スポンサーリンク

転職の時期のおすすめはいつ?ベストなタイミング&年間の求人・求職者の動向

仕事・転職

転職活動をするのはいつが良いの?

転職に適しているタイミングなんてあるの?

4月入社が多そうだからその時期じゃない?

今回は転職に適している時期について解説していきます。

転職はいつでも良いものではありません。しっかりと戦略を立てて活動を行った方がより良い結果が生まれます。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
SHIN

1982年埼玉県生まれの38歳。現在は東京都に住んでおり5歳の娘と3歳の息子の二児の父親。

仕事の軸を「キャリアと教育」としており、採用のスペシャリスト。これまでに自社の社員採用や教育、そして転職エージェントとしての採用支援のキャリアを持っており、1000人以上の就職・転職支援を行う。

現在は社員採用に加え、営業推進やマーケティング業務などをやってます。
人事採用関連の経験や元転職エージェントとしての経験で培った転職情報、そして父親として学んだ子育て育児情報を中心に発信していきます。

記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。

採用計画に伴う採用と欠員補充の違い

企業が採用活動を行うには2パターンがあります。

  • 事業計画に伴う採用
  • 欠員補充

今後の売り上げ拡大や事業計画を遂行するために、いつまでに何人採用したいと計画を立てて決められております。

特に4月から新規事業をスタートするために4月入社をさせたいと考えている企業はたくさんあります。

今後の事業構想のために欠かせない採用となるため、企業側もしっかりと計画を立てて採用に取り組んでおります。

しかしそれ以外でも、社員が退職するなどで欠員を補充しなければならない採用もあります。

その場合は予定されている採用計画とは少し異なります。

欠員が出てしまったということは企業は早くその穴埋めをしなければなりません。元々予定していた採用計画以外での採用となるため、余裕を持って採用活動を行うことは出来ません。

そのため、採用基準が緩和されることもあります。

時期別の採用動向の特徴

企業と求職者の時期別の動向について解説していきます。

採用企業動向
  • 4月
    この時期はほとんど求人は動きません。新規で採用した人の研修に費やす時間です。
  • 5月
    4月入社者がGW明けに退職する人が出て来るので、若干求人が動く時期です。
  • 6月
    この時期はほとんど求人は動きません。年間で最も求人が少ない時期です。
  • 7月
    夏季のボーナスを貰って退職する人が出る時期で、若干求人が動く時期です。
  • 8月
    お盆休み前はほとんど求人は動きませんが、お盆休みが終わると10月入社に向けて求人に動きが出てきます。
  • 9月
    10月の人事異動も決まり、求人が動き出すタイミングですが2月頃と比べると控えめです。年間で2番目に求人が多くなる時期です。
  • 10月
    人事異動も落ち着き一旦は求人が落ち着く時期ですが、採用に失敗した企業がまだ残っている時期です。
  • 11月
    この時期はほとんど求人は動きません。6月に次ぐ年間に2番目に求人が少ない時期です。
  • 12月
    年末休暇もあるのであまり動きはありませんが、年明けからの採用に向けて採用準備の時期です。
  • 1月
    4月入社に向けて求人が動き始める時期です。
  • 2月
    4月入社に向けて本格的に採用が活発になり、年間で最も求人数が多い時期です。
  • 3月
    選考·内定段階になっている企業が多いのですが、まだ採用出来ていない企業も残っています。

求職者動向
  • 4月
    4月入社に失敗した人が残っている時期です。
  • 5月
    GWが終わって5月病なのか退職者が増える時期です。
  • 6月
    ボーナスを貰って退職を決意する人が増える時期です。
  • 7月
    本格的に暑くなり、スーツを着るのも嫌になるのか求職者は急激に減る時期です。
  • 8月
    7月同様、暑さに加え夏季休暇もあるので求職活動をする人があまりいない時期です。
  • 9月
    10月入社に向けて求職者が増えて来る時期です。
  • 10月
    この時期はほとんど求職者の動きはありません。
  • 11月
    4月入社に向けて情報収集を始める時期です。
  • 12月
    12月の賞与を貰って退職を決意する人が増えて来る時期です。
  • 1月
    4月入社に向けてエントリーが始まる時期です。
  • 2月
    求人数も増えるので本格的にエントリー者が増える時期です。求職者が年間で最も多いのはこの時期です。
  • 3月
    入社希望者は内定が出る時期です。

おおよその1年の動きはこのようなかんじですが、グラフにしてみるとこのようになります。

この結果を見てみると、2月~3月は求人数は最も多くなるのですが求職者の数も最も多くなる時期です。

一方で、7月〜8月は求職者よりも求人数が多くなるのが分かります。

3月の求人数が1番多いというデータもありますが、ほとんどの求人は掲載期間が約1ヶ月〜2ヶ月間です。

2月に掲載が始まって3月まで掲載が残っているものもありますが、ほとんどの場合は2月にエントリーが来た人で採用が決まれば選考は終了となります。

なので、アクティブな求人は2月がピークです。

結局のところいつ転職するのがいいの?

2月~3月は求人数は最も多いのですが、ライバルも多くなるので簡単に採用を勝ち取ることができません。

2月~3月に転職を考えている人は、スキルが高い人でなければ難しくなります。

ライバルがたくさんいてもその中で勝ち抜ける人は、その時期の転職の方が求人数も多くて選択肢も広がるのでこの時期に転職をした方が良いでしょう。

では、そこまでスキルが高くない人はどうしたら良いのでしょうか。

スキルが高くない人でも採用されるのは7月~8月です。

この時期は求職者が圧倒的に減っている時期です。

私も採用をやっていてこの度は時期の採用は本当に苦戦しております。

エージェントで働いていた時もそうですが、この時期は求人開拓は出来ても求職者の確保が出来ないため、売り上げを作るのに最も苦戦する時期でした。

求人数は2月~3月に比べれば少なくなってはおりますが、ライバルも少ない時期なので経験の少ない人はこのタイミングがベストです。

暑くてスーツを着たくない時期ではありますが、そこは我慢して頑張りましょう。

市場動向だけではなく自分の状況も加味する

おおまかな採用市場の動向はこれまでに説明した通りですがそれだけではなく自分の置かれている状況によっても変わってきます。

例えば勤続年数ですが、少しでも長い方が注目されます。

「あと半年すれ在籍3年」となるようなタイミングでしたら半年待ってからの転職の方がより好条件で転職を決めることが出来ます。

2年半と3年では印象が全く違います。

少しでも自分の市場価値を上げてからの方が採用に有利になるし、より好条件を提示されることは間違いありません。

また、年齢なども影響してきます。

年齢は若いに越したことはありません。

企業としても「29歳」と「30歳」では受け取る印象が違います。

そんな区切りの年齢とあまり関係ないようでしたらそんなに気にする必要はありません。

市場動向だけでなく、自分がどんな状況に置かれているのかにもよりますがちゃんと計画を立てて戦略的に転職活動を行った方が転職は成功できます。

もちろん、ブラック企業で精神的に耐えられないようでしたらそんなことなんて考えずにすぐに転職をしましょう。

あの会社はブラック企業?ホワイト企業?評判や口コミ情報

会社別転職情報

企業名紹介ブログ
光通信ブラック企業の代名詞でもある光通信のゴリゴリ営業の評判と実態
大東建託大東建託の営業はやばい?評判や口コミとブラック企業と言われる理由
東建コーポレーション東建コーポレーションがやばいって聞いたけどどうなの?営業が激務できついと評判なのは本当なのか
住友不動産住友不動産はブラック企業?きつくてゴリゴリ営業で有名な激務の実態
オープンハウスオープンハウスの営業はやばい?ブラック企業とも言われる激しいノルマとゴリゴリ営業の実態
VSN株式会社VSNはやばい?評判や実態とブラック企業と言われている理由
ラディックスラディックスはやばい?怪しい電話やゴリゴリ営業の評判と実態
トランス・コスモストランスコスモスはやばい?ブラック企業と言われる実態と年収や評判を徹底解説
モンテローザモンテローザはやっぱりブラック?働き方や社風&ひどい噂などを徹底検証
キーエンスキーエンスの評判はどうなの?激務でやばい噂や日本一高い給与の理由を徹底解説
日本電産日本電産が激務でやばいって本当?きついと評判の真相や年収などの実態を解説
SkySky株式会社ってやばいの?評判や年収&激務と言われる実態を解説
ぐるなびぐるなびの営業がきついって本当?激務と評判の実態を解説
TISTISの年収は高い?就職難易度は?休日や残業などの実態や評判&口コミを徹底解説
船井総研船井総研がやばいって本当?年収&評判と悪い噂や激務の実態まで徹底解説

業界別転職情報

業界名紹介ブログ
人材派遣業界人材派遣の営業が楽しいわけがない!きつくて離職率が高い業界の裏側とやばい実態
大学職員大学職員への道に進むのはやめておけ!実態と転職するべきではない理由を元採用担当が解説
飲食業界飲食店の仕事はブラック?給与や休日の少なさだけではない仕事がきつい本当の理由
教育業界教育業界に就職・転職したい人が知らなければならない将来性や実態について
保険業界保険営業はやめとけ!きついと言われる理由や地獄のノルマの実態

私のブラック企業体験談

採用担当が教える 絶対に転職が成功する転職マニュアル

転職活動の流れ

紹介ブログ
やることリスト 転職活動の進め方と「やることリスト」準備〜内定の流れ&重要ポイントを解説

転職サイトやエージェントの選び方

紹介ブログ
転職サイト【転職サイトのおすすめランキングTOP13】それぞれの特徴の徹底比較と選び方
転職エージェント転職エージェントって何?上手な活用法と選び方を人事のプロが徹底解説
転職方法転職方法はこんなにある!9つの種類のやり方と使い分けを徹底比較

企業の選び方

 紹介ブログ
求人票の見方【求人票の裏を読む】騙されずに隠れたメッセージの読み方
ブラック企業【ブラック企業の見分け方】やばい会社に入る前に知らなければならない求人情報の注意点や特徴
大手
ベンチャー
ベンチャー企業はやめとけ!仕事がきつくて「ついていけない」人が続出する理由と大手との違い
優良企業【みんなが知らない超優良企業の探し方】まったり&ホワイトで仕事をしよう!

応募書類の書き方

紹介ブログ
履歴書の書き方「志望動機なんてねーよ」という難しく考えすぎる人のために誰でも簡単に書ける方法を伝授
職務経歴書の書き方職務経歴書とは何?誰でも簡単に書けるポイントと作成のコツ

面接対策

紹介ブログ
面接対策明日面接なのに何もしてないあなたへ!今からでもまだ間に合う完璧な対策&事前準備
逆質問面接の逆質問はこれを言えば採用される!人事の狙いと言ってはいけない具体例を紹介
就活に必須!誰も知らない知らない「絶対に働きたい隠れた優良企業リスト272」|SHIN|note
ブラック企業で働きたくない。これは就職や転職をするときに誰もが思うことではないでしょうか。しかしその会社がどんな会社なのか実際に入ってみるまでわからないところがたくさんあります。でも、わからないで済まされることではありません。 そこで、「絶対に働きたい隠れた優良企業リスト」をご紹介します。 この記事が参考になる人...
オススメの転職エージェント

総合型転職エージェント

リクルートエージェント
  • 豊富な求人数を誇る転職エージェント【doda

女性向け転職エージェント

業界・職種特化型転職エージェント

  • 管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan

新卒・第二新卒向け転職エージェント

コメント

タイトルとURLをコピーしました