サラリーマンの平均年収って一体いくらなのか

仕事・転職

自分の給料は多いのか。少ないのか。会社の同僚とは給料の額についてあまり話さないと思います。しかしネットで調べてみると様々な情報があり、しかも厚生労働省が発表しているものや人材紹介会社が発表しているものなど、調査期間によってバラバラなのでよく分かりません。

30歳の平均年収と言っても400万円と書いてあるものや、600万円と書いてあるものなど様々です。

そこで今回は日々様々な企業の求人情報を見ている私が求人情報から見られる年収の幅についてお話致します。

人材紹介会社や転職サイトに載っている平均年収は実際よりもかなり高め

これって普通に考えたら当然のことだと思います。人材紹介会社や転職サイトは転職希望者を募らなければなりません。転職希望者がいなければ企業の採用活動は成功しないため、自分たちの売上になりません。

そのため、「30代の平均年収は実はこんなに高いんだよ」と焦らせることにより、「自分の年収は平均より低いじゃないか!」と思わせるために通常より高い年収を記載しております。

自分の年収が平均より大幅に高いなんてことが分かったら恐らく転職しなくてもいいやと思う人がたくさん出てくるでしょう。

不安を煽って転職意欲を高めているってことか。

営業職の平均年収

私は毎日世の中に溢れている求人情報を常に収集しております。大手と中小企業でも異なりますが、そこで見えてくるところの話ですが、営業職の場合、求人募集のほとんどは30代くらいまでです。

40代以降でも募集している企業はかなり限られて来ます。というのも、40代以降は基本的にマネージメント層となるため、プレイヤーとしてほしいには30代までです。そうなると必然的に年収も若干低くなります。20代で300万年〜450万円くらいが相場です。

30代前半で400万円〜500万円、30代後半で450万円〜600万円くらいです。

600万円以上のクラスで営業のプレイヤーの求人はほとんどありません。

プレイヤーで600万円以上稼ぎたいなら完全歩合制の保険の営業とかをやった方が良さそうだね。

また、外資系なんかは600万円以上の営業の求人もあったりします。

しかし、常に100%以上の成果を求められるため、成果が出せなければ給与も下がるし、そもそも会社で雇用してもらえる保証もありません。

営業職の平均年収

【20代】大手:400万円〜500万円  中小:300万円〜400万円

【30代】大手:450万円〜700万円  中小:350万円〜500万円

【40代】大手:600万円〜800万円  中小:500万円〜800万円

【50代】大手:800万円〜1200万円 中小:500万円〜800万円

※外資系企業の場合、各年代プラス100〜200万円程度

事務職の平均年収

事務職といっても様々ですが、一般事務や営業事務の場合、30代以降で正社員になれる可能性が極めて低くなります。一般事務や営業事務などはそこまで高いスキルを求めている会社はあまりありません。そのため、20代くらいの若い社員の方がそのポジションにフィットします。

たまに、「私は見た目は若いとよく言われます」という50代からの応募者もおりますが、見た目とかそういうことではありません。50代には50代なりの仕事を求められます。しかし、そのポジションはそこまでのスペックを求めていないケースがほとんどです。逆に50代で20代と同じレベルの仕事しか出来ないようでしたらそもそも問題です。

若い人が欲しいって企業は単に見た目の問題ではないってことね。

そういった理由で、事務職は若い社員が求められます。なので平均年収も300万円〜400万円くらいです。400万円以上の事務職の募集はほとんどありません。

また、人事や経理といった専門性のある事務系職種ならばそれ以上ということもあります。どこまで専門的なスキルがあるかにもよりますが、人事や経理は経験が浅ければ400万円〜500万円くらい。ガッツリと労務管理や決算対応ができるようならば800万円以上という求人もあります。しかし逆に未経験で人事や経理に転職することは求人がほとんど無いので不可能に近い状態です。

一般事務や営業事務職の平均年収

【全世代共通】大手:300万円〜500万円  中小:300万円〜400万円

人事や経理などの専門性のある事務

【20〜30代】大手:400万円〜500万円  中小:300万円〜400万円

【40代〜50代】大手:500万円〜1000万円 中小:500万円〜800万円

※外資系企業の場合、各年代プラス100万円程度

※保有資格によりプラス100万円程度の増減あり

エンジニア職の平均年収

エンジニアと言っても様々なエンジニアがあるので一括りにしてしまうことはあまり出来ないのですが、ここでは敢えてエンジニアとしてまとめてしまいます。

エンジニアは技術力が全てです。高い技術力があるなら年収も高くなりま。1000万円以上だってよくある話です。会社としてはエンジニアがいなければプロダクトを作れなくなります。そうなれば営業だの事務だの言っていられなくなります。良いものを作るには優秀なエンジニアが必ず必要となります。

若くて経験の浅いエンジニアでも結構年収は高かったりもしますが、派遣などで企業に常駐しているエンジニアは年収も低く、300万円〜400まんえん程度のエンジニアも多数おります。

ビジネスの仕組み上仕方のない構造ではありますが、IT業界の場合は発注者の下請け、その下請け、またその下請けというように何階層にも分かれていたりします。下に行けば行くほど取り分が少なくなるので、給与として支払える額も少なくなります。できるだけ上流工程に携わることができれば年収も高くなります。

下請けで経験を積んで技術力を磨き、上流工程を目指した方が良いみたいですね。

エンジニア職の平均年収

大手:400万円以上 ※技術力次第では30代で1000万円以上も可能

二次受け・3次受け:300万円〜500万円

そして何と言ってもエンジニアはフリーランスで働けるのも強みです。技術力さえあれば自分のライフスタイルに合わせて働き方や収入を選ぶこともできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました