【住みやすい街ランキング1位は赤羽】実際に住んで感じる良いところ

日記
スポンサーリンク

住みやすい街ランキングでここ最近常に1位をキープしている街、赤羽。 住みたい街ランキングでは30位以内にすら入っていないのに、住みやす街ランキングの1位はさすがです。

住みたい街ランキング1位は横浜、2位は恵比寿、3位は吉祥寺。

住みやすい街ランキング1位は赤羽、2位は南阿佐ヶ谷、3位は日暮里。

横浜・恵比寿・吉祥寺などは住みたいという憧れはあるけど、実際には家賃相場や利便性を考えると現実的ではないということでしょうか。住んでみても意外と心地良くなかったということでしょうか。

確かに赤羽には大きな魅力ってあまり無いけど、小さな魅力がちょっとずつ存在し、不便を感じる事も無くとても良い環境です。

スポンサーリンク

赤羽の良いところと赤羽の住みやすさ

実際に赤羽に住んでいる私から見た赤羽の良さはこんな感じです。 

●子育て環境が整っている

子供が遊べる場所は公園以外何も無いけど(大きい公園はたくさんあります)、保育園の待機児童数は少なく23区の中では常に20位あたりにいます。我が家は第1希望の保育園に入れました。

また、私も参加しましたが育児をする父親支援のイクメン講座やイクじい・イクばあ講座、子育て中の親を対象とした互いの体験や不安を話し合う「ノーバディズ・パーフェクト・プログラム」、育児に関する講演会なども頻繁に行っています。

道路も広めなので、ベビーカーでの移動も苦になりません。子育てにっこりパスポートをはじめとした割引や特典もあります。

●医療や福祉制度が充実

上記と重なりますが、高校3年生まで医療費は無料。ファミリー層が転居する際、30万円まで助成する制度もあります。

●安い飲み屋が多いのに治安が良い

飲屋が本当にたくさんあります。都内屈指の飲み屋街です。

ここ数年はテレビでも頻繁に取り上げられるようになり、ますます活性化されてきています。しかも安く飲める店がとても多く、千円でベロベロになれるまで飲める店が多いので「センベロ」なんて呼ばれ方もしています。

しかも街の真ん中に小学校があるという一風変わった光景ですが、大きな問題を聞いたことがありません。

紳士的な飲み人が多い街です。

●電車が便利

埼京線、京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ライン、ちょっと離れて南北線が走っているため、どこに行くのも便利です。

池袋には10分で行けるし、新宿、上野、横浜にも乗り換えなし。

埼玉方面、群馬方面、栃木方面へのアクセス抜群です。

さらに、土日の日中の南北線は空いているのでほぼ確実に座れます。

●家賃が安い

私は今は一軒家に住んでいますが、前に住んでいた賃貸は、最寄り駅の東京メトロ南北線の志茂駅(赤羽駅から徒歩20分くらい)から徒歩1分、2LDK、日当たり抜群で家賃10万円という安さ。

ちなみに、赤羽の家賃相場は1Kで7万円代のようです。

●荒川河川敷か近い

何てことないのですが、荒川河川敷にはバーベキュー場もあるし、週末にはサイクリングやジョギングを楽しんでいる方がたくさんいます。

荒川沿いにある荒川サイクリングロードを南下していくと海まで辿り着きまし。

春には綺麗な桜も見られます。

●飲み屋以外にも美味しい店が結構ある

意外と美味しいラーメン屋もあります。

個人的には「夏海」が好きです。内容を入力してください。

個人的には「夏海」が好きです。

麺処 夏海 (赤羽/ラーメン)
★★★☆☆3.74 ■予算(夜):~¥999

それ以外にも、「ほうきぼし」や「金字塔」もオススメです(ミライゑがなくなったのは残念)。

ラーメン以外にも「赤羽あんこ」なども是非!

赤羽あんこ (赤羽/スイーツ(その他))
★★★☆☆3.60 ■予算(夜):~¥999

隠れた美味しいケーキ屋もいくつかあります。

メニュー|洋菓子カフェ かしこ(北区/赤羽岩淵駅)|ケーキのネット予約ならEPARKスイーツガイド
洋菓子カフェ かしこ(北区/赤羽岩淵駅)のケーキのネット予約ページです。信頼できる口コミ、評価、写真などの情報満載です!毎日食べても飽きのこないお菓子作りをモットーに、素材の味を大切にされています

●買い物が便利

ヨーカドー、西友、ダイエーなどの大型スーパーをはじめ、ユニクロや無印、ビバホーム、エキュート、ちょっと歩けばニトリもあります。

私としては角上魚類があるのが嬉しいですね。

西松屋もあるので子育て世代には助かります。若者向けファッションはあまりないけど、池袋まで電車で10分なので問題なし。

●イベント開催日がちょうどいい

赤羽馬鹿祭りは4月、花火大会は10月に毎年開催されます。

暑い時期の祭や花火大会が苦手な私にはこれらのイベントがこの時期に行われるため楽しめます。

●徒歩か自転車での移動が最も便利

逆に車は不便です。徒歩圏内に必要なものはほとんどあります。最悪自転車があれば十分。車は不便に感じます。

しかし最近は自転車の路上駐輪が問題となっております。私も初めて赤羽に来た時は自転車の路上駐輪がやたらと多いなと思っておりました。

そこで、最近は駐輪場も多く設置されるようになってきました。自転車があれば移動には何も困ることはありません。

●街全体が良く分からない

なぜか2019年になって駅の発車音をエレファントカシマシにするなど、突然エレファントカシマシを推しています。このタイミングで?と思う人もたくさんいたでしょう。

他にも、赤羽八幡神社の御朱印が8を横にした「∞」であることからなぜか関ジャニファンの聖地になっているようです。

あと、なぜか美容院がとにかくたくさんあります。表参道もびっくりするくらい至る所にあります。

赤羽という街は加点ポイントは少ないかもしれないけど、減点ポイントが無いように感じます。

東洋大学のキャンパスが出来たのでこれからまた少しずつ変わってくるかもしれませんね。

東京都北区赤羽というマンガ

ちなみに、赤羽の書店では「東京都北区赤羽」という漫画がどこの書店でも必ず一番目立つ場所に置いてあります。「ONE PEACE」よりも赤羽では売れているマンガです。

赤羽に住んでいて知らない人などおりません。

定食屋、病院、歯医者、美容院。どこにでも必ず置いてあります。

赤羽に引っ越す予定の人は事前にマンガを読んで勉強しておいてください。

このマンガから、山田孝之さん主演のドラマもありました。

このドラマで歌っている「TOKYONORTH SIDE」はイエモンの吉井さん作曲です。赤羽のご当地ソング?です。

まとめ

オシャレなカフェは無い、若者向けファッションもあまり無い、映画館も無い、観光スポットなんて全く無い。景色も普通。でも不便を感じることは特に無い。そんな魅力的なマイホームタウン・赤羽です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました