スポンサーリンク

派遣はやめほうがいい?メリット・デメリットと正社員との働き方の違い

転職マニュアル

現代の働き方には様々な形があります。昔のように新卒で正社員で入社して定年まで働くなんて人はあまりいなくなってきました。

その中でも派遣という働き方を選ぶ人も増えてきています。しかしこの派遣という働き方は様々な問題があります。

そんな派遣という働き方の特徴やどんな人が派遣という働き方に向いているのか説明していきます。

滝谷真也が薦める転職エージェント
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績、保有求人数1位
  2. doda
    約10万件以上日本最大級の求人
  3. 就職Shop
    既卒・二卒・フリーター向け
  4. ハタラクティブ
    転職が初めてでも手厚いサポート
  5. ウズキャリ
    既卒・第二新卒内定率83%以上
  6. 第二新卒エージェントneo
    平均10時間の手厚いサポート
  7. アージスジャパン
    外資系・ミドル・ハイクラス転職
  8. JAC Recruitment
    外資系・ミドル・ハイクラス転職
  9. リクルートダイレクトスカウト
    リクルートのハイクラス転職
  10. エンワールド・ジャパン
    外資系・日系グローバル企業の転職
  11. アクシスコンサルティング
    コンサルティングファームの転職
  12. MS-Japan
    管理部門(総務や経理)に特化
滝谷真也が薦める転職サイト・派遣サイト
  1. リクナビNEXT
    リクナビNEXT限定求人約85%
  2. LIBZ
    新しい働き方を叶える転職サイト
  3. テンプスタッフ
    未経験でも安心の大手派遣会社
  4. ミイダス
    あなたの本当の価値を見出す
  5. キャリアインデックス
    求人掲載数95万件以上
  6. VIEW
    若手ハイクラス向け転職サイト
  7. ジョブリンクプラス
    派遣の求人が見つかる
  8. 綜合キャリアオプション
    30,000件以上の豊富な求人数

誰にも教えたくない隠れた超優良企業リスト

噂のあの企業の評判や実態は!?

他にもたくさん紹介しているのでこちらも是非読んでください!

created by Rinker
¥1,430 (2022/06/27 18:51:25時点 楽天市場調べ-詳細)

併せてこちらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
滝谷真也

1982年埼玉県生まれの39歳。現在は東京都に住んでおり6歳の娘と4歳の息子の二児の父親。

仕事の軸を「キャリアと教育」としており、採用のスペシャリスト。これまでに自社の社員採用や教育、そして転職エージェントとしての採用支援のキャリアを持っており、1000人以上の就職・転職支援を行う。

現在は社員採用に加え、営業推進やマーケティング業務などをやってます。
人事採用関連の経験や元転職エージェントとしての経験で培った転職情報、そして父親として学んだ子育て育児情報を中心に発信していきます。

記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。

派遣とはどういったものなのか

派遣とは、正社員のように企業に直接雇用されるのではなく、雇用契約を結んだ派遣会社から一時的に企業に派遣されて就業するものです。

実際に働く企業とは直接の契約関係が無いということが特徴的です。

アルバイトも正社員のように企業との雇用契約が発生するため、アルバイトとも形態は違っています。

就業先企業は派遣社員を自分たちで雇用していないのですから、保険に加入しなくても問題ないし、そもそもどこに住んでいる人なのかなどの個人情報も知りません。

各種手続きは派遣会社が行います。

派遣会社は企業に人を送り込んでマージンを得ています。

一般事務などでしたら最近は時間単価2300円ほどを企業から請求し、労働者には時給1600円ほどを支払います。

その差額分が派遣会社の取り分なりますが、派遣会社はその取り分の中から各種保険を払ったり教育訓練をするなどの負担もあるので、派遣会社の利益はごくわずかなものになっています。

よく「派遣会社がピンハネしすぎだ!」と言っている人もいますが、だったら自分で仕事探せばいいのにと私は思います。

就業先企業を探すことや保険加入、給与計算などを派遣会社がやっているので、マージンを得るのは当然のことでしょう。

カフェで1杯300円のコーヒーを飲む時だって「こんなの原価10円じゃないか!」と言う人はおりませんよね。

原価が安くても途中に様々な会社が入っているのだから原価より遥かに高くなるのは当然のことです。

派遣会社が利益を得るんはたくさんの人を企業に送り込まなければなりません。たくさんの人を送り込むことによってたくさんの利益を得られます。

そのため、労働力を必要としている企業を必死に探し、働きたい人を集めてマッチングさせようとします。

人がいないと利益を得られないため、集客のためにも高い時給になっているのも特徴的です。

派遣会社は自分たちが利益を得るために必死に仕事を斡旋してくれるので、能力的に優れていなくても派遣会社が仕事を見つけてきてくれます。

そして大した能力が無いにも関わらず高い時給で働いている人もたくさんいます。

そんな環境に甘えてしまうと悲惨な人生が待っています。

派遣とは正社員の代わりでは無い

派遣社員とはあくまで一時的な労働力の提供というのが大前提となっています。長期的に働くことを想定していません。

そのため、任せられる仕事内容もあまりキャリアアップに繋がるようなものはありません。

人手が足りないから臨時で労働力を補うためのものです。企業側としても正社員のように育てるつもりもあまりありません。

しっかりとキャリアアップをしたいなら正社員で働かなければなりません。

派遣社員は言われたことをやればいいのです。言われたことを100%やったら100点です。

しかし正社員は違います。

正社員は言われことを100%やっても0点です。100%出来ないならマイナスです。プラスアルファが出来て初めて加点されます。

若い時代に甘えていたら40代で詰む

ですが先程も書いた通り派遣は

  • 時給が高い
  • すぐに仕事が決まる

という特徴もあるため、大したキャリアもない人が高い時給でわがままを言いながら自分好みの職場が見つかるまでコロコロと転職を繰り返して仕事を選んでいる人もたくさんいます。

若いうちはそれでも何とかなってしまいます。

若いというだけでかなり高い需要があります。

しかし40代にもなってくると受け入れてくれる企業が無くなります。これといったスキルも無く40代を採用したいと思う企業なんてありません。

20代のうちから「簡単なデータ入力がいい」などと言っている人もたくさん見てきましたが、その人たちが40歳になる頃には派遣会社からは仕事を紹介してもらえなくなります。

企業は簡単なデータ入力などの仕事は20代の若い人を欲しがります。40代を紹介しても経歴書を見てくれません。むしろ「どんな人を紹介してくるんだ!」と怒られます。

私も派遣会社で働いていた時は、40代で簡単なデータ入力などの仕事に派遣求人サイトからエントリーがあっても開封することなくお祈りメールを送っていました。

そのため、若いうちは苦労してスキルを上げるために必死に努力をしていかなければなりません。若いうちに自分ができることしかやらず、努力を惜しむと40代になったら人生詰みます。

だから若いうちは大変でもしっかりと正社員で働いてスキルを身につけなければなりません。

派遣の品格のようなスーパー派遣など存在しない

10年以上前に派遣の品格というドラマがあり、また2020年にも新たな派遣の品格と言うドラマが放送されました。

このドラマは高いスキルを持ったスーパー派遣社員が自分のやりたい事をやるために自由の効く派遣社員として生きていくというもの。

しかしこんなのは現実的ではありません。

いや、10年前はこういうこともあったかもしれませんが、現代社会ではもうほとんど存在していません。

出来る人は派遣ではなくフリーランスで働いています。

派遣は指揮命令が就業先企業となっているのですが、務委託でフリーランスとして働く場合は労働時間だの細かい制約はなく意図した成果さえ出せばいいのです。そこに至るプロセスは重要ではありません。

出来るか出来ないかだけの世界です。

スキルがあるならより自由に働けるフリーランスを選びます。

派遣というただ良いように使われて搾取される働き方なんて選ぶわけがありません。

企業もフリーランスに業務委託で発注する方が圧倒的に効果的なのがわかるようになってきました。

これは時代の流れです。

10年前に比べてかなり派遣法も変わりました。独立しやすい環境にもなりました。働き方も変わりました。

どんな人が派遣に向いているのか

10年くらい前までは正社員になりたくてもなれない人が派遣として働いている人がたくさんいました。

でも先ほど述べたようにそれでもなんとかなってしまっていたのです。若いうちにそうやって派遣を繰り返してしいた人が今は40代になりました。

だから40代以上で派遣だけで生計を立てている人は結構やばい人が多いです。

現代の若者は早いうちからキャリア教育を受けてきているので危機感を持っています。若いうちからキャリアについてしっかりと考えています。

なので派遣という働き方を選ぶ人はあまりいません。

ですが派遣という働き方は無くなることはありません。

なぜかというと、企業が求めているかです。企業は正社員として雇うにはリスクがあるので、派遣で受け入れます。

しかし、企業も先ほど述べたような時代の流れはわかっています。若い派遣を採用しようとしても無理なのはわかっています。

そして、40代以上で派遣で生計を立てている人がテクニカルスキルの前にヒューマンスキルに問題がある人が多いことは分かっています。

しかし、派遣という働き方に向いている人がおります。

派遣に向いている人とは、

  • 長期的な就業が難しい人
  • キャリアアップよりも優先しなければならない人

です。

そういった派遣に合ってる人は主婦層です。

子育てを優先しなければならない人は勤務時間にも制限があります。子供の急な体調不良で休まなければならないこともあります。旦那さんの転勤で会社を辞めなければならなくなることだってあります。

こういった理由で、正社員というよりも派遣社員が良いという人たちもいるのです。

そしてこういった主婦層は実は仕事のスキルも高い人も多いのです。

子育てをやったことがある人は分かると思いますが、子育ては予定通りにいくことなんてほとんどありません。

自分のペースでなんて何もできません。しかも喋れない子供とコミュニケーションを取っているのです。

これってビジネス上でも必ず役に立つスキルです。

最近の派遣の求人を見ていると「時短」や「週3日」の求人がとても増えてきました。これはこうした働き方を望んでいる人が多いからなのでしょう。

また、主婦層をターゲットにしている派遣会社が急成長をしてきております。それだけ企業のニーズに合っているということでしょう。

反対に、10年前に多かった「長期の事務派遣」を中心にやっている会社は売り上げが下がり続けていますし、ここ数年でかなり潰れてきています。

この10年で働き方もかなり変わってきました。

「とりあえず派遣で」という働き方は絶対にやらない方が良いでしょう。苦しくても若いうちは正社員で探して、しっかりとキャリアを積んでください。

滝谷真也が薦める転職サイト
サイト名特徴オススメ度20代30代40代未経験者経験者
リクナビNEXTリクナビNEXT限定求人約85%⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
LIBZ新しい働き方を叶える転職サイト⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
テンプスタッフ未経験でも安心の大手派遣会社⭐️⭐️⭐️⭐️
ミイダスあなたの本当の価値を見出す⭐️⭐️⭐️⭐️
キャリアインデックス求人掲載数95万件以上⭐️⭐️⭐️⭐️
VIEW若手ハイクラス向け転職サイト⭐️⭐️⭐️⭐️×
ジョブリンクプラス派遣の求人が見つかる⭐️⭐️⭐️⭐️
綜合キャリアオプション30,000件以上の豊富な求人数⭐️⭐️⭐️⭐️
滝谷真也が薦める転職エージェント
エージェント名特徴オススメ度20代30代40代未経験者経験者
リクルートエージェント転職支援実績、保有求人数1位⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
doda約10万件以上日本最大級の求人⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
就職Shop既卒・二卒・フリーター向け⭐️⭐️⭐️⭐️××
ハタラクティブ転職が初めてでも手厚いサポート⭐️⭐️⭐️⭐️×
ウズキャリ既卒・第二新卒内定率83%以上⭐️⭐️⭐️⭐️××
第二新卒エージェントneo平均10時間の手厚いサポート⭐️⭐️⭐️⭐️××
アージスジャパン外資系・ミドル・ハイクラス転職に強い⭐️⭐️⭐️⭐️
JAC Recruitment外資系・ミドル・ハイクラス転職に強い⭐️⭐️⭐️⭐️×
リクルートダイレクトスカウトリクルートのハイクラス転職⭐️⭐️⭐️⭐️×
エンワールド・ジャパン大手外資系・日系グローバル企業の転職⭐️⭐️⭐️⭐️
アクシスコンサルティングコンサルティングファームの転職⭐️⭐️⭐️⭐️×
MS-Japan管理部門(総務や経理)に特化⭐️⭐️⭐️
絶対利用したい転職エージェントまとめ
おすすめの転職エージェント
転職エージェントの評判
転職エージェント活用術

併せてこちらの記事も読んでみてください!

あの会社はブラック企業?ホワイト企業?評判や口コミ情報

噂のあの企業の評判や実態は!?

他にもたくさん紹介しているのでこちらも是非読んでください!

あの会社はブラック企業?ホワイト企業?評判や口コミ情報
採用担当が教える 絶対に転職が成功する転職マニュアル

コメント