
Foglots(フォグロッツ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました