スポンサーリンク

ラディックスはやばい?怪しい電話やゴリゴリ営業の評判と実態

仕事・転職

ラディックスという会社。大手求人サイトなどで頻繁に求人が掲載されております。

しかしネットで見れみるとあまり良くない評判で溢れ返っている会社です。

私が転職エージェントとして働いていた時に、今回はラディックス株式会社出身の人の転職支援をたくさん行ってきました。

そこでは実際に働いていた社員から様々なお話を聞きましたので、会社の裏側など転職しようか迷っている人向けに会社の実態についてお話ししていきます。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
SHIN

1982年埼玉県生まれの38歳。現在は東京都に住んでおり5歳の娘と3歳の息子の二児の父親。

仕事の軸を「キャリアと教育」としており、採用のスペシャリスト。これまでに自社の社員採用や教育、そして転職エージェントとしての採用支援のキャリアを持っており、1000人以上の就職・転職支援を行う。

現在は社員採用に加え、営業推進やマーケティング業務などをやってます。
人事採用関連の経験や元転職エージェントとしての経験で培った転職情報、そして父親として学んだ子育て育児情報を中心に発信していきます。

記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。

ラディックス株式会社とはどんな会社か

ラディックスは「オフィスの情報化を支援する企業」とうたっており、ソリューションというかっこいい響きがあるように聞こえますがコピー機などの0A機器の販売を行っている会社です。

OA機器の販売以外にもその他の事業はやっておりますが、約1200名いる社員数のほとんどはOA機器販売に関連した業務に従事しております。

この手の会社は世の中にたくさんあります。以前こちらで紹介した光通信も同じです。

同業他社との差別化が非常に難しく利益率も低いため、とにかくたくさん販売しなければ会社の売り上げは伸びません。つまり、必然的にイケイケの営業になってしまいます。

相手が新しいコピー機を必要としていなくても

こちらの機械に切り替えれば料金が安くなりますよ!

と営業をして、実際は大して料金が変わらないし、むしろ高くなることもあったりするのですがこを上手いこと安くなるように見せかけえて販売していくような営業です。

このような営業スタイルが合わない人が多いので離職率はとても高い業界ですが、ラディックスに関して言えば給料が高く、社員同士が仲が良いというのがと特徴的な会社です。

本社〒102-0072
東京都千代田区飯田橋1-5-10 教販九段ビル1階
tel.03-5210-7731 fax.03-5210-2680
設立2004年8月20日
(RADIX・CG設立1991年12月、2004年10月1日「分社化の実施」)
資本金5,000万円
代表者代表取締役 本間 省三
従業員数1,248名(グループ全体)
平均年齢31歳
事業所札幌 / 仙台 / 城東 / 渋谷 / 池袋 / 町田 / 立川 / 横浜 / 藤沢 / 船橋 / 柏 / 浦和 / 熊谷
静岡 / 浜松 / 名古屋 / 金沢 / 京都 / 大阪 / 神戸 / 広島 / 北九州 / 福岡 / 熊本
事業内容法人向け情報化支援事業電話機・複合機・パソコン等のハードウェアの販売、保守 / 業務パッケージソフトの開発、販売
レンタルサーバーサービス・プロバイダーサービス・IP電話サービス / ホームページの企画、制作
許認可一般建設業許可
東京都知事 許可(般-30)第149648
電気通信工事業・管工事業
総務省届出番号(電気通信事業者)第 A-16-8079号
総務省届出番号(媒介等業務受託者)第 C1901231号

東京都公安委員会 古物商許可 301000806517
プライバシーマーク 登録番号 10820257

労働者派遣事業 許可番号 派13-314514
有料職業紹介事業 許可番号 13-ユ-311624
登録支援機関 登録番号 20登-003561
主要取引先東日本電信電話株式会社 / エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社 / シャープマーケティングジャパン株式会社
富士ゼロックス東京株式会社 / サクサ株式会社
ムラテック販売株式会社 / 株式会社高文 / 楽天コミュニケーションズ株式会社
オリックス株式会社 / NTTファイナンス株式会社 / 株式会社クレディセゾン
シャープファイナンス株式会社 / 三井住友ファイナンス&リース株式会社

ラディックスの実態とは

求人広告や口コミサイトなどネットで探せば様々な情報が出てきますが、今回は私が転職エージェント時代や採用をやっていて実際に働いていた社員から聞いた生の声をご紹介します。

若手中心のイケイケな社風

とても若い社員が多い会社でサークルの延長のようなノリの雰囲気があります。

飲み会なども頻繁に行っていますが、嫌々参加している社員がほとんどいないのも特徴的です。また、社員旅行で海外に行く時もあったりしますし、社員同士がとても仲の良い会社です。

何事も気合と根性で乗り切る体質であり、大声を出して行う朝礼もあったりするくらいなのでバリバリの体育会系営業組織です。

ちなみに、大声での挨拶が「ザイス!」。これは光通信の「ゾス!」に近いものを感じます。

売り上げを出した人が正義の会社なので、昇進昇給のカギを握るのは数字を出せるか否かです。

売っている商材がコピー機などであるため、そうそうニーズのあるお客さんを見つけられません。

そのため、「まずはアポイントを取るためにとてつもない数の電話をかけまくる必要があり、そんな電話の中で、なんとかキーマンにつないでもらえるようにトークを粘り、そしてやっとの思いでアポイントを取得して訪問して課題を聞き出してメリットを伝えて契約してもらう」という粘りに粘りが必要な営業であるため、営業で数字を上げるには相当な気力が必要となります。

それでも”仲間がいるから”という気持ちで頑張れる人でないとこの会社でやっていくのはきついことでしょう。

激しい営業スタイル

営業スタイルは全てテレアポで新規営業をやっていくゴリゴリな営業です。それも1日に200~300件はテレアポをします。

テレアポをする日”と”訪問をする日”に分けられており、テレアポをする日はひたすら1日中テレアポをしています。

訪問をする日はアポイントの状況によっても異なりますが、5〜7件前後訪問します。

営業なので売り上げを作っていかなければなりませんが、目標を達成できなければ上司から詰められます。上司にもよりますが、激しく詰められることもあります。

給与水準はかなり高い

やった分だけちゃんと評価してもらえる会社です。ボーナス年3回あり、その他インセンティブもあります。

もちろん売り上げが無いと基本給分しか出ませんし昇進ありませんが、売上の上げられない営業社員が昇進している会社の方か珍しいでしょう。

そんなのはどこの会社でも当然のことです。

その中でも特に数字に対する意識が強い会社なので、評価基準は明確にわかりやすい制度となっております。

課長になれば1000万円は超えていきます。

早ければ3~5年くらいで課長になれますので、とにかく稼ぎたい人には良い会社です。

残業も少なく年間休日は130日

以前は朝7時から23時くらいまで働くのが当たり前の環境でありましたが、最近は労働環境はかなり改善されてきており、20時には全員退社しております。

20時にPCが強制的にシャットダウンしてしまうため、あまり残業が出来ない環境となっております。

しかも土日祝は完全に休みであり、更にはGW、お盆、年町年始と年に3回ある大型連休もあり、年間休日日数は130日ほどにもなります。

求人票ではこのくらい休みがあると言っておきながら実態は全く違うという会社は実はたくさんあります。なんだかんだの理由をつけて結局休みが取れないなんて会社もあるのですが、ラディックスはそんなことはありません。

休日出勤している社員も全くいないで、休みはしっかりと取得できます。

そういった会社に限って実は家に仕事を持ち帰っているなんて会社もあったりするのですが、ラディックスに関してはそういったことも一切なく、サービス残業などは全くありません。

ワークライラバランスはしっかり取ることが出来ますので、家庭のある方や休日も充実させたい方にはとても良い労働環境です。

ラディックスに転職するにはどうしたら良いのか

売っている商材がコピー機などです。あなたはコピー機に愛着を持てますか?

自分で設計してコピー機を作ったり、武藤工業やミマキエンジニアリングのような特殊な産業用プリンターなら話は別ですが、一般企業のオフィスで使うコピー機にそこまで愛情を持って売るというのは私には出来ません。

なので、働く目的は「お金」であったり、「一緒に働く社員」に目が向けられるのではないでしょうか。

特に学生時代にイケイケのサークルで楽しんでいた方には雰囲気も合うのではないでしょうか。

反対に、おとなしいひとには会社の雰囲気には合わないのでやめておいた方が無難な選択です。

求人に掲載されている給与もさすが高めですね。

【関東圏】月給23万2000円
【関東圏以外】月給22万2000円

• 年2回の賞与に加え、
• 決算賞与“平均105万3000円”を支給しています。
• (設立以来毎年支給/金額は2018年実績)
• 営業スタッフの平均年収【800万円】
※経験・能力を考慮の上、優遇いたします。
※上記は最低支給額です。年齢により基本給が変わります。

初年度年収 
300万~750万円

モデル年収例
年収671万円 主任職 経験2年/手当44.4万円
月給27万円+賞与126.9万円+業績給175.7万円+家族
年収1079万円 課長職 経験4年/
月給42万円+賞与206.8万円+業績給311.8万円+家族手当56.4万円

ラディックス株式会社ホームページより引用 https://www.radix.ad.jp/recruit/c-consultant.html

採用されるためには、

若くて元気があること

これで採用が決まります。

反対に、元気がなかったり若くない人は採用されません。基本的に採用されるには20代です。

応募資格も非常にシンプルで。”学歴不問 28歳まで ≪未経験者・第二新卒者歓迎!≫”だけです。

業界知識やスキルなどは必要ありません。必要な知が入社後の研修で全て覚えることになりますし、研修で覚えられるくらいの内容です。

入社のハードルは低めですのでますは営業の経験を積みたい方には良いきっかけになる会社です。

大手の求人広告媒体には頻繁に募集が出ているので、応募したい方は確認してみましょう。

ラディックスで働いていた人は次にどんなキャリアを送っているのか

同じような商材を扱っているような会社やゴリゴリ系営業には転職したやすいのですが、そのような会社でここまで残業が少なかったり休日出動が無い会社などあまり無いので、同じような会社に転職してもあまりメリットが無いことと思われます。

それよりもベンチャー企業に転職していった方がおもしろいキャリアにはなります。

ベンチャーの営業もなかなかタフな世界でありますが、これまでに無いサービスを作り出したり、世の中にインパクトを与える仕事が出来るので仕事のやりがいは持てるようになるのではないでしょうか。

ベンチャーで働くにはワークライフバランスの実現は難しくなりますが、ラディックスで養った営業力は確実に活かせますし、コピー機売っているよりもおもしろいのでチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

オススメの転職エージェント

総合型転職エージェント

女性向け転職エージェント

  • ママ向けキャリア転職支援サービス【ママキャリ
  • キャリア女性向け転職サービス【LiBzCAREER

業界・職種特化型転職エージェント

新卒・第二新卒向け転職エージェント

コメント

タイトルとURLをコピーしました