【未経験でも転職ができる4つの職種】キャリアチェンジを成功させる秘訣とは?

仕事・転職
スポンサーリンク

未経験の仕事に転職するのはものすごく困難の話です。

企業はその職種を経験している人を即戦力として欲しいからです。

長期的に育てていきたいと考えるなら若い新卒を採用しようとします。

新卒の就職活動の時は経験を求められません。

そのため、どの業界に行くにも可能です。

しかし転職の場合はそんなに簡単にはできません。

未経験歓迎と言う求人がたくさんありますがそれはあくまで大歓迎と言うだけであって採用すると言うことではありません。

あくまで経験者からの応募を優先されます。

未経験でもできると言う根拠を提示しなければ採用される事はありません。

  • 経験者より未経験者であるあなたを採用するメリットはありますか?
  • 未経験でもやっていけるという根拠はありますか?
  • その業界や職種についてどれだけ知っていますか?
  • これからチャレンジしようと何か準備はしていますか?
  • 知らないことだらけの世界を必死に勉強してだけの覚悟はありますか?

やる気があるのは当たり前な話です。

私は上記の中でも「未経験でもやっていける根拠があるのか」ということろが重要だと考えております。

例えば、事前に何か資格を取得したりその分野の学校を卒業しているということなら「興味があるんだな」ということは分かります。

しかし、何の根拠もないのに採用する立場としては納得などするはずがありません。

何の準備もしていないのに「やる気があります!」と言って信じられるわけがありません。

本当にやる気があるなら入社前から相応の準備はできるのではないでしょうか。

未経験者を採用する位ならば若い新卒者を採用した方が企業にとっては価値があります。

そのくらい未経験での転職は難しいものなのです。

とは言え未経験でも転職ができる職種と言うものがあります。

スポンサーリンク

前提条件として、未経験でも転職が出来るのは20代まで

まず、前提条件として言えるのは未経験で転職ができるのは20代までだと思ってください。

会社によっては30代前半位まででも行けるところもあります。

しかし30代ぐらいになってくると、興味があると言うだけではなく何ができるかと言うことがとても重要になってきます。

たとえ未経験であったとしても、何ができるかが明確になっているなら採用される事はあるでしょう。

そういう意味でも、キャリアのスタート時と言うのはとても重要になります。

最後に説明をしますが、30代以降で未経験として入社をしようと考えている場合はかなり苦労することになるでしょう。

それでは、未経験でも採用されやすい職種4つをこれからご紹介していきます。

①営業職は未経験でも転職が出来る

営業職は未経験でも採用される求人がたくさんあります。

営業職がいないと企業は売り上げが上がりません。

そのため、どの会社にも営業職と言う職種は存在しております。

会社の規模を大きくしていきたいと考えるなら、まずは営業職の社員が必要となります。

また、営業はきついと言うイメージもあってやりたがる人が少ないと言うことも原因の1つではあります。

営業職はきついと言うイメージを持っている方もいるかと思いますが、営業職の全てが飛び込み営業やテレアポをガンガンやっていると言うことではございません。

グループ会社からの紹介営業や、ルート営業といものもございます。

また、最近はコンプライアンス意識の高い会社も増えていると言うこともあり、押し売りの営業のようなものはほとんどなくなってきております。

営業職に必要なスキルとしては、コミュニケーションが取れることと約束が守れることです。

それ以外の商品知識などは入社後に覚えれば良いのです。

営業職はどこの会社にも必要となる職種なのですそのため、営業職のスキルはどの会社に行っても生かすことができます。

②必死に勉強する覚悟があるならITエンジニア職も未経験で転職が出来る

ITエンジニアも未経験で採用されやすい職種の1つです。

世の中のIT化に伴いシステム開発の案件がたくさんあるような状況です。

そのため、常に人不足な職種であります。

人不足のために案件を断ると言う会社もたくさんあるくらいです。

即戦力であるエンジニアを採用したいと言う所でもあるのですが採用に高額なお金が必要となってしまうため、未経験を採用して教育をしていくと言う会社もたくさんあります。

ただし開発の上流工程にある会社に転職するの難しいでしょう。

そのため未経験でスキルを磨き、より良い会社に転職をすると言う流れが1番良いのではないでししょうか。

そして、入社後に勉強することがたくさんあります。

仕事外で勉強することもたくさんあるのでその点を覚悟しておきましょう。

ITエンジニアとしてスキルを身に付けることにより、その後の転職に苦労する事はなくなるでしょう。

スキルを高めて自分自身の市場価値を高めると言うことができます。

③将来のキャリアプランをしっかり考えているなら販売職も未経験で転職が出来る

販売職も未経験で入社できる職種の1つです。

理由は離職率が高く、慢性的に人不足だからです。

なぜ離職率が高いかというと、

  • 休みが少ない
  • 労働時間が長い
  • 給料が少ない
  • あまりスキルになる仕事がない

と言うことが原因と言われています。

また、女性が結婚・出産後もそれまでと同様に働くにはまだまだ環境が整っていないということも原因の一つであります。

一生販売のみをやっていくと言うことだと厳しいかもしれませんが、店長等を経験しアルバイトの育成店舗管理などを経験することによりマネージメントを学ぶことができます。

独立を考えている人にとってはそれらを最短で経験できる職種なのです。

④事務職も未経験で転職が出来るがハードルは高い

事務職も未経験で採用されることができます。

その理由は、あまり業界経験や専門知識を必要としないからです。

もちろん入社後には業界知識や商品知識などを覚えていかければならないことはたくさんあります。

しかし、それらは数ヶ月勉強すれば覚えられるものがほとんどです。

とは言えWordやExcelが使えないと採用は厳しくなるというところがあります。

パソコンを全く触ったことが無いという人は、最低でもスクールで勉強してから挑戦するようにしましょう。

最近はどの企業もコスト削減のため、まずは事務職の人数を減らしていくような傾向もあります。

しかし、事務職をやりたいという人は多いため、事務職の求人倍率は非常に高くなっています。

そのため採用されるにはかなり狭き門になっている職種と言うことにもなります。

そしてやはり経験者からの応募があった場合経験者の採用が優先とされてしまいます。

あとは、会社内外で様々な人とのやり取りが発生することになため、コミュニケーション力が重視される職種でもあります。

販売職などの経験者は比較的採用されやすい職種でもあります。

これら以外でも未経験で採用されるにはどんなものがあるのか

基本的にはこれらが未経験で採用されやすい職種と言うことにもなりますが、厳密に言えばこれ以外にもチャンスはあります。

例えば正社員ではなく契約社員や派遣社員、アルバイト社員から入社するということです。

企業にとっては未経験者を正社員で採用すると言う事はリスクにもなります。

しかし、契約社員などで採用すると言うことになると、採用のハードルは少し下がってきます。

そこで頑張って評価された先に、正社員という道もあるでしょう。

冒頭でも書きましたが、未経験で採用されたいのなら未経験でもできる根拠が必要となります。

その根拠とは、事前に準備が出来る事もたくさんありますし、もしそれが難しいということなら入社のハードルを下げて入社後の頑張りを評価してもらうということも出来ます

また、敢えてブラック企業に飛び込んでみるというのも選択肢の一つです。

ブラック企業はほとんどの人から敬遠されます。

そのため、入社の倍率は低くなっています。

まずはブラック企業で未経験でも経験を積み、その後にホワイト企業へ転職をするのも一つの手です。

私の同僚に、「営業経験がないから営業職として優良企業に採用されるには難しい」と判断して敢えて光通信というブラック企業の代名詞でもある企業で経験を積んできた人がいました。

彼はその会社で相当な苦労をしたようですが、今は晴れて転職した先で穏やかな日々を過ごしています。

ブラック企業の代名詞でもある光通信のゴリゴリ営業の評判と実態 | Foglots(フォグロッツ)
ブラック企業といえば光通信と言われた時代もありましたが、とにかく体育会系で激しい営業で有名な会社です。 私の元同僚に光通信出身者が数名おり、興味本位でどんな会社だったのか話を聞きました。 聞いてみると、彼らはそれが普通なので何の疑問も感じていないようでしたが、部外者から見ればなかなかエグいことをやっている会社だったので...
新しいタブで開く)

コメント

タイトルとURLをコピーしました