学歴は絶対に必要だ!低学歴ではいけない理由

仕事・転職
スポンサーリンク

日本リサーチセンターが15歳から74歳の男女調査したところ、「現在、必要でないと思うもの」は下記のようなランキングとなった。

「学歴」(28.6%)

「資格」(22.2%)

「車」(20.7%)

「生命保険」(14%)

「本(紙媒体)」(13.4%)

「マイホーム」(11.9%)

「テレビ放送」(9.1%)

「テレビ本体」(7.5%)

一番少なかったのは「現金」(2.6%)、次いで「メール」(3.1%)、「パソコン」(4.9%)という結果になった。

出典:日本リサーチセンター(https://www.nrc.co.jp/report/200529.html
スポンサーリンク

学歴と入社後のパフォーマンスは関係がある

私は自社社員の採用、グループ会社社員の採用、そして人材紹介として様々なクライアントの採用支援を行って来ました。

私の経験から言うと、「学歴と入社後のパフォーマンスは関係がある」ということです。

学歴なんて関係ない!仕事ができればいいじゃないか!という人もいますが、確かに学歴が低くても優秀な人材もいます。しかし私が会った人で学歴が低くても優秀だった人はごくわずかです。

ちなみに、私が携わっている採用は内勤の事務職や営業職、ITのエンジニアなどがメインです。工事ワーカーなどの採用はやっておりません。

応募書類のクオリティー

まずは履歴書や職務経歴書の書き方。

これは本当に企業に提出するつもりで書いたの?と思えるような応募書類を出してくる人がいます。社会人としてどうなのでしょうか。その程度のレベルの書類しか作れない人が入社後にしっかりとした書類を作れるとは思えません。

確率論なのかもしれませんが、感覚的に上位大学を卒業している人はしっかりとした応募書類を作成して来る人が多い傾向が見られます。

学生時代からレポートの提出などで書類提出については慣れているからなのでしょうか。

反対に、高卒以下の方の応募書類はクオリティーが低いだけでなく、平気でヨレヨレの書類を提出して来る人も中にはいます。

応募書類を見れば書類作成能力が分かります。

転職回数の多さ

転職を繰り返すことに私は悪いとは思っていません。しかし、その転職理由に問題があります。

  • 仕事が自分に合わない
  • 環境に馴染めない
  • 残業が多い
  • 通勤が辛い

何と言うか、退職理由が軽い人が多く見られます。退職理由が軽いと言うことは、入社する段階でも「これをやりたい!」といった思いも少なく、軽い気持ちで入社している人が多いのでしょう。

そしてストレス耐性が無さすぎる人が多い傾向が見られます。また、残業が多いといっても月30時間程度ってどうなんですか?

みんな必死に生きているのです。そのくらいのことでストレスを感じているようでは今後どうやって生きていくのでしょうか。

ストレスで内臓がエグられるような日々を過ごしてみたことありませんか?

一駅ごとに電車を降りて吐きながら会社に出勤したことありませんか?

突然体から発疹が出て来たことありませんか?

限界を超えて働いたことがある人は強い。大手で高い給料貰っている人を羨ましいと思う人もいると思いますが、大手で働いている人ほどそんな地獄のような経験をしています。若手のうちは月100時間くらいの残業や家に帰れない日々なんて大手はどこも当たり前です。

しかし、ストレス耐性が無い人はちょっと辛いと思ったら簡単に転職してしまって転職回数がとても多い人が目立ちます。

学歴の高い人は学生時代に努力して来た人です。別に勉強が楽しかった訳ではないと思います。楽しくもない勉強を頑張ったので忍耐力はあると思います。学生時代は勉強しろと言われていたにも関わらず勉強をせずに逃げてきた人はこれから先も努力できるかどうかに疑問も出ます。

勉強もしないでいい成績が取れた訳ではありません。必死に勉強をして来た成果です。

つまり、学歴が高い人は努力ができる人という証です。

頭の回転の早さ

先程の応募書類についても同様ですが、頭の良い人は何でも先のことを考え、応募書類を受け取った人のことを考えています。

読みやすいように工夫され、簡潔した内容にっています。

一方でそうでもない人はとりあえず書類が必要だから書いただけのような書類が多いように思えます。

  • なぜ履歴書は和暦で職務経歴書は西暦なの?見る人にいちいち年度合わせ作業をやらせるの?
  • 職務経歴書が5枚以上あるとか、人気職種は応募者1000人超えるのに全員分隅々まで読むと思ってるの?
  • なぜ社外の人には分からない社内用語を使って書くの?

受け取る人の心理を考え、会社のことや仕事のことが何も分からない人に対して分かるように説明しつつ、自分をアピールしなければなりません。

また、頭の回転の早さを立証できるような根拠はないのですが、話をしていると学歴の高い人は一つの物事に対して表面上ではなく本質的な部分への理解が深いという印象があります。

これまで自分が取ってきた行動や考え方に対し、突っ込んで深く話をしても全てに繋がりがあり、意味のある行動が多いように見受けられます。また、話も論理的です。

対して学歴の低い人は、行動する動機付けがとても弱く、話も抽象的なものが多いように思えます。

面接時に、「なぜそのように考えたの?」、「なぜそのような行動を取ったの?」と突っ込み続けると頭の良さが見えてきます。

選考する際に全てを学歴で判断している訳ではありません。最初に見るのはこれまでの経験と実績をしっかり見ます。しかしそれではどうしても判断が出来ないような場合、学歴で判断してしまいます。ですが高学歴でも仕事が出来ない人も私はたくさん見てきました。学歴が高かれば良いと言うものではありません。

なので結論。

学歴は「必要ないもの」ではなく、「あったら便利なもの」

コメント

タイトルとURLをコピーしました