スポンサーリンク

バターコーヒーダイエットは痩せない?正しいやり方や効果と実際の評判を徹底検証

lifestyle

バターコーヒーダイエットとは、その名の通りバターを溶かした作ったコーヒーを飲みながら痩せられるダイエット法です。もちろんただバター入りのコーヒーを飲めば良いものではありません。

使用するバターやオイル、作り方、飲み方など正しい方法で行う必要があります。

しかし本当にそんなやり方で痩せることなどできるのでしょうか。

なぜ痩せる事ができるのか、科学的な根拠の証明と実際に私も試してみた効果についてご紹介いたします。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
SHIN

1982年埼玉県生まれの38歳。現在は東京都に住んでおり5歳の娘と3歳の息子の二児の父親。

仕事の軸を「キャリアと教育」としており、採用のスペシャリスト。これまでに自社の社員採用や教育、そして転職エージェントとしての採用支援のキャリアを持っており、1000人以上の就職・転職支援を行う。

現在は社員採用に加え、営業推進やマーケティング業務などをやってます。
人事採用関連の経験や元転職エージェントとしての経験で培った転職情報、そして父親として学んだ子育て育児情報を中心に発信していきます。

記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。

バターコーヒーダイエットの仕組み

バターコーヒーダイエットで痩せるための仕組みは二つあります。

まず一つはファスティングです。

朝・昼・晩と人は1日3回ご飯を食べると思いますが、完全に消化される前にまた次の食事がきてしまうため、実は内臓が休まる事がない状態が続いてしまっております。実際のところ、人は消化に約18時間かかると言われております。そこで、内臓を休めるためにも食事の間隔を空ける必要があります。

朝食を抜くことで内臓を休ませて体内をデトックスし、ダイエットをすることが一つ目の狙いのファスティングです。

いやいや、朝食を抜いたらお腹が空いて昼まで持たないと思うかもしれませんが、バターやオイルの効果で満腹感を得る事ができ、意外にもあまりお腹が空く事なくお昼を迎える事ができます。

しかも胃袋が若干小さくなっているのか、お昼ご飯もそんなに多い量を食べなくても満足感を得ることができます。

そして二つ目の狙いは、体内の脂肪を分解してエネルギー源として活用する事です。

本来は摂取した炭水化物(糖)をエネルギー源として人の体は活動するのですが、体内のブドウ糖が枯渇する状態となった時にブドウ糖に代わるエネルギー源として体内の脂肪が分解せれて肝臓でケトン体が産生され、身体は「ケトン体」をエネルギー源として使い始めるようになります。既に体の中に蓄えられている脂肪を分解する効果があるのです。

グルコース供給が減少し、血糖値を維持するために肝臓に蓄えられているグリコーゲンがグルコースに分解されて利用される。このような科学的な仕組みを下記の通りです。

  • 脂肪細胞に蓄えられている中性脂肪はそのままの形ではエネルギー源として利用できないため、中性脂肪から脂肪酸が切り離されて血液中のアルブミンと結合し、肝臓に運ばれる。
  • 肝細胞に脂肪酸が取り込まれると、カルニチンシャトルと呼ばれる入口からミトコンドリア内に入り、アセチルCoAにまで分解される(β酸化)。
  • アセチルCoAからケトン体であるアセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸が作られ、肝臓から放出されて血流にのり、筋肉や脳のエネルギー源として利用される。

また、バターコーヒーはその名の通り「コーヒー」なのでカフェインを含んでおります。カフェインには交感神経を活発化させる働きがあるため、体のさまざまな器官の働きが活発なるため基礎代謝がアップします。

更には、コーヒー含まれているクロロゲン酸というポリフェノールには、脂質の代謝が活発になるため体内のエネルギー消費が増えて脂肪が燃えやすい体になります

バターコーヒーダイエットに用意するものとやり方

バターコーヒーダイエットと聞いて単純にコーヒーの中にバターを入れればいいのかというとそういうものではありません。

間違ったやり方では効果が無くなってしまいますし、美味しくないコーヒーが出来上がってしまいます。

用意するもの

バターは「グラスフェッドバター」というものを使います。

これは普通のバターと違って、「グラス(牧草)」だけを食べさせて育てた牛の乳からつくられたバターのことです。

街中のスーパーにはあまり売っていないのですが、成城石井などちょっとお高いスーパーなどに置いておあります。私は基本的にAmazonで購入します。それなりに値段も高いのです。

コーヒーに入れずにそのまま食べてみるとよく分かりますが、他のバターとは全く違うくらい、バターだけでも食べられるくらい美味しいと実感ができるでしょう。

ちなみに、グラスフェッドバターにはこのような特徴があります。

  • 脂溶性ビタミン(ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE)が豊富(水に溶けて脂に溶けない性質。汗や尿と一緒に体外に排泄されやすい)
  • 不飽和脂肪酸が豊富(血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、肥満を防ぐ働きがある)

脂肪燃焼効果が期待できるカロテンや、血液サラサラ効果のあるオメガ3脂肪酸など、普通のバターの数倍入っております。

もうひとつコーヒーに加えるのが「MCTオイル」です。

created by Rinker
¥2,160(2021/05/18 07:45:35時点 楽天市場調べ-詳細)

「MCTオイル」
M(Medium ミディアム=中)
C(chain チェーン=鎖)
T(triglycerides トリグリセライド=中性脂肪)

中鎖脂肪酸に分類される脂質で、脂肪を燃えやすくする働きがあったり、体のなかに溜まりにくいという性質を持ちます。

こちらも街中のスーパーではあまり売っておりませんので、成城石井などのちょっとお高いスーパーやネットで購入が可能です。

そしてこのバターコーヒを完成させるために必要なものが「クリーマー」です・

コーヒーとバターとMCTオイルを混ぜるのに使います。

バターコーヒーの作り方

正しく作ればとても口当たりの良いコーヒーが出来上がりますが、やり方を間違えるとバターを入れただけのコーヒーとなり美味しいと思えないようなコーヒーになってしまいます。更にはコーヒーとバターが分離してしまう恐れもあります。

①まずは普通にコーヒーを作ります。私はせっかくなので美味しく飲みたいのでドリップコーヒーを毎朝作っています。
②コーヒが完成したらクリーマーの容器の中に出来上がったコーヒーとグラスフェッドバター10gとMCTオイル大さじ1杯を入れ、約1分間ほどよく混ぜます。
③泡立ってきたら完成です。

作り方でのポイントは、②でしっかりとよく混ぜる事です。ここの作業を怠ると、美味しいコーヒーが出来上がりません。

また、普段から甘いコーヒーを好んでいる方もいると思われますが、ここでしっかりと混ぜることにより砂糖やミルクを全く入れていないにも関わらず甘くてクリーミーなコーヒーが出来上がります。

あとは何と言っても自分好みのコーヒーで作るのが一番ですね。

そして作ったコーヒーを会社に持っていって飲むのもありです。

実際に私が行った効果の検証とその他にあった効果

実際に私もこのバターコーヒーダイエットを始めて1ヶ月ほどで効果が現れ始めました。単純に食事の量も減ってくるし、とても健康的なダイエットです。

3ヶ月間、このバターコーヒーダイエットをやっただけでも5kg落ちました。

確かにバターやMCTオイル、コーヒーなどの購入にお金はかかります。しかし私の場合は毎日のように会社でチョコレートを食べていたので、その分のお金をコーヒー代に変わっただけなので大した出費にはなりません。

また、全くお腹が空かないというわけではありません。そこで、私の場合は「無塩ナッツ」を食べていました。

有塩のナッツは食べたら太ってしまいますが、無塩は体にも良いしダイエット効果も期待できます。Amazonで購入すればこれも安く買うことができます。

しかしバターコーヒーにはダイエット効果はもちろん、それ以外にも様々な良い効果が現れます。

集中力アップ
コーヒーのカフェインによって交感神経が刺激されることで、集中力アップの効果が期待できるといわれています。

眠気を感じにくくなる
カフェインには脳内で働く眠気をもたらす「アデノシン」が神経細胞に作用して眠気を阻害する働きがあります。また、炭水化物を摂取していないので血糖値の上昇が抑えられることにより眠気を防止することもできます。

アンチエイジング
ポリフェノールには抗酸化作用がある物質で、老化の原因である活性酸素から体を守る働きがあるとされています。これにより、シミやしわなどを予防することができます。

口コミ・評判

さすがに有名なダイエット方だけあって、実際に試している人はたくさんいるようです。しかし、やり方を間違えていたり独自のやり方にアレンジをして失敗している人もたくさん見受けられました。

正しい方法でやれば科学的にも成功する根拠がしっかりと証明されています。

  • ダイエット 短期間
  • ダイエット 楽して痩せる
  • ダイエット 簡単
  • ダイエット 効果的
  • ◯◯ダイエット 痩せない

これらは痩せたい人がよく検索するワードです。

バターコーヒーダイエットといえど、そんなにすぐには効果は出ません。せめて3ヶ月はゆっくりと様子を見て楽しみながらやっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました