スポンサーリンク

仕事辞めたい疲れた!20代・30代・40代の取るべき行動と原因&対策を解説

仕事の悩み・仕事術

この記事を読んでいる人は「仕事を辞めたい」や「仕事に疲れた」と思っている人がほとんどでしょう。

結論から言うと、人生何とかなるのでそんなに深く考えなくても大丈夫です。

仕事なんていくらでもあるので、今の仕事を辞めても生きていけます。

しかし、「じゃあ辞めよう」と安易に行動を起こすのは危険です。

ここでは、 仕事の悩みを解消する方法や、「退職」以外の選択肢でも出来ること。「退職」を選ぶならどんな準備をすれば良いのかなど、 正しい選択が出来る方法について解説していきます。

滝谷真也が薦める転職支援サービス 《転職エージェント・転職サイト》

転職エージェントは複数利用して活用しましょう!

  • LIBZ
    新しい働き方を叶える転職サイト
  • VIEW
    若手ハイクラス向け転職サイト
  •  ミイダス
    あなたの市場価値を見出すアプリ
  • Geekly
    IT・WEB・ゲーム業界専門
誰にも教えたくない隠れた超優良企業リスト

併せてこちらの記事も読んでみてください!

目次

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
滝谷真也

1982年埼玉県生まれの40歳。現在は東京都在住。仕事の軸を「キャリアと教育」としており、採用のスペシャリスト。これまでに自社の社員採用や教育、そして転職エージェントとしての採用支援のキャリアを持っており、1000人以上の就職・転職支援を行う。

現在は社員採用に加え、営業推進やマーケティング業務などをやってます。
人事採用関連の経験や元転職エージェントとしての経験で培った転職情報を中心に発信していきます。

記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。

20代の人の仕事でよくある悩み

年配者から見ると「若いから大丈夫だろ」 と何の根拠も無く安易ことを言ってくる人もたくさんおりますが、 20代だって悩みはたくさんあります。

自由な時間が少ない

学生時代は楽しい日々を過ごしていたのに、社会人は辛いと感じている人も多いことでしょう。 

なぜなら、時間も行動も「自由」の制限が多くなってしまっているからです。 自由が無ければ、楽しい人生など送ることは出来ません。

人生の時間のほとんどを仕事に費やすことになり、 好きなことが出来なくなってしまいます。

社会人になって間もない時期は、この自由な時間を確保出来ないということはかなりのストレスになってしまいます。

将来的なキャリアが見えない

将来に対する不安もあることでしょう。 先輩社員や上司を見ていて「本当にこの会社で働いていて大丈夫なのだろうか」と思うこともあるでしょう。

30代の社員の年収や仕事を見ると、 将来の自分の姿と重ねて見るようになります。

すると、数年後の自分がどうなっているのか見えてしまい、絶望感を持つこともあると思われます。

その絶望感が、将来の不安を煽ることになってしまいます。

人間関係が合わない

会社はみんなが仲の良い関係というわけではなく、 様々な人がいる中で働かなくてはなりません。

その中には、どうしても自分とは合わない人も必ずいます。

そうした環境の中でも1日8時間以上の時間を共にしていかなければならないので、ストレスがかかるのは当然の話です。

退職理由で最も多いのは、この人間関係によるものです。

職場環境は、 働くモチベーションに大きく影響を与えます。

他の仕事が良く見える

20代後半にもなると、友人の結婚式などで学生時代の友人と集まる機会も多々あることでしょう。

そして、友人の仕事の話を聞くと、とても楽しそうに聞こえてきます。

もちろんその友人たちもたくさんの苦労をしているのは当然ではありますが、 良い部分ばかりを話すため、キラキラしているように見えたりしてうらやましいと感じてしまうこともあります。

そうすると、自分の置かれている立場がとても悪い環境にのように見えてきてしまいます。

今の仕事が自分に合っているのか分からない 

学生時代は働いたことが無いので、自分にはどんな仕事が合っているのか分かるはずがありません。

そんな状態の中で就職活動を行っていたのですから、今の自分の仕事が本当に自分に合っているのかなど分かりません。

こんな悩みを持っている人も、20代ではたくさんおります。

仕事についていけない

若いうちはまだまだスキルも足りないし、仕事のやり方も分かっていないため仕事についていけない人もたくさんおります。

そして、多くの残業をしたり、休日も勉強するなどで疲れ果ててしまったりもします。

このように、20代には様々な悩みを持って働いている人がたくさんおります。

悩むことは当然のことですので、安心してください。

30代の人の仕事でよくある悩み

「30代なら家族のためにバリバリと働くのは当たり前だ」 と思っている人も かなりおりますが、 30代だって仕事の悩みはたくさんあります。

ハードワークに耐えられる体力が無くなってきた

若い頃は毎日夜中まで働いても体力は問題無かったという人もいると思われますが、30代になってくると体力も衰えてきます。

もちろん、最近は働き方改革もあり、 残業規制も厳しくなってきております。

どうやって効率よく高いパフォーマンスを発揮するのか、常に悩んでいる人もたくさんおります。

また、肉体的疲労が蓄積すると、そこから精神的疲労となり、仕事に行くのも辛くなってしまいます。

20代では出来ていたことが、30代になって出来なくなってきてしまうところで一番大きいのは、この体力的な部分です。

周りは役職が就いているのに乗り遅れている 

周りは管理職になってきているのに、自分はなかなか昇進出来ずに現在の環境や将来が不安に感じている人もいることでしょう。

そうなると、「このままこの会社にいても自分は良いのだろうか」と悩んでいる人もたくさんおります。

周りなど気にしないで自分のペースで働いていけば良いのですが、人間は周囲の目をきにしてしまう生き物なので、そういうわけにはいかないでしょう。

これもストレスの原因となる大きな要素です。

仕事と家庭の両立

会社で一生懸命働き、家に帰ってゆっくりしようかと思うと家事や育児に追われてなかなかゆっくりすることが出来ない人もたくさんおります。

せめて土日くらいはゆっくりしたいと思っても、なかなかそんな 時間も取れなかったりもします。

1人でゆっくりと過ごせる時間が無いため、 ストレスは溜まる一方です。

また、仕事では上司と部下の板挟みになり、家庭内でも居場所が無くなっている人もいることでしょう。

憧れていた仕事に未練がある

20代の頃は、仕事について良く分からずに働いていた人も多いと思われますが、仕事をしていく中で業界について、そして職種について、30代にもなれば幅広い見識を持つようになってくるでしょう。

すると、今の仕事ではなく、新たな分野にチャレンジしたいという気持ちが芽生えてきます。 

今のままで良いのか。 新たに挑戦するのか。

人生の選択はかなりの悩みのポイントであります。

このように、30代には様々な悩みを持って働いている人がたくさんおります。

悩むことは当然のことですので、安心してください。

40代の人の仕事でよくある悩み

「40代はもうバリバリ働いているので悩みなんて無いだろう」 と思われてしまいがちですが、 40代だって悩みはたくさんあります。

子育てでお金が必要だが収入が上がらない

家庭を持っている40代は、最もお金が必要となる時期です。

子どもの教育費に加え、家のローンなど、出費が絶えません。 自分の小遣いに回ってくる金額も少なくなってしまいます。

しかし、なかなか収入も上がらない。

これについて、40代は最も悩まれている方が多いことでもあります。

キャリアのゴールが見えてしまう

20代前半から社会人が始まり、65歳で定年を迎えるとすると、40代は社会人人生の折り返しとなります。

この世代から一気に成長していくのはなかなか難しいことでしょう。

これまでの経験から見て、今後自分がどのようになっていくのかある程度想像が出来てしまいます。

その想像した姿に夢を持てるようでしたら良いのですが、ほとんどの人は夢を持てるような姿は想像出来ないのではないでしょうか。

その絶望感が、 将来の不安を煽ることになってしまいます。

今まで経験したことのない仕事にチャレンジしてみたい

40代にもなってくれば、スキルも身に付いてきていることでしょう。

そして、20代の時のように、常に新しい発見があるわけでもなく、毎日同じことを繰り返す日々を過ごしている人はたくさんおります。

その退屈な生活から抜け出したく、新たなことにチャレンジしたい気持ちも芽生えます。

しかし、「もし失敗したら」 などリスクを考えてしまうのでチャレンジすることに躊躇してしまいます。

体力的にしんどくなってきた

20代のうちはいくらでも働けたという人も多いと思われますが、40代にもなってくると体力は確実に衰えてきます。

通勤時間も苦痛だと感じる人も多いことでしょう。

在宅で働きたいと思っていても、会社によってはなかなか在宅勤務が許可されていない会社もあります。

反対に、在宅勤務ばかりでもONとOFFの区別が出来ずに疲れが増してしまうこともあります。 

40代になると、この体力の衰えの悩みは必ずどこかで出てきます。

悩むことは当然のことですので、安心してください。

勢いで辞めると失敗する可能性がある

様々な悩みを持っているのは当然のことではあるのですが、「仕事が嫌だからもう辞めてしまえ」と勢いで辞めると、危険がたくさんあります。

経験やスキルが少ない

20代は経験が少ない分、 浅いスキルしかない人がほとんどでしょう。しかし、仕事も覚えてきて、 取引先からの評判が良い人もおります。

そんなところで自信を付けて、独立したリフリーランスでやってこうと思っていざやってみると、「実は会社の看板で仕事をしていただけだった」ということに気づく人もたくさんいます。

フリーランスの場合、 結果を出せるか否かのみで評価されます。 

自分の実力を過大評価してしまっている人もたくさんいるので、 自分の力を客観的にしっかりと把握しておく必要があります。

なかなか仕事が決まらなかった時にブラック企業に入ってしまう可能性がある

離職期間が数か月なら問題ありませんが、離職期間が年単位になってしまうと企業は「この人は大丈夫?」 と思うようになり、 転職に苦労することになります。

すぐに仕事が決まれば良いのですが、 必ずしもそうとは限りません。

そして、採用してもらえる企業は、誰も選ばないようなブラック企業しかなくなり、 入社後早期に退職するという負のループに陥ってしまいます。 

転職しない方がよかったと後悔する

「やっぱり前の会社が一番良かった」と、退職する前の会社の方が実はまだ良かったと後悔することもあるでしょう。

私はこれまで数多くの求職者と面談をしてきておりますが、 面談の中で 「これまで経験した会社の中でどの会社が働きやすかったですか?」という質問をすると、直近で働いていた会社と言う人に出会ったことはほとんどありません。

みなさん、昔働いていた会社が実は一番良かったということに、後になってから気づいております。

そうならないためにも、まずはいきなり 「退職」 という選択肢を選ぶのではなく、「退職は最後の手段」として考えておいた方が良いでしょう。

経験があるから大丈夫だと思っていたら他では通用しなかった

30代や40代にもなれば、それなりに経験値を積んできて自分のスキルに自信を持っている人も多いことでしょう。

部下を教育する立場になっている人も増えてくる世代です。

そのため、「自分の力があればどうにでもなる」 と思っていたものの、 いざ会社を出てみると全く力が発揮されないというケースもよくあります。

自分の実力を過大評価してしまっている人もたくさんいるので、 自分の力を客観的にしっかりと把握しておく必要があります。

辞める前に考えるべきこと

冒頭でもご紹介したように、 仕事は辞めても何とかなります。

しかし、本当に辞めることが正解なのか、辞める前に一度考える 必要はあります。

辞めてしまって後悔しないためにも、まずは辞める前に立ち止まって一度これらのことについて考えてみましょう。

辞めたい理由を深掘する

漠然と 「仕事を辞めたい」 と思っていることを、具体化させましょう。

そうしないと、転職をしたところで環境は何も変わりません。

  • なぜ辞めたいのか
  • 何が嫌なのか
  • 自分はどうなりたいのか

など、辞めたい理由をしっかりと把握するようにしましょう。

「なんとなく」 で辞めてしまうと、恐らく次の仕事も 「なんとなく」 入社して、 また 「なんとなく」 辞めてしまいます。

仕事は辞めても次は見つかるものですが、あまり職を転々とするのは良いものではありません。

辞める理由はしっかりと考えておく必要があります。

辞めた時のメリットとデメリットを考える

辞めたいと思った時は、辞めるための理由を考え、辞めることを正当化させてしまいます。

しかし、辞めた方が良い場合と、そうではない場合があります。 

まずは辞めた時のメリットとデメリットを紙に書いてみましょう。

漠然と考えているよりも実際に紙に書くことにより、目に見えて分かるようになるので紙に書くことをおすすめします。

そして、翌日・一週間後などに改めてその紙を見てみましょう。 

一度冷静になって考えてみると、 また違った考えになります。 

退職するか判断する

今の仕事の好きなことろを3つ。 嫌いなところを3つ書いてみます。

そして、嫌いなところを反転させて、自分が重要視していることから順に優先順位を付けてみます。

嫌いなところが 「好き」 に変わったことで、それが上位3つになるようでしたら転職をすると良いでしょう。

例えば私の場合は、

【好きなところ】 

  • 人間関係が良い
  • 会社が安定している
  • 残業が少ない

【嫌いなところ】 

  • 仕事がつまらない
  • 給料が低い
  • 会社の古い体質

この嫌いなところを反転させると

  • 仕事が楽しい
  • 給料が高い
  • 会社が今風の体質

となります。

この3つと、最初に書いた 「好きなところ」 の合計6つで 自分が仕事をする上での大切にしたいことに優先順位を付けていきます。

私の場合は、 

  1. 人間関係が良い
  2. 残業が少ない
  3. 仕事が楽しい
  4. 給料が高い
  5. 会社が安定している
  6. 会社が今風の体質

この中で、嫌いなことを反転させたのは③④⑥です。

私の場合は、現状に不満があるのは③の 「仕事がつまらない」 というところとなります。

つまり、それ以外の部分はなんだかんだで満足しているということになります。

というわけで私の場合は今は転職をしない方が良いのでしょう。

家族や友人に相談する

客観的に見ると辞めるべきではない人もおります。

客観的な意見を聞くためにも、まずは家族や友人に相談をすることをおすすめします。

家族や友人も、 あなたと同じように悩みを抱えて生きております。

家族や友人も、あなたと同じような悩みを既に経験してきているかもしれません。

他の人の経験談を聞くことで、 新しい道が見えてくるかもしれません。

気分転換をする

ストレス発散には気分転換も必要です。

美味しいものを食べたり、趣味に没頭したり、旅行に行くのも良いでしょう。

しかし、旅行に行っても晴れた気分が続くのは旅行が終わってから数週間程度という研究結果もあります。

一時的にはストレスは解放されますが、 それで十分な場合は定期的に適度にストレス発散をしていきましょう。

転職エージェントに相談をする

気分転換も大切ですが、ストレスの原因となっている根本的な原因を排除しない限り、ストレスはかかり続けることになります。

このストレスの原因が仕事である場合、 「仕事を辞めるわけにはいかない」と思い続けてしまうと、やがてストレスは限界に達し、体を壊してしまいます。

「仕事を辞めても自分は何とかなる」 と思うだけでも、気分はとても楽になります。

つまり、「いつでも辞められる」 と、 自分に保険をかけておくことで、 ストレスはかなり軽減されます。

そのために、まずは転職サイトや転職エージェントに登録だけしてみることをおすすめします。

転職サイトを見ていると、 世の中にはたくさんの仕事があるということが 分かると思います。 それだけで、自分の可能性が広がることを実感することでしょう。

また、転職エージェントに登録してキャリア相談をしてみると、 自分の市場価値を知ることが出来、いくらでも転職が可能なのだということが分かります。

併せてこちらの記事も読んでみてください!
・>>【最新版】おすすめの転職エージェントを元転職エージェントが厳選紹介!

適職診断を受ける

適職診断を受けてみるのも良いでしょう。

「自分にはどんな仕事が合うのか」 などを知ることはとても大切なことです。

そして、「いつでも辞められる」と思うだけでも、気持ちはかなり楽になります。

実際に転職をしなくても、履歴書や職務経歴書を作成して転職の準備をしておくこともとても大切なことです。

自分のキャリアを振り返る良い機会になりますし、いつでも退職出来る準備を進めておくだけで、いざ退職の意志を固めた時にスタートダッシュを切ることが出来ます。

私も常に履歴書と職務経歴書は最新のものにアップデートしており、 常に転職サイトや転職エージェントに登録をして情報を収集しております。

「年収査定診断」 を受けてみる 年収診断を受けてみるのも良いでしょう。

「転職したらどのくらいの年収がもらえるのか」「自分にはどのくらいの年収が見合っているのか」 などを知ることはとても大切です。

診断結果から、あなたの市場価値を知ることが出来、 将来的なキャリアの 可能性も具体的に見えるようになります。

20代・30代に向けに特化した適職診断サービスがあります。

公式サイトはこちら >> VIEW – 日本初AIキャリアシミュレーション

他にも、転職エージェントに登録すると、自分の市場価値を知ることができるので是非一度登録をして見ましょう。

併せてこちらの記事も読んでみてください!
・>>【最新版】おすすめの転職エージェントを元転職エージェントが厳選紹介!

仕事を辞めても大丈夫な理由

冒頭でも説明しましたが、 仕事は辞めても全く問題ありません。

20代は可能性の塊

  • まだ若いからやり直しはいくらでも出来る
  • 若いうちに様々な経験をした方が後に財産になる
  • 20代を採用したい企業はたくさんある
  • 無駄な時間を過ごすことに意味はない
  • そんなに周りと年収に差がない
  • 体を壊してからでは遅い
  • 失業保険がもらえる

30代はまだまだ若いから大丈夫

  • 経験を活かした転職が出来る
  • 現職よりワンランク上の役職で転職が出来るかもしれない 
  • 今の30代はまだまだ若手であり転職市場では需要がある
  • 世の中にはたくさんの仕事がある
  • スキルがあればフリーランスでも仕事はやっていける
  • 失業保険がもらえる

40代でも採用したい企業はたくさんある

  • 経験者、マネージャー層が欲しい中小企業は多い
  • ミドル、ハイクラスを対象にした転職エージェントはたくさんある
  • 無駄な時間を過ごすことに意味はない
  • 年収を上げるなら社内昇進より転職した方が早い
  • 体を壊してからでは遅い
  • 失業保険がもらえる

一度しかない人生。 無駄な時間を過ごさずに、楽しい時間を過ごしましょう。

滝谷真也が薦める転職サービス<転職エージェント・転職サイト>
エージェント名特徴オススメ度20代30代40代未経験者経験者
リクルートエージェント転職支援実績、保有求人数1位⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
LIBZ新しい働き方を叶える転職サイト⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
ハタラクティブ転職が初めての20代向け⭐️⭐️⭐️⭐️×
VIEW若手ハイクラス向け転職サイト⭐️⭐️⭐️⭐️×
テンプスタッフ未経験でも安心の大手派遣会社⭐️⭐️⭐️⭐️
ミイダスあなたの市場価値を見出すアプリ⭐️⭐️⭐️⭐️
キャリアスタート新卒学生向け就職エージェント⭐️⭐️⭐️⭐️×××
アージスジャパン外資系・ミドル・ハイクラス転職に強い⭐️⭐️⭐️⭐️
ギークリーIT・Web・ゲーム業界特化⭐️⭐️⭐️⭐️
転職ドラフトIT/Webエンジニアの転職に特化⭐️⭐️⭐️⭐️
アクシスコンサルティングコンサルティングファームの転職⭐️⭐️⭐️⭐️×
宅建Jobエージェント不動産業界を専門とした転職支援サービス⭐️⭐️⭐️⭐️
RSG Real-Estate Agent建設・不動産業界に特化⭐️⭐️⭐️⭐️
助太刀社員建設会社と職人のマッチングアプリ⭐️⭐️⭐️⭐️
カイゴジョブ国内最大級の介護求人サイト⭐️⭐️⭐️⭐️
ココカイゴ転職
厚生労働大臣認可の介護求人の専門サイト⭐️⭐️⭐️⭐️
絶対利用したい転職エージェントまとめ
おすすめの転職エージェント
転職エージェントの評判

併せてこちらの記事も読んでみてください!

あの会社はブラック企業?ホワイト企業?評判や口コミ情報
採用担当が教える 絶対に転職が成功する転職マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました