【仕事が続かない人の7つの特徴】長続きをするためにやるべき改善ポイントもご紹介

仕事・転職
スポンサーリンク

私はこれまで転職エージェントとして、そして人事採用としてたくさんの人の採用に携わって来ました。

その中でたくさんの人の転職相談も受けて来ましたが、転職を繰り返す人にはある特徴を持っていました

今回紹介する7つの特徴に自分が当てはまっているようでしたら要注意です。

また、なぜ自分は同じ職場で長続きがしないのだろうと思っている人がいれば、ここに書いた7つのことが原因になっていることがほとんどです。

予め言っておきますが、所属している会社や組織に問題があることもありますが、それだけではありません。そういう人は自分に原因があることがほとんどです。

組織や会社などどこに行っても必ず何かしらの問題があります。

その問題に直面する度に転職をしていたのではキリがありません。

まずはあなた自身が変わらない限り、このまま転職を繰り返すことになります。

今後も転職を繰り返さないためにも、まずは自分で出来るところを改善していきましょう。

※今回はブラック企業と出会わないようにするための記事ではありません。

ブラック企業の見抜き方や優良企業の探し方については別の記事に書いております。

スポンサーリンク

やりたいことが明確になっていない人

「これがやりたい!」という明確な目的がなく、何となく働いている人は「何となく合わないなー」と言って辞めていきます。

本当にやりたいことがあるなら、ちょっとした困難にぶつかってもそれを乗り越えようと努力をします。

しかしそんな思いもなければ乗り越える必要もなく、逃げてしまえばそれで終了するだけです。

また、「やりたいこと」の内容によっても異なります。

単純に「事務をやりたい」ということや「接客をやりたい」だけだとその職場以外でも希望は叶います。

  • なぜそう思うようになったのか
  • それはいつくらいから思うようになったのか
  • どんな経験がそう思うようにさせたのか
  • その先にはどんなものをイメージしているのか

それらのビジョンが無いと「何となく」で働いていくことになるでしょう。

1年後などではなく、今は無理でも10年後・20年後にやってみたいと思う大きすぎるくらいの目標も立てること。

「会社とはこうであるべきだ」という理想を持っている

理想が高いとそれとズレが生じた時に、「ここは自分がいる会社ではない」と感じてしまいます。

一方で「そんなものだ」と思っていれば多少のおかしなことでも気になりません。

私が先日面接をしていた人で新卒で入社して2ヶ月で退職したという人がいました。

話を聞いたところ、入社直前で人事制度に変更があったようで、面接時に聞いていた内容との相違があったとのことでした。

その相違というのもちょっとしたことで、給与に含まれている「手当」の支払いに条件が加わったというものだけでした。

しかしその人は、「こんな会社は信用出来ない。ブラックだ!」と思ったようで、いつまでもこの会社に居るべきではないと思って見切りを付けて退職してしまったようでした。

長年社会人をやっている人なら誰もが分かっていることですが、組織の制度なんてよく変更があるものです。

国の法律だって変更があるのですから、そこに適応してかなければならないのです。

適合出来ない人は転職回数が多いというのも特徴です。

ちなみに、その人はその後どんな会社に採用されたのかは知りませんが、1社目よりも条件面が悪い会社に入ることは間違いありません。

会社や組織に何かをしてもらおうと期待するのではなく、自分が変えてやろうという当事者意識を持つこと。

人間関係の構築ができない人

退職理由のほとんどは人間関係と言っても良いくらい、人間関係の問題は重要です。

仕事をするということは社内に限らず社外でもたくさんの人と関わりを持ちます。

人間関係を良好に保つためには、自分だけでなく相手の対応も問題になります。

しかし問題がある人というのは、自分に非はなく相手が悪いからだと考えております。

そんな中で適合が出来ない人というのはよく「環境を変えれば何とかなる」と思い、仕事を辞めていきます。

しかしどんな職場に行っても人間関係は付き物です。

退職することによりそれまでの職場での問題は無くなったとしても、新たな職場で必ず別の問題が発生します。

どの職場でも必ず人間関係の問題はあります。

しかし、実は自分に問題があるということにほとんどの人が気づいておりません。

相手を変えることなどほとんど不可能なのです。

そのため、相手をコントロールして自分の有利な状況を作り出してしまえば良いのです。

そんなの出来るわけないと思うかもしれませんが、それが出来ない人だから人間関係の構築ができないのです。

上手に人間関係を作っていける人はこれをやっているのです。

相手が悪いということばかりでは無く、自分の非を認めることが改善のための第一歩。

どうすればこの関係性を良くすることが出来るのかを考えることで、それだけでも相手と歩み寄ろうとして改善に向けて動き始めています。

能力が足りない人

当然といえば当然のことですが、会社は学校では無いため仕事が出来ない人のペースに合わせることなんてできません。

能力がない人にたくさんの仕事を任せていたら組織が回らなくなってしまいます。

そのため、仕事を任せる範囲も狭くなっていってしまいます。

また、何度も何度も同じような失敗ばかりしているようではその人に仕事を依頼しにくくなります。

改善できるように組織として努力はしていきますが、それでも無理な場合もあります。

そうなるとその人の存在意義も無くなり、その職場に居続けることが難しくなってしまいます。

能力については努力すれば何とかなるものです。

単純に努力が足りないだけなのです。

人と同じことをやってダメなら2倍やれば良いのです。

それでもダメなら3倍やれば良いのです。

それだけで解決するならとても簡単なことです

とにかく努力あるのみ。甘えるな。

忍耐力が足りない人

社会人を長年やっている方なら誰もが分かっていることですが、仕事は大変なものです。

楽しい部分もありますが、辛い部分の方がたくさん起こります。

そんな辛いことを乗り越えられないようですと、その先に進むことなど出来ません。

忍耐力が弱い人はその壁にぶつかると乗り越えようとせずに逃げようとします。

もちろん逃げることが間違いではない場合もあるのですが、他に行っても必ず壁にぶつかる場面は出て来ます。

その度に逃げているようではいつまで経っても成長など出来ません。

私もこれまでに何度もどん底に落ちたような経験をして来ました。

辛くて逃げたいこともたくさんありました。

しかしそれらを乗り越えた時、新たな境地が開けます。

そこまで無理だと思っていたことを突破したことにより、無理だと思えるハードルが徐々に下がって来ます。

これを繰り返したことにより、10年前だったらどうにもならなかったようなことでも今では軽々と処理できるようになっています。

みんな言わないだけで驚くような苦労をしています。

会社に行く時に吐き気が止まらず1駅毎に吐きながら出社している人もいました。

  • 1日15時間・365日休みが無く仕事をしている人もいました。
  • 世間から激しいバッシングに遭ってどこにいても逃げ場が無い人もいました。

私はよく思うのですが、大問題を起こしてしまった芸能人は自分の問題を世間みんなが知ってしまうことになります。

どこに行ってもみんながそのことを知っているので逃げ場などありません。

しかし私が犯したミスなど誰も知りません。同じ組織内の数名しか知らない話なのです。

そう思うと、精神的にいくら辛くても意外と乗り切ることができます。

辛くて苦しい時でもとにかく耐えればその先に自分の経験値が上がります。

ただし、命に関わるような状況になるようなら逃げるという判断も必要です。

病気 精神疾患

心の病気は誰にでもなる可能性があるため、良い悪いの問題ではございません。

メンタル不調にはなりやすい人となりにくい人がいます。

以前は「メンタルが弱い=努力が足りない」というような偏見が凄かったが今はそんなに偏見は無くなって来ています。

それまでの人生で何も問題がなかった人でも突如メンタル不調に陥ることもあります。

例えば、幸せだと思われている結婚や出産が原因でメンタル不調になる人もいます。

これは急激な環境の変化により心と体の順応が追いつかないことが原因であります。

これに関しては病気になったら治すしかないものです。

そのためには医者に行くしかありません。最近はメンタルクリニックはたくさん存在しています。

また、不調の兆候を予め感じた時に早めに対処することが必要です。

不眠が何日も続くと起こるとメンタル不調の可能性が高く、また、メンタル不調に陥りやすくなる。

横になっても楽にならないということはメンタル不調の可能性が高いので、早めに対処した方が良いでしょう。

心の病気でも放置していれば悪化していき、死に至ることもあります。

病気になってしまったら仕事を続けていくのは困難なケースがほとんどです。

病気の予兆を感じたら早急に対処し、明らかな症状が出る前でも病院に行くべきです。

専門の人に解決してもらうのが一番です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました