【信頼されるにはどうしたら良いか】誰でも明日から出来る簡単な3つの方法

仕事・転職

生きていくには様々な人と関わらなくてはなりません。

付き合いの長い人ならお互い相手がどんな人なのか分かっているので問題ないのですが、お互い深い関係ではなくても一緒に何かをやらなければならない場面はたくさんあると思います。

特に仕事においてはよく分からない相手とビジネスをするなんてことも多々あります。しかし、よく分からない相手と一緒にビジネスをやるというのはなかなか難しいもので、どこまで相手を信用して良いものなのかわかりません。

逆に相手に信用してもらえれば自分もやりやすくなります。

そこで、どうすれば相手からの信用を得られるのかということについて今回は書いていきます。

レスポンスの早さ

相手に何かを問いかける時は、自分では分からないものを解決したいという状態です。

そのため、問いかける人はその問題を解決するためには相手からの返信を期待しております。その返信が遅ければ抱えている疑問を解決できずに前に進むことができません、早く解決すれば疑問も解決し、次のステップへ踏み出すことができます。

相手からの問いかけに対する返事は早ければ早いほどストレスなく物事を進められることになります。

でももらった質問の答えが分からなくてすぐに返事できないこともあるよ。

その場合はいつまでに返事をするかを相手に伝えてあげればいいよ。とにかく一度は何かしらのアクションを起こそう!

問いかけに対して豊富な知識や経験があるのならば即答できると思われますが、そうでない場合も多々あります。その場合は、現在の状況について常に報告すると相手の信頼につながります。

レスポンスが早いということは、それだけ相手が自分に対して常に意識してもらえているものだと感じるものです。意識が自分に向いているということは、自分に対して真剣に取り組んでもらえていると思います。

そんな真剣な姿から相手に対する信用につながります。

密なコミュニケーション

問題解決までにあとどのくらいの時間がかかるのかが分かることにより、次のステップに進めなくても次のステップへ進む準備をすることができます。

現在は何をやっているのか、あとどのくらいなのか、何%くらいなのかを報告し、相手を不安にさせないことが重要です。

確かに、彼氏からの返信がないと何しているのか不安になるよね。

そうそう。とにかく気持ちの話だね。

また、何度のやり取りしている相手の方が相手のことを知る機会がたくさん生まれます。

相手を知って関係性が近づけば、多少の失敗でも何とかなってしまうものです。

相手も「人」だから必死に対応してくれている姿が伝われば多少の失敗は多目に見てくれます。

完結的な話し方

「結局何が言いたいの?」という話し方をされる方がたくさんいます。

結論は○○です。その理由は△△です。というだけで解決できる話だよ。

結論を先に言われれば、もちろん「なぜ?」という疑問が出て来ます。その結論と自分が想定していた結論が同じだった場合、その理由についての説明で自分と考えが同じであるかの確認作業となりますし、違った場合はどんなプロセスでその結論に至ったのか興味を持ちます。

しかし、結論をあとにして先に説明から入った場合、この話の着地点はどこになるのか分からない状態で話を聞くことになります。その状態だと説明部分を聞いていても頭の中では結論部分を予測する作業をしてしまいます。

そのような話し方をしていると、相手からすれば「この人の話はわかりやすい」となり、これも信用につながることになります。

校長先生の話は長くて退屈だったな。いつも何が言いたいのか分からなかったな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました