スポンサーリンク

「ブラック企業の見分け方と特徴」面接や求人票でわかるやばい会社に入る前に知らなければならないこと

転職マニュアル

ブラック企業に入ってしまった方。早く辞めましょう。世の中にはたくさん会社があるので、楽しく働ける会社は必ずあります。

こちらの記事ではどうやってブラック企業を見分けることができるのかについて書いていきます。転職や就職の際に参考にしてみてください。

ブラック企業とは何か。

ブラック企業に明確な定義はありませんが、基本的には違法行為を当たり前のように平然として行っている企業を指しています。 

しかし、こうした違法行為を行っているブラック企業ではなく、人を人として見ていない企業が非常に多く、こうした企業もブラック企業と言われております。

では、どのようにブラック企業を見分けたら良いだろうか。 

違法行為を行っている企業は、ネットで検索すれば簡単に情報が取れます。 

しかし、そうではないブラック企業をどのように見分ければ良いのでしょうか。

求人票で見分けることも重要です。

「ブラック企業」に入社してからブラックだと分かったようでは手遅れです。

そうならないためにも、自分の身は自分で守れるようにブラック企業の見分け方についてご紹介いたします。

転職ソムリエ〜滝谷真也が薦める転職エージェント
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績、保有求人数1位
    リクルートエージェント
  2. パソナキャリア
    3万件以上トップクラスの求人

  3. doda
    約10万件以上日本最大級の求人


  4. 就職Shop
    既卒・二卒・フリーター向け

  5. ハタラクティブ
    転職が初めてでも手厚いサポート

  6. マイナビエージェント
    優良企業の求人が豊富

  7. ウズキャリ
    既卒・第二新卒内定率83%以上

  8. 第二新卒エージェントneo
    平均10時間の手厚いサポート

  9. エンワールド・ジャパン
    大手外資系グローバル企業に強い

  10. リクルートダイレクトスカウト
    リクルートのハイクラス転職
    CAREER CARVER
  11. アクシスコンサルティング
    コンサルティングファームの転職

  12. MS-Japan
    管理部門(総務や経理)に特化
転職ソムリエ〜滝谷真也が薦める転職サイト
  1. リクナビNEXT
    リクナビNEXT限定求人約85%
    リクナビNEXT ネクス子
  2. LIBZ
    新しい働き方を叶える転職サイト

  3. テンプスタッフ
    未経験でも安心の大手派遣会社
誰にも教えたくない隠れた超優良企業リスト

噂のあの企業の評判や実態は!?

他にもたくさん紹介しているのでこちらも是非読んでください!

併せてこちらの記事も読んでみてください!

▼この記事の動画版もあります▼

こんな求人票には気をつけろ!ブラック求人あるある
スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
滝谷真也

1982年埼玉県生まれの39歳。現在は東京都に住んでおり6歳の娘と4歳の息子の二児の父親。

仕事の軸を「キャリアと教育」としており、採用のスペシャリスト。これまでに自社の社員採用や教育、そして転職エージェントとしての採用支援のキャリアを持っており、1000人以上の就職・転職支援を行う。

現在は社員採用に加え、営業推進やマーケティング業務などをやってます。
人事採用関連の経験や元転職エージェントとしての経験で培った転職情報、そして父親として学んだ子育て育児情報を中心に発信していきます。

記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。

求人票からブラック企業を見抜く

ブラック企業は求人票からでも見抜くことができます。

まずは言葉の裏のメッセージを紐解いていきます。

※ちなみに、このような条件に当てはまるのが全てブラック企業ということではございません。あくまでブラック企業である可能性が高いというものです。

よくあるブラック企業の求人

大きく分けると下記のように4つに分けられます。

  • 給与が高すぎる
  • 応募条件が緩すぎる
  • 気合と根性論ばかりが並べられている
  • 採用人数に対して社員数が少ない

それではここからはどんな求人文句が危ないのか、実際によくある求人票の文言をご紹介いたします。

●初任給がやたらと高い 
  →お金が大好きな方大歓迎!

 ●頑張り次第ではすぐにマネージャーになれる 
  →圧倒的な成果が出せない人はいりません!  

●1000万円稼ぐのも夢じゃない 
  →ただし、命と引き換えにね!  

●みんなガッツポーズをしている 
  →何事も気合と根性!とにかく進め!  

●うちはホワイト企業です 
  →そう言っているあなたがブラックな人です!  

●仕事のやり方は自由です
  →どんな手を使ってでも売上を上げてくれさえすればいいよ!  

●ノルマ無し、自分で目標を設定して行動する
  →ただし、生半可な目標では許しません!  

●残業無し
  →目標を達した人だけですけどね!  

●社長が派手
  →売上は社長へ献上!  

●面接は1回のみです
  →誰でもいいから入社して!  

●社長の経歴・受賞暦紹介
  →神様、仏様、社長様!  

●アットホームな職場です
  →職場で寝泊りもします!  

●ノルマ無し
  →ただし、高い目標の設定はあります!  

●年間の昇給回数が多い
  →少しでも手を抜けばすぐに給与下げます!  

●学歴不問、年齢不問、職歴不問、未経験可
  →誰でもできる仕事です!  

●成長できる職場です
  →常に苦しくて高いハードルが用意されています!  

●美形女性の写真ばかり載っている
  魅力の無い会社や求人票でも見栄えが良くなる!  

●スピード出世も夢じゃない
  →そのまま勢い余ってスピード定年退職!  

●若いうちから活躍できます
  →みんなすぐに辞めるからベテランはいません!  

●様々な事業の運営
  →儲かれば何でもOK!

●熱意ややる気などの精神論の強調が多い
  →何事も気合と根性!  

●写真がフリー素材
  →社員や社内を見せたら応募者は来ません!  

●書類選考無し
  →「人」であれば誰でも可!  

●大量募集をしているにも関わらず、社員数が少ない
  →入社した人数以上に退職者がいる!  

●平均年齢が若すぎる
  →入社して数年でみんな退職!

面接からブラック企業を見抜く

書類選考が通過したら実際に会社に行って面接を行います。その面接の場でもブラック企業を見抜くことができます。

  • 会社が汚い
  • 受付の電話に誰も出ない
  • 面接官が高圧的
  • 面接官が色黒マッチョ
  • 面接のほとんどが雑談ばかり
  • いきなりその場で内定が出る
  • すれ違った社員が死んだ魚の目をしている
  • すれ違った社員がボロボロのスーツを着ている
  • 面接会場の隣から罵声が聞こえる

常に求人が掲載してあるがブラック企業ではない

勝手にブラック企業扱いしてしまいがちな求人があります。

それは「常に掲載されている求人」です。

一年中求人が掲載されていると、「人の出入りが激しく常に人不足→ブラック企業」というように感じてしまうかもしれません。

もちろんそのような場合もありますが、実はそうではない求人が多数ございます。

求人には「顕在求人」と「潜在求人」の二種類がございます。

顕在求人とは

ハローワークや求人情報サイト、就活イベント等で公募している求人のことです。

このような求人の場合、企業は求人掲載にそれなりのコストをかけているためすぐに採用をしたいので、慢性的な人不足の企業かもしれません。

それとは別に、「潜在求人」というものがございます。  

潜在求人とは

「急募ではないが良い人がいたら採用したい」というように、あえて公募はしていないが良い人がいたら採用したいという求人などです。

これは、例えば企業と良好な関係にある人材紹介会社に依頼しているケースがよくあります。

「転職相談に来た方でうちの社風に合いそうな方がいたら紹介してください」というような依頼があります。

潜在求人の募集の場合、企業は求人広告を打っていないため、採用ができるまでコストはかからずに済みます。

(求人広告の場合は採用ができてもできなくても費用が発生するが、人材紹介会社経由の場合は採用できなければ費用が発生しない仕組みになっております)

また、企業は焦った選択をしないためにミスマッチが非常に少なく、良い採用が行われることが多々あります。

実は求人数の約6割くらいはこの潜在求人なのです。

常に掲載している求人だからブラックだ!と判断するのは早すぎます。

ブラック企業を見抜くにはエージェントに相談するのがベスト

  • 周りの人に聞けばその会社のことを知っているかもしれません。
  • FacebookやLinkedin などのSNSでその会社の人やその会社を辞めた人にコンタクトを取ることもできます。
  • 夜遅い時間に会社に電話をしてみて普通に出るようなら遅くまで残業のある会社だと見抜くことも出来るます。

ネットでは様々な情報が交錯しておりますが、退職した人はその会社のことを悪く言います。

そのため、ネット上の情報は悪い情報を目にする機会の方が多いと思います。

正しい情報を集め、騙されないためにも自分で防衛することも大切なことです。

そんな時に転職エージェントに相談してみるのも手です。

ただし、全てエージェントの言うことを鵜呑みにするのではなく、参考にして上手く利用するのがよいでしょう。

このように、転職エージェントを上手く利用することも転職活動を成功させるためには必要なことです。

絶対利用したい転職エージェントまとめ
おすすめの職エージェント
転職エージェントの評判
転職エージェント活用術

併せてこちらの記事も読んでみてください!

転職ソムリエ〜滝谷真也が薦める転職サイト
  1. リクナビNEXT
    リクナビNEXT限定求人約85%
    リクナビNEXT ネクス子
  2. LIBZ
    新しい働き方を叶える転職サイト

  3. テンプスタッフ
    未経験でも安心の大手派遣会社
オススメの転職エージェント
エージェント名
リクルートエージェント

リクルートエージェント

  • 転職支援実績、保有求人数業界1位
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 企業と多数の太いパイプを保有

【紹介記事】
>>リクルートエージェントがひどいって本当?評判&口コミと利用する時の注意点をご紹介

就職Shop

  • 既卒・第二新卒・フリーター・ニート向けのサービス
  • 書類選考なしで応募できる
  • 実際に働く風景が想像できるような情報が豊富

【紹介記事】
>>就職Shopの評判ってどうなの?若手やニートにおすすめできる理由や口コミをご紹介

ハタラクティブ

  • 20代の既卒・第二新卒への転職サポートに特化
  • 内定率80%の実績
  • 転職が初めての人でも安心の手厚いサポート

【紹介記事】
>>ハタラクティブの評判ってどうなの?「怪しい」「ひどい」と言われる実態や求人の特徴などを解説

ウズキャリ

  • 既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上
  • 書類通過率87%超え
  • ブラック企業を徹底排除

【紹介記事】
>>ウズキャリの評判ってどうなの?「既卒」や「ニート」でも安心のサポートやITばかり紹介されるなどの実態について解説

マイナビエージェント

  • ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富
  • 20~30代に転職サポートに強い
  • 応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

【紹介記事】
>>マイナビエージェントがひどいって本当?「断られた」「しつこい」という人が多い実態&評判や口コミをご紹介

パソナキャリア

  • 4年連続お客様満足度1位
  • 30,000件以上の業界トップクラスの豊富な求人
  • 女性の転職支援実績も多数

【紹介記事】
>>パソナキャリアがひどいって本当?評判&口コミと利用する時の注意点や裏事情などをご紹介

doda

  • 非公開求人を含む約10万件以上、日本最大級の求人数保有
  • 転職者満足度No.1
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍

【紹介記事】
>>dodaのエージェントはひどいって本当?評判が悪い理由や口コミなどをご紹介

第二新卒エージェントneo

  • 1人あたり平均10時間の手厚いサポート
  • ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介
  • 富な経験を持つのキャリアアドバイザーが在籍

【紹介記事】
>>第二新卒エージェントneoの評判ってどうなの?「若手」「20代」に強いと言われる理由や上手な活用法についてご紹介

エン・ワールド



  • 外資系転職専門
  • 大手外資系・日系グローバル企業の求人を常時10,000件以上
  • 年収800万円以上のハイクラス求人も多数保有
アクシスコンサルティング

  • コンサルティングファームの転職に強い
  • コンサル業界各社とのパイプがあり
  • ITバックグラウンドの方の採用が活発
MS-Japan

  • 管理部門(総務や経理など)や士業に特化したサービス
  • 創業より29年間でのべ2万人以上の方々の転職のサポートを実現
  • 高い専門性をもつキャリアアドバイザー多数在籍
アイティーケー

    • 外食産業・飲食店に特化したサービス
    • 外食特化の人材紹介会社でも業界シェア、トップクラス
    • 外食に特化したキャリアアドバイザーが在籍
あの会社はブラック企業?ホワイト企業?評判や口コミ情報

噂のあの企業の評判や実態は!?

他にもたくさん紹介しているのでこちらも是非読んでください!

友だち追加
YouTube始めました!

あの会社はブラック企業?ホワイト企業?評判や口コミ情報
採用担当が教える 絶対に転職が成功する転職マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました