スポンサーリンク

マッキンゼーは激務?どんな会社なの?仕事内容や年収&採用大学や学歴フィルターなどの採用事情について解説

会社の評判・口コミ

マッキンゼー・アンド・カンパニーという会社を聞いたことはありますか?

普段の生活をしていると馴染みがあまりないと思われますが、外資系コンサルティングファームとしてとても有名な会社です。

  • 休みは取れるの?
  • どんな会社なの?
  • 社風は?
  • 残業は多いの?
  • 年収は?
  • 実態はどうなの?

私はこれまで転職エージェントとして、そして採用担当者としてはマッキンゼー出身の人と面談の面談はあまりしてきておりません。

しかし、知り合いを通じてマッキンゼー出身の人を紹介してもらったことがあり、その方からマッキンゼーについて色々とお話を伺いってきました。

実際にマッキンゼーで働いていた人の生の声を多数聞いてきましたので、今回はそんなマッキンゼーの実態について解説していきます。

転職ソムリエ〜滝谷真也が薦める転職エージェント
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績、保有求人数1位
    リクルートエージェント
  2. パソナキャリア
    3万件以上トップクラスの求人

  3. doda
    約10万件以上日本最大級の求人


  4. 就職Shop
    既卒・二卒・フリーター向け

  5. ハタラクティブ
    転職が初めてでも手厚いサポート

  6. マイナビエージェント
    優良企業の求人が豊富

  7. ウズキャリ
    既卒・第二新卒内定率83%以上

  8. 第二新卒エージェントneo
    平均10時間の手厚いサポート

  9. エンワールド・ジャパン
    大手外資系グローバル企業に強い

  10. リクルートダイレクトスカウト
    リクルートのハイクラス転職
    CAREER CARVER
  11. アクシスコンサルティング
    コンサルティングファームの転職

  12. MS-Japan
    管理部門(総務や経理)に特化
転職ソムリエ〜滝谷真也が薦める転職サイト
  1. リクナビNEXT
    リクナビNEXT限定求人約85%
    リクナビNEXT ネクス子
  2. LIBZ
    新しい働き方を叶える転職サイト

  3. テンプスタッフ
    未経験でも安心の大手派遣会社
誰にも教えたくない隠れた超優良企業リスト

噂のあの企業の評判や実態は!?

他にもたくさん紹介しているのでこちらも是非読んでください!

併せてこちらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
滝谷真也

1982年埼玉県生まれの39歳。現在は東京都に住んでおり6歳の娘と4歳の息子の二児の父親。

仕事の軸を「キャリアと教育」としており、採用のスペシャリスト。これまでに自社の社員採用や教育、そして転職エージェントとしての採用支援のキャリアを持っており、1000人以上の就職・転職支援を行う。

現在は社員採用に加え、営業推進やマーケティング業務などをやってます。
人事採用関連の経験や元転職エージェントとしての経験で培った転職情報、そして父親として学んだ子育て育児情報を中心に発信していきます。

記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。

どんな会社なのか

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、1926年にアメリカに本社を置く世界最大規模のコンサルティング会社です。

社員数は2万7千人おり、世界130カ国に拠点を持っており、上場企業や政府期間などを中心にコンサルを展開しております。

そして、自動車業界や化学業界、不動産業界をはじめとしたあらゆる業界に対し、マーケティングやM&A、DXなど様々な課題に対してコンサルを行なっております。

日本のトップ企業の30社のうち、約8割はマッキンゼーのコンサルを受けているくらい、日本において無くてはならない存在である企業です。

また、2020年に関西オフィスも設立したこともあり、西日本からも大きく展開していこうと考えております。

社名マッキンゼー・アンド・カンパニー
本社所在地(日本)東京都港区六本木1-9-10 アークヒルズ仙石山森タワー
設立1971年(日本) 1926年(本社)
代表取締役社長(日本)岩谷 直幸
事業内容総合コンサルティング
資本金非公開
従業員数約600人(国内) 約28000名(全体)

実際に働く環境などの実態

それではここからは実際に働く環境などの実態について解説していきます。

仕事内容や社風

外資系ということもあり実力主義の会社なので、自分が出した結果次第で自分の会社内でいられるポジションが変わっていきます。

「大手に入ったから将来は安泰だ」なんて思いたいような人はそもそも入社はしない方が良いでしょう。

先の補償も全くないのでそういった点ではとても厳しい環境の会社です。

「コンサル」と聞くととても華やかな仕事をイメージされる人も多いと思われますが、入社したばかりの新人の仕事はとても退屈に感じるものがあり、最初のうちはExcelやパワポでの資料作成ばかりが仕事です。

そこで2〜3年経験するとコンサルらしい仕事ができるようになります。

数ヶ月間単位でのプロジェクトを経験していくことになりますので、様々な業界や会社を見ることができるようになります。

マッキンゼーを含めてコンサル業界で長年働いていこうとしている人って実はあまりおりません。

そして、マッキンゼーも同様に数年間で退職する人がほとんどでありますが、同じコンサル会社に転職していく人はほとんどおりません。

というのも、マッキンゼーがコンサル業界のトップにいるような会社であるため、マッキンゼー以外のコンサル会社に転職する意味もあまり真りません。

そのため、その後は外資系企業や大手企業の経営部門、独立して会社を立ち上げる人などがたくさんおります。

そして、マッキンゼーで働いているというだけで様々な会社からオファーが来ます。

しかも単なるオファーではなく、入社数年しか経っていないまだまだ経験値の浅い社員であってもびっくりするよう年収を積んだオファーをもらう人もいます。

社員はほぼ全員英語は堪能です。

英語ができないとそもそも入社が出来ません。最近では少しは英語力の基準を緩くなってきてはいますが、入社してから相当な勉強をする必要があります。

休日・残業

マッキンゼーの1ヶ月の平均残業時間は約85時間と言われております。

土日も急な仕事になることもあります。

コンサル業界は全体的に激務で残業も多く、かなりハードな業界と言われておりますがマッキンゼーにおいても例外ではありません。

夜中まで働くことはよくありますが、最近はコンサル業界全体でも残業時間には厳しくなってきているため、残業時間は減少傾向にもあります。

また、プロジェクト単位で仕事が動くため、担当するプロジェクトや時期によってはあまり残業もなく働くことができることもあります。

しかし入社を考えている人は基本的には相当な残業があることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

年収

マッキンゼーの平均年収は1800万円です。

新卒で入社した場合は年収600万円ほどです。

タイトル別に見てみると、下記の通りとなります。

ビジネスアナリスト:600万円〜1000万円
アソシエイト:100万円〜1500万円
エンゲージメントマネージャー:1500万円〜2000万円
アソシエイトパートナー:2000万円〜3000万円
パートナー:5000万円〜

世界最大規模のコンサルティングファームの割には最初の給与はあまり高くないのですが、その後一気に跳ね上がっていきます。

ちなにみ、各タイトルになれるようになるまでの期間は順調にキャリアを積んでいけばおおよそ下記の通りです。

ビジネスアナリスト:1年目〜
アソシエイト:3年目〜
エンゲージメントマネージャー:5年目〜
アソシエイトパートナー:10年目〜
パートナー:15年目〜

マッキンゼーは給与が高いだけではなく、福利厚生も充実しております。

1日2000円分の食事代が支給されるなどの福利厚生もあります。そしてタクシーも乗り放題です。

また、20%の退職金積み立てがあるため、短期間で退職したとしてもかなりの額の退職金が支払われます。

転職するにはどうしたら良いのか

マッキンゼーへの転職を考えている人は転職エージェントに登録することをおすすめします。

マッキンゼーは転職サイトで募集することはありません。簡単に入社できるような企業ではありませんので、エージェント経由もしくはヘッドハンティングされないと入社は不可能です。

そして転職エージェントにはこれまでに採用支援を行った人のデータが蓄積されています。

  • どんな人が採用されたのか
  • どんな対策を行ったのか
  • どんな人は不採用になったのか

学歴もかなりの高学歴でないと入社できません。

おおよそ、下記の大学くらいのレベルでないと入社は困難です。

【マッキンゼーの採用大学】
東京大学/京都大学/名古屋大学/東北大学/北海道大学/大阪大学/九州大学一橋大学/東京工業大学/津田塾大学/早稲田大学/慶応義塾大学

MARCHあたりでは内定を取るのは難しいことでしょう。

また、学部卒ではなく大学院卒の方が多くおります。

1人で考えていても分からないことなので、積極的に転職エージェントに登録をしてまずは相談をしてみましょう。

絶対利用したい転職エージェントまとめ
おすすめの職エージェント
転職エージェントの評判
転職エージェント活用術

併せてこちらの記事も読んでみてください!

転職ソムリエ〜滝谷真也が薦める転職サイト
  1. リクナビNEXT
    リクナビNEXT限定求人約85%
    リクナビNEXT ネクス子
  2. LIBZ
    新しい働き方を叶える転職サイト

  3. テンプスタッフ
    未経験でも安心の大手派遣会社
オススメの転職エージェント
エージェント名
リクルートエージェント

リクルートエージェント

  • 転職支援実績、保有求人数業界1位
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 企業と多数の太いパイプを保有

【紹介記事】
>>リクルートエージェントがひどいって本当?評判&口コミと利用する時の注意点をご紹介

就職Shop

  • 既卒・第二新卒・フリーター・ニート向けのサービス
  • 書類選考なしで応募できる
  • 実際に働く風景が想像できるような情報が豊富

【紹介記事】
>>就職Shopの評判ってどうなの?若手やニートにおすすめできる理由や口コミをご紹介

ハタラクティブ

  • 20代の既卒・第二新卒への転職サポートに特化
  • 内定率80%の実績
  • 転職が初めての人でも安心の手厚いサポート

【紹介記事】
>>ハタラクティブの評判ってどうなの?「怪しい」「ひどい」と言われる実態や求人の特徴などを解説

ウズキャリ

  • 既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上
  • 書類通過率87%超え
  • ブラック企業を徹底排除

【紹介記事】
>>ウズキャリの評判ってどうなの?「既卒」や「ニート」でも安心のサポートやITばかり紹介されるなどの実態について解説

マイナビエージェント

  • ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富
  • 20~30代に転職サポートに強い
  • 応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

【紹介記事】
>>マイナビエージェントがひどいって本当?「断られた」「しつこい」という人が多い実態&評判や口コミをご紹介

パソナキャリア

  • 4年連続お客様満足度1位
  • 30,000件以上の業界トップクラスの豊富な求人
  • 女性の転職支援実績も多数

【紹介記事】
>>パソナキャリアがひどいって本当?評判&口コミと利用する時の注意点や裏事情などをご紹介

doda

  • 非公開求人を含む約10万件以上、日本最大級の求人数保有
  • 転職者満足度No.1
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍

【紹介記事】
>>dodaのエージェントはひどいって本当?評判が悪い理由や口コミなどをご紹介

第二新卒エージェントneo

  • 1人あたり平均10時間の手厚いサポート
  • ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介
  • 富な経験を持つのキャリアアドバイザーが在籍

【紹介記事】
>>第二新卒エージェントneoの評判ってどうなの?「若手」「20代」に強いと言われる理由や上手な活用法についてご紹介

エン・ワールド



  • 外資系転職専門
  • 大手外資系・日系グローバル企業の求人を常時10,000件以上
  • 年収800万円以上のハイクラス求人も多数保有
アクシスコンサルティング

  • コンサルティングファームの転職に強い
  • コンサル業界各社とのパイプがあり
  • ITバックグラウンドの方の採用が活発
MS-Japan

  • 管理部門(総務や経理など)や士業に特化したサービス
  • 創業より29年間でのべ2万人以上の方々の転職のサポートを実現
  • 高い専門性をもつキャリアアドバイザー多数在籍
アイティーケー

    • 外食産業・飲食店に特化したサービス
    • 外食特化の人材紹介会社でも業界シェア、トップクラス
    • 外食に特化したキャリアアドバイザーが在籍
あの会社はブラック企業?ホワイト企業?評判や口コミ情報

噂のあの企業の評判や実態は!?

他にもたくさん紹介しているのでこちらも是非読んでください!

友だち追加
YouTube始めました!

あの会社はブラック企業?ホワイト企業?評判や口コミ情報
採用担当が教える 絶対に転職が成功する転職マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました