スポンサーリンク
当サイトには広告・プロモーションが含まれています。

年収700万の手取りってどのくらい?勝ち組?実際の生活レベルや実は生活が苦しいと言われる理由について解説

仕事の悩み・仕事術
  • 年収700万円だと手取りはどのくらい?
  • 勝ち組なの?
  • どのレベルの生活ができる?
  • 実は生活が苦しいって本当?

ほとんどの人は年収を上げたいと思うでしょう。しかし、その年収でどのくらいの生活が出来るのか、なかなかイメージ出来ないのでは無いでしょうか。

今回は、年収700万円の人のリアルな生活について解説していきます。

滝谷真也が薦める転職支援サービス 《転職エージェント・転職サイト》

転職エージェントは複数利用して活用しましょう!

転職サイト/転職エージェント

  • LIBZ
    新しい働き方を叶える転職サイト
  • ハタラクティブ
    転職が初めての20代向け・ワークライフバランスを実現した働き方を目指そう!
  • アデコ
    オンライン登録OK・日本で37年のの実績!働きやすい理想の職場を探そう!
  • VIEW
    若手ハイクラス向け転職サイト!市場価値を高めるオンリーワンのスキルを身につけよう!
  • テンプスタッフ
    未経験でも安心の大手派遣会社!仕事とプライベートの両立を実現!
  • JobSpring
    24卒新卒向け就職エージェント!就活に迷ったらまずは登録!
  • Geekly
    IT・WEB・ゲーム業界専門!働きやすい優良企業案件が多数!
誰にも教えたくない隠れた超優良企業リスト

併せてこちらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人

1982年埼玉県生まれの40歳。現在は東京都在住。仕事の軸を「キャリアと教育」としており、採用のスペシャリスト。これまでに自社の社員採用や教育、そして転職エージェントとしての採用支援のキャリアを持っており、1000人以上の就職・転職支援を行う。

現在は社員採用に加え、営業推進やマーケティング業務などをやってます。
人事採用関連の経験や元転職エージェントとしての経験で培った転職情報を中心に発信していきます。

記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。

年収700万の現実…おおよその手取り額はいくら?

年収×8割が、税金・社会保険料などを差し引いた手取り額になるといわれているので、年収700万円の人の手取り額はおおよそ540万円前後になります。

ただし、別途ボーナスがある場合にはプラスアルファになりますし、扶養家族の有無によっても多少前後はあると考えてください。

月ベースで考えると、ボーナス込みで700万円の人は月収は40万円前後、ボーナスが別途の人は45万円から47万円弱ということになります。

年収700万円の生活レベルのリアルとは?

年収700万円の生活レベルは、基本的には困ることなく生活ができる状況といえます。一人暮らしであれば、十分に貯金もできますし、生活水準もかなり高めな、いい生活ができることでしょう。

でも具体的にどんな生活ができるのか、想像するのは難しいものですよね。

ここでは、その生活水準のリアルがわかりやすいよう、家や車、家族構成などから、どんな生活をできるのか、詳しくご紹介していきます。

年収700万円の生活レベルのリアル①どんな家を購入できる?

家の購入は、世間的な相場として年収の6倍程度が理想といわれています。そのため、大体3,500万円から4,000万円程度の家が理想的です。

この金額であれば、郊外の新築も購入可能でしょうし、うまくいけば、中古物件であってもある程度アクセスのいい都心部に近いところにもマイホームを持つことが可能でしょう。

ただ、年収がこれかがもっと上がる見込みのある人であれば、5,000万円ほどの新築も狙えそうですね。

年収700万円の生活レベルのリアル②賃貸の相場は?

賃貸に暮らす場合であれば、月収の1/3以下の家賃の家に住むのが理想といわれています。そのため、15万円前後の家賃までが理想です。

しかし、これは独身の一人暮らしの人にとってはかなり好条件な都心部にも住めるレベルですし、郊外だとすると持て余す広さの平米数になってしまう可能性もあります。

とはいえ、15万前後ともあれば、お子様がいる場合でもある程度、物件の条件は選べることでしょう。

年収700万円の生活レベルのリアル③子供は何人?

子供が私立に行くのか公立に行くのかなどによっても大きく違ってきますが、平均的に子供は1人や2人であれば十分やっていくのは可能でしょう。

しかし、3人となると、

  • 地域差(都心部か?手当の有無)
  • ローン(住宅や車の有無)
  • 持ち家か否か

などの諸条件によっては厳しくなってくることも考えられます。

3人でも可能な人もいますが、安心して子育てをしたいのであれば2人くらいがベストといえそうです。

年収700万円の生活レベルのリアル④車はどんな?

車は年収の半分くらいのものが相場といわれています。そのため、年収700万円の人の場合は、350万円前後の車を購入することが可能です。

新車の3ナンバーの国産車でも手が届く範囲ですし、外車もこの値段であれば販売されています。

中古車を買う場合であっても、これだけの予算であれば、かなり状態のいい車の購入も可能。世帯数や目的に合わせて、違う車種の2台持ちも夢ではありません。

年収700万円の生活レベルのリアル⑤貯金はできる?

年収700万あれば、貯金も十分可能です。独身の一人暮らしの人で、おおよそ10万円前後(ボーナスなどがある場合は月15万円の貯金も可能)。

ただし、貯金できる額に関しては、家族構成や住むエリア、ローンの有無によっても異なります。

たとえば、独身で実家暮らしであればプラス家賃分が貯金できますし、自炊するなら食費も浮きますし、お子さんがいれば必然的に貯金に回せる額はあまり残りません。

ただ、独身であってもなくても、趣味にお金がかかる内容のものが多い場合もあります。

ですので、ここでご紹介する額はあくまで目安だと考えてください。

もしこれが、お子さんもいて、住宅ローンや賃貸の家賃、車を所有しているなどになってくると、3万円から5万円の貯金になってしまいますし、お子さんの人数が増えれば、いっそう貯金額は節約をしないと思うようには増えないかもしれません…。

全国的に年収700万円の人の割合ってどのくらい?

日本の給与所得者全体から見ると、年収700万円の人は15%前後いるとされています。ざっくりいうと、日本の給与所得者の6,7人に1人という計算です。

しかも、年収700万円未満の人は給与所得者の70%いるといわれているため、年収700万円以上ある人は裕福な家庭といえます。

地方エリアではフルタイム勤務の共働きで、やっと世帯年収700万円になる家庭も多いため、個人収入という意味では生活水準が高いといっていいですね。

年収700万円の人ってどんな仕事?ポジション?

年収700万円の人ってそんな仕事をしている人なのでしょうか?また、どんなポジションについているものなのか、気になるところですよね。

今の時代、ひょんなことから始めた副業(サブワーク)や、得意なことを活かした複業(パラレルワーク)で年収700万円になる人もいますが、ここではそういった副業などは抜き・ひとつの仕事という前提で、収700万円の人の具体的な職種や役職などについてもご紹介していきます。

エンジニアなどIT系に多い年収!

エンジニアやプログラマーなどのIT関係の仕事の人に、年収700万円の人は多くなっています。

最近ではプログラミングを学んで副業になんて人も増えていますが、それだけの技術や知識があると、重宝される時代ということもあるのでしょう。

特に、エンジニアとして営業スキルもあれば、限りなく年収700万円台に違づける傾向があります。専門知識が大いに役立つのですね!

一般企業の管理職

IT関係の企業でなくても、その他の企業の管理職(係長、課長、部長)に就いている人も年収700万円が夢ではありません。

もちろん、企業体質や傾向によっては管理職とはいえど、部長クラスでないと年収700万円には及ばないケースもありますが…。逆にいえば、外資や勢いのある業種の場合には、部長やマネージャー職に就けば年収1,000万円というケースも!

独立していない・企業に勤務する士業系

いわゆる「雇われ」の状態の士業の人でも、年収700万円前後に落ち着くことがあります。

たとえば、勤務医、企業に所属する弁護士、会計士、建築士などがこれに該当する士業です。士業関係の場合は、独立した方が収入が高くなる傾向はありますが、独立まではする気がない…という人もいます。

若いうちにどこかに属して経験を積んでから、独立するケースも多いものです。

ぶっちゃけ年収700万円って勝ち組?!

これまでの解説にもあるとおり、日本の給与所得者の大半が年収700万円には届かないわけですから、勝ち組といわれる部類になります。

ただ、

  • とんでもなくストレスフルな生活をしている
  • 好きでもない仕事をお金のためだと思ってやっている
  • 休みもほとんどなく心身共に疲弊している

などの状態であれば、人生という意味では勝ち組とはいえない面もあるのではないでしょうか。

好きな仕事をしている、今の環境に心身共に健康にはいられているなどの条件が揃っていなければ、年収がいくらよかろうが、満たされないこともあります。

もちろん、お金があってこそ買える幸せもある部分はありますが、年収で勝ち組か負け組かを線引きして、劣等感を感じたり、引け目を感じたりする必要はありません。それに、あなたもこれから年収700万円になる機会もあるかもしれませんしね!

年収700万円って夢見すぎ?自分も狙える?

年収700万円になるということは、簡単なことではありません。日本人全体からしてもかなり少ない人数しかいないことになってしまいますが、それはその人が特別だからでしょうか?

これまでの説明を照らし合わせて傾向を見ていると

  • 専門の知識を持っている
  • 人望が必要とされるポジションに就く

などさえできれば、狙える範囲です。

つまり、特別な人ということじゃなくても、頑張り次第で狙うのは十分可能な範囲でもあるんですよ!

これから年収を700万に上げる方法はズバリこれ!

現状では、どうやっても年収700万なんて無理…、そんな会社にお勤めの人はどうやれば年収を700万円にできるのでしょう?

ここでは年収700円になるために、できること・やってみる価値のあることをご紹介します。

もちろん誰もがみんなやれるという話ではありませんし、お金のためという原動力だけで動いても、別の苦しみを生むことにもあるので、楽しくやるというのが大前提ですが、本気で年収を上げたいなら、前向きに考えてみてくださいね。

昇進!経験値や実績をどんどん積んでいこう!

今の仕事が好き、あるいは、今の仕事を辞めて給料の高い仕事を探すというのも…という人は昇進を目指すのが一番です。

ただ、昇進をするためには必要なこともあります。たとえば結果や人望。ただ、必ずしも結果を出せば評価されるというわけでもありません。

結果と人望を上げるにはイマジネーションが大切です。それには仕事の流れなど全体を理解することが必要になります。

  • 要領や効率を高めるよう工夫をする
  • 次の作業を考えて行動する
  • 周りのみんながやりやすいように努める

そういった、かゆいところに手が届くような工夫をしていれば、知らぬ間に周りからの信頼もできて、必然的に役職がついてくる結果につながることもあるのではないでしょうか。

与えられている仕事にプラスアルファの工夫や思いやりを付け足すだけで、無駄な時間を省けて要領よく仕事をこなせるものです。そういったところから、経験と実績を積んで昇進を目指してみませんか?

転職をしてスキルを売り込もう!

今の職場では、これ以上のポジションアップも給料アップも見込めない…。そんな場合であれば、これまでの経験を買ってくれる企業に転職するのもあり!

アピールできるほどのスキルはない…なんて自信がない人であっても、転職先を調べてみるだけでもかまいません。

どこに需要があるかなんてわかりませんし、転職先探しをするだけでも、見方が変わってくるきっかけになることもあります。

給料アップを目指した転職は、

  • 好きでできることをもっと掘り下げられること
  • 給料のためと思っての転職であっても楽しくできることを大事にすること
  • 興味のある分野を選ぶこと

などを意識してみてください。

給料という条件だけで苦手な職種に挑むのは、続かない原因になったり、給料どころではない不満やストレスを抱く原因になったりしてしまう可能性があります。

自分のいいところ、学びたいところを伸ばせる・活かせる仕事に重きを置いて探してみましょう。

資格をとる・独立する

今後の自身の仕事のプラスになるような資格を取ってみましょう。

もしこれまでのキャリアで実績も結果もあまりないという場合であっても、活かせる資格を持っているということは最大の強みになることもあるからです。

たとえば、資格を取得して経験を積んだからこそ、独立・起業できることだってあります。

最近では全体が平均点で可もなく不可もなく…という人よりも、人よりも光るなにかひとつのスキルを持っている方が重宝される傾向がありますから、人とは少し違う強みを持つのは、年収アップにも大いに貢献するはずですよ!

滝谷真也が薦める転職支援サービス 《転職エージェント・転職サイト》

転職エージェントは複数利用して活用しましょう!

転職サイト/転職エージェント

  • LIBZ
    新しい働き方を叶える転職サイト
  • ハタラクティブ
    転職が初めての20代向け・ワークライフバランスを実現した働き方を目指そう!
  • アデコ
    オンライン登録OK・日本で37年のの実績!働きやすい理想の職場を探そう!
  • VIEW
    若手ハイクラス向け転職サイト!市場価値を高めるオンリーワンのスキルを身につけよう!
  • テンプスタッフ
    未経験でも安心の大手派遣会社!仕事とプライベートの両立を実現!
  • JobSpring
    24卒新卒向け就職エージェント!就活に迷ったらまずは登録!
  • Geekly
    IT・WEB・ゲーム業界専門!働きやすい優良企業案件が多数!
誰にも教えたくない隠れた超優良企業リスト

併せてこちらの記事も読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました