スポンサーリンク

仕事の辞め時のサインってあるの!?判断基準を見極める方法について解説

仕事の悩み・仕事術

ストレスなく仕事をやっているという人はほとんどいないことでしょう。

そして、皆さん一度は仕事を辞めたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

今回は、どんな時に仕事が辞め時なのか。仕事の辞め時のサインと判断基準について解説していきます。

滝谷真也が薦める転職支援サービス 《転職エージェント・転職サイト》

転職エージェントは複数利用して活用しましょう!

  • LIBZ
    新しい働き方を叶える転職サイト
  • VIEW
    若手ハイクラス向け転職サイト
  •  ミイダス
    あなたの市場価値を見出すアプリ
  • Geekly
    IT・WEB・ゲーム業界専門
誰にも教えたくない隠れた超優良企業リスト

併せてこちらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
滝谷真也

1982年埼玉県生まれの40歳。現在は東京都在住。仕事の軸を「キャリアと教育」としており、採用のスペシャリスト。これまでに自社の社員採用や教育、そして転職エージェントとしての採用支援のキャリアを持っており、1000人以上の就職・転職支援を行う。

現在は社員採用に加え、営業推進やマーケティング業務などをやってます。
人事採用関連の経験や元転職エージェントとしての経験で培った転職情報を中心に発信していきます。

記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。

これが起きたら仕事を辞めた方が良いサイン!

「仕事を辞めたい気持ちはあるけど、決定打もないし…」そんな気持ちで、どこかモヤモヤしたまま仕事を続けていないでしょうか?

とはいえ、決定打があったからといっても、感情的になって仕事を辞めるのも良策ではありませんが…。

辞め時の判断基準や辞めたくなる状況・出来事は人それぞれ違います。

小さな辞めたくなる経験が溜まっている場合もありますし、他の人ならとっくに辞めているような状況にも関わらず、忍耐力があり過ぎて辞める決心がつけられていない場合も…。

そんな時に一般的な【辞め時のサイン】や【辞め時の目安】がわかれば、もっと気楽に行動に起こせそうではありませんか?

誰しも、退職するって勇気がいりますから。

「ここで辞めて良いのだろうか?」「本当に自分はもうこの会社ではやっていけないのだろうか?」…そういった思いの良し悪しを見極めるべく、辞め時のサインになる分岐点をご紹介します。

複数該当する方は、前向きに転職を検討してみた方がいいかもしれません。

辞め時サイン①嫌になる原因が解消されたとしても無理!

辞めたいと思っているきっかけや原因を長期的・慢性的に感じている場合、その原因が解消されたとしても、前向きにやっていきたいと思う気持ちすら起きないことがあります。

ここまでくると、その仕事や環境、会社自体についていきたいとすら思っておらず、もはや「嫌い」の領域にまで達している証拠です。

要はその会社や同僚に、信用も価値も見いだせなくなっている状態になっています。これじゃ、やる気も起きませんしね。

辞め時サイン②「だめだこりゃ」と感じることが多い!

自分を下げてまで続ける必要はありません。

しかし、もちろん会社組織ですから、社内ルールもありますし、自分の思うままにできるわけではありませんので、その判断は冷静にしてほしいのですが、会社の体質そのものが完全に自分に合っていないケースも考えられます。

たとえば、年功序列で結果を出しても評価されない…。法的・労働基準法的にアウトなことが多発している…。

こんな状況では将来性が見えず、前向きに取り組めないのは当然ですよね。

辞め時サイン③同じ悩みがずーっと消えない

給与の低さ、残業の多さ、離職率が高くて人が続かない人間関係や勤務環境、福利厚生や有給に関しての不満、どうやっても仕事内容を好きになれない・向いていないと感じる…など、しばらく時間をかけて、様子見をして変化がないか待ってみたけど、一向に同じ悩みが消えない…。

そんな状態であれば、これは辞め時の証拠。

同じような悩みやモヤモヤが時間をかけても消えないのであれば、一時的な不快感ではありません。

この先もきっと,、この類の不満を抱き続けていくのではないでしょうか。

というのも、ここで挙げた内容に関しては、自分がどれだけ頑張ってもどうしようもない一面があるからです。

会社の体質であったり、暗黙の了解であったり、そもそもの職種の特性であったり、合わせようとしたところで嫌なものは嫌なわけで、合わないんです。

ここまできてしまうと、自信のモチベーションコントロールだけではやっていくことは不可能です。

辞め時サイン④心が限界!やる気が出ない…

やる気が出ない、感情を殺して働くロボット状態、モチベーションも上がらない、会社の人間関係が耐えられない…など、働く気力が出ないような場合は、辞め時のサインです。

こういった心境のまま続けてしまうと、本当に心が壊れてしまって、転職活動はおろか、しばし休養を取らないといけなくなってしまう可能性大!

真面目な人や責任感の強い人ほど、心の悲鳴を押し殺してしまいがちですが、壊れてしまう前に、次を考えていくことをおすすめします。

辞め時サイン⑤他にやりたいことが見つかった!

仕事の興味、自分のやりたいことの興味が、すでに今の仕事とは違う方に向いていて、心ここにあらず状態…。

そんな状況であれば、喜んで前向きに転職活動をしていきましょう!

やってみたいことはあるけど今の仕事辞めて良いのかな…と不安がある心境だとしても、転職エージェントに相談してみるだけでも良いですね。

やらないでいて後から後悔するよりも、やりたいという前向きな気持ちがあるのであれば、挑戦していきましょう!決して「やりたい」を諦める癖をつけないように!

これは仕事を辞めない方が良いサイン!

注意したい辞め時サイン”もどき”もあります。

人間って、自分に厳しくし過ぎることもあれば、自分に都合の良いように状況を解釈してしまうこともあるんですよね…。

それに辞めたいと思う感情って、考えだすとそう簡単に解消できる感情でもありません。疑心暗鬼になって、嫌な気持ちの方に引っ張られてしまうこともあります。

そういった場合は、少し冷静に考えてみるのもありですよ!

一時的に辞めたい思いに駆られているだけ?

「あの上司の元で働くのは嫌!」「異動で合わないところに来てしまった…」、あるいはたまたま疲れがたまっているタイミングや、ちょっと嫌なことがあったタイミング…。

一時的に嫌な気持ちがあるだけの状況の可能性はないでしょうか?

たとえばですが、その上司が異動になる可能性はないでしょうか?
人事に掛け合って解決できることはないでしょうか?
少し有給を取ってリフレッシュしたら、モチベーションが復活しませんか?

怒りや不快な感情を抱いた時って、冷静に考えるのが困難になる時もあります。また、疲れている時も同様に、投げやりな発想しかできなくなることも否めません。

その時の感情だけで、自分が好きな仕事なのかどうか、会社自体・仕事自体が嫌なのかどうか、そういった大事なポイントまで見落としていないでしょうか。

不快な感情イコール辞め時と思い込んでいまわないように注意してください。

以前も人間関係で辞めたけど…今回も人間関係で辞めたい…

いつも人間関係で悩みがちだったり、以前にも転職したことがあって、その離職の理由が人間関係だったり…人間関係の悩みで毎度、退職を考えているようであれば考えものです。

しかし、実際には人間関係が退職理由の上位になっているのは事実。

1日の大半を過ごす場所ですから、人間関係のストレスは誰しもつらいんですよね…。

ただ、忘れてはいけないのは、たとえ転職したとしても、人間関係に悩む可能性はあります。

ハラスメントなどの明らかな劣悪な人間関係が理由であれば、辞め時のサインといえますが、自分がいつも同じようなシチュエーションの人間関係から辞めたくなるのであれば、それは辞め時のサインではなく、自分を冷静に見つめる必要があるサインなのかもしれません。

精神的にきついのであれば無理する必要はありませんが、この機会に己を振り返って、転機にするのもひとつですよ。

不満はあるけどなんの行動を起こしてもいない…

あれこれ不満がある場合であっても、冷静に考えてみてください。その不満の解決のために、なにか行動を起こしたでしょうか?

もし、なにもしていないのであれば、退職を考える前にまだできることがあるかもしれません。

やるだけやってみてダメだったということであれば、潔く転職活動に頭を切り替えられますよ!仕事の内容が嫌いなどの致命的な理由でもない限り、解決のための行動を起こしてみる価値はあるのではないでしょうか?

世間的な退職理由に振り回されないように注意!

世間的に辞め時のサインのような出来事ってありませんか?

たとえば、結婚や、親の介護、子供ができた(出産や育児)などの、自分の生活が大きく変化を迎えるタイミング。

こればっかりは自分の想定どおりにならないことですからね。

致し方ないような理由だからといって、辞め時のサインかなと思うのは少し早いかも?いきなり退職を決意するのではなく、会社にも相談してみてからでも遅くはありませんよ!

仕事を辞めるか否かはどうやって判断するべき?

いくつかの辞め時サイン・辞め時もどきのサインを紹介しましたが、きっぱりイエスかノーかを断言できるわけではありません。

人によって性格が違うのですから、何に重きを置くかは違いますしね。

ただ一番大切なのは、自分がこの先もここで働いているイメージが持てるかどうか。精神的に参っている、いろいろ改善の努力はしてみたけどダメだった、様子を見てみたけどモヤモヤが晴れないなどであれば、辞めた方がベター。

反面、職場の人間関係に恵まれている、まだその会社で学びたいことがある、異動さえできればやりたい部署(職種)があるなどであれば、様子を見てみるのもあり。その目安として、あまりにも辞め時のサインに該当することが多いようであれば、辞めた方が良いのでしょうし。

自分がやりがいを感じてられるかどうか、今の仕事で自分にプラスになることが我慢・給与以外にあるか、そのあたりも見つめ直してみても良いですね。

仕事の辞め時サインが多かった時に取るべき行動とは?

「考えた結果、やっぱりこのままいるのは厳しいな…」と思ったり、モヤモヤが消えなかったりするのであれば、転職の準備を進めるのがおすすめです。

ただただお給料のため…という思いだけで我慢をし続けるのではなく、引っかかることが多くなってきたのであれば、試しに転職エージェントに登録してみて、情報をチェックしてみるのもあり!

視野が広がって、今の仕事の条件と求人情報を比較することで、見えてくることもあります!人生を大きく左右する仕事ですから、納得しながら働きたいものですね!

滝谷真也が薦める転職サービス<転職エージェント・転職サイト>
エージェント名特徴オススメ度20代30代40代未経験者経験者
リクルートエージェント転職支援実績、保有求人数1位⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
LIBZ新しい働き方を叶える転職サイト⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
ハタラクティブ転職が初めての20代向け⭐️⭐️⭐️⭐️×
VIEW若手ハイクラス向け転職サイト⭐️⭐️⭐️⭐️×
テンプスタッフ未経験でも安心の大手派遣会社⭐️⭐️⭐️⭐️
ミイダスあなたの市場価値を見出すアプリ⭐️⭐️⭐️⭐️
キャリアスタート新卒学生向け就職エージェント⭐️⭐️⭐️⭐️×××
アージスジャパン外資系・ミドル・ハイクラス転職に強い⭐️⭐️⭐️⭐️
ギークリーIT・Web・ゲーム業界特化⭐️⭐️⭐️⭐️
転職ドラフトIT/Webエンジニアの転職に特化⭐️⭐️⭐️⭐️
アクシスコンサルティングコンサルティングファームの転職⭐️⭐️⭐️⭐️×
宅建Jobエージェント不動産業界を専門とした転職支援サービス⭐️⭐️⭐️⭐️
RSG Real-Estate Agent建設・不動産業界に特化⭐️⭐️⭐️⭐️
助太刀社員建設会社と職人のマッチングアプリ⭐️⭐️⭐️⭐️
カイゴジョブ国内最大級の介護求人サイト⭐️⭐️⭐️⭐️
ココカイゴ転職
厚生労働大臣認可の介護求人の専門サイト⭐️⭐️⭐️⭐️
絶対利用したい転職エージェントまとめ
おすすめの転職エージェント
転職エージェントの評判

併せてこちらの記事も読んでみてください!

あの会社はブラック企業?ホワイト企業?評判や口コミ情報
採用担当が教える 絶対に転職が成功する転職マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました