スポンサーリンク

基本情報技術者試験の勉強時間はどのくらい必要?合格率や難易度と対策をご紹介

仕事術

ITの分野で資格を取ろうと思ったらまずはこの 「基本情報技術者試験」が出てきます。

  • 「基本情報技術者試験」って難しいの?
  • 難易度はどのくらい?
  • どのくらい勉強が必要?
  • 持っていると役に立つの?

そんなIT業界への登竜門である基本情報技術者試験について解説いたします。

誰にも教えたくない隠れた超優良企業リスト
就活・転職に必須!誰も教えてくれない「絶対に働きたい隠れた優良企業リスト272社」|滝谷真也💻転職ソムリエ🙋🏻‍♂️|note
ブラック企業で働きたくない。これは就職や転職をするときに誰もが思うことではないでしょうか。しかしその会社がどんな会社なのか実際に入ってみるまでわからないところがたくさんあります。でも、わからないで済まされることではありません。 そこで、「絶対に働きたい隠れた優良企業リスト」をご紹介します。 この記事が参考になる人は...
転職ソムリエ〜滝谷真也が薦める転職エージェント

全ての年齢・職種に対応

>>リクルートエージェント
転職支援実績、保有求人数業界1位
リクルートエージェント
>>パソナキャリア

3万件以上の業界トップクラスの豊富な求人

>>doda

約10万件以上、日本最大級の求人数保有

若手向け転職エージェント
>>マイナビエージェント
ベンチャーから大手まで優良企業が豊富

>>ハタラクティブ
転職が初めての人でも安心の手厚いサポート

>>就職Shop

既卒・第二新卒・フリーター・ニート向け

>>ウズキャリ

既卒・第二新卒内定率83%以上

>>第二新卒エージェントneo 

1人あたり平均10時間の手厚いサポート

>>DYM就職

ブラック企業は徹底排除、2000社の優良企業

業界・職種特化型
>>エンワールド・ジャパン 
大手外資系・日系グローバル企業に強い

>>アクシスコンサルティング

コンサルティングファームの転職に強い

>>MS-Japan

管理部門(総務や経理など)や士業に特化

噂のあの企業の評判や実態は!?

他にもたくさん紹介しているのでこちらも是非読んでください!

併せてこちらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
滝谷真也

1982年埼玉県生まれの39歳。現在は東京都に住んでおり6歳の娘と4歳の息子の二児の父親。

仕事の軸を「キャリアと教育」としており、採用のスペシャリスト。これまでに自社の社員採用や教育、そして転職エージェントとしての採用支援のキャリアを持っており、1000人以上の就職・転職支援を行う。

現在は社員採用に加え、営業推進やマーケティング業務などをやってます。
人事採用関連の経験や元転職エージェントとしての経験で培った転職情報、そして父親として学んだ子育て育児情報を中心に発信していきます。

記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。

どんな試験なのか

「基本情報技術者」は国家資格です。

IT業界の登竜門となるような資格であり、 20代の若手向けにITに基本に関することが問われる資格です。

試験は春と秋の年二回開催されています。受験者数はどの回もおおよそ7万人くらいおります。

日商簿記の受験者数が各回おおよそ8万人くらいなので、 簿記と同じくらい人気のある資格です。

合格率は約25% 各回おおよそ1万7千人くらいとなっております。

試験は「午前問題」 「午後問題」に分かれており、 午前問題は試験時間が2時間30分。 マークシート方式で四肢択一、 全80問あります。

試験範囲はテクノロジ系50問、マネジメント系10問、 ストラテジ系20問です。

午後問題も試験時間は2時間30分あり、選択肢回答で全11問あります。

午後問題は2019年までは13問の中から7問を選択する方式でしたが、 2020年からは11問の中から5問を選択して解答する形式に変更になりました。

そして、問7〜11のソフトウェア開発はプログラミング言語を選択して解答する問題ですが、 2020年にCOBOLが無くなり、Pythonが追加されました。

総合得点の60%以上を獲得しないと合格はできませんが、 総合で60%以上をとるだけではなく午前と午後のどちらか一方で正答率60%を下回ってしまうと不合格になってしまいます。

そのため、 出題範囲を満遍なく勉強しておく必要があります。

ちなみに、受験料は消費税込みで5700円です。

難易度はどのくらい?

基本情報技術者試験 試験要項

IT関連の国家資格は非常に難しいものが多いため、それらと比べると比較的容易な試験にはなります。

しかし、IT関連について何も知らない人が受けた場合、かなり難しいと感じることでしょう。

経済産業省が定めるITスキル標準というものがあり、 このITスキル標準をスキルレベル1 (エントリークラス) 〜スキルレベル7 (スーパーハイクラス) まで区分しています。

基本情報技術者試験の難易度はスキルレベル2 (ミドルクラス) です。

同じ系統の資格ということでいうと、スキルレベル1がITパスポート、 スキルレベル3が応用情報技術者となります。

どのくらいの勉強が必要?

独学でも取得は可能な資格ではありますが、全くITのことを分からない人が勉強をした場合、かなり難しいと感じることでしょう。

次の項目に過去の問題をいくつか載せておきました。 何も知識がない人がみたらさっぱり分からない問題でしょう。

全く知識が無い人はスクールに通って勉強をするのも1つの手です。 

基本情報技術者試験の対策を行っている資格スクールはたくさんあります。資格スクールで有名な 「アビバ」 も試験対策講座があります。

大学や専門学校で学んだ人や、 IT関連企業で実務経験が少しある人であれば独学でも問題ありません。

全く知識のない人が勉強した場合、おおよその目安として200時間、期間は半年ほどは必要なります。

まずはテキストを見て、 用語を覚えるところから始めましょう。 ある程度知識がある人は、テキストの内容をよく読んで知識をインプットする作業を行います。

テキストを一通り読んだとしても最初の頃のところは忘れてしまったなんてこともあるでしょう。

そのため、 いきなり全てを覚えようとせず、まずはテキスト全体を一通り読むようにします。そして、あとはひたすら問題に慣れることです。

毎年同じような問題が出ているため、 テキストで一通り学習をしたらあとはひたすらアウトブットの練習をする必要があります。

たくさん問題を解いているうちに、「前にも同じような問題があったな」と思うことでしょう。

テキストを隅々まで読むことよりもとにかくたくさん問題を解いていき、分からないところはその都度調べていく方が圧倒的に効率よく勉強が出来ます。

1つの問題集を最低3周はやりましょう。

1週目は分からないところだらけで調べながらやるので相当な時間がかかる思われます。 しかし2週目、3週目ともなればパッと見ただけでも答えられるようになります。

そうして2冊ほど問題集をやれば合格は一気に近くなります。

私が使用してみてよかったと思ったテキストと問題集をご紹介致します。

こんな問題が出ます

まずは用語を知らないと話にならない問題もたくさんありますので、 まずは用語をしっかりと覚える必要があります。

また、高校の数学で勉強したような内容の問題もあります。

例題1
192.168.0.0/23(サブネットマスク255.255.254.0)のIPv4ネットワークにおいて,ホストとして使用できるアドレスの個数の上限はどれか。

例題2
侵入者やマルウェアの挙動を調査するために,意図的に脆弱性をもたせたシステム又はネットワークはどれか。
(ア)DMZ  (イ)SIEM  (ウ)ハニースポット  (エ)ボットネット

例題3
ディスク障害時に,フルバックアップを取得してあるテープからディスクにデータを復元した後,フルバックアップ取得時以降の更新後コピーをログから反映させてデータベースを回復する方法はどれか。
(ア)チェックポイントリスタート (イ)リブート(ウ)ロールバック(エ)ロールフォワード

例題4
特定顧客,特定製品のセグメントに資源を集中し,専門化を図る戦略はどれか。
(ア)チャレンジャ戦略 (イ)ニッチ戦略 (ウ)フォロワ戦略 (エ)リーダ戦略

例題5
インターネットで利用される技術の標準化を図り,技術仕様をRFCとして策定している組織はどれか。
(ア)ANSI (イ)IEEE (ウ)IETF (エ)NIST

答え
例題1:510
例題2:(ウ)ハニースポット
例題3:(エ)ロールフォワード
例題4:(イ)ニッチ戦略
例題5:(ウ)IETF

基本情報技術者平成31年春期

資格を持っていると役に立つのか

新卒に取得を促している会社も多く、基本情報技術者資格を持っているとITについて基本的なことは分かっているのもだと言うことが出来ます。

スキルレベル1であるITパスポートは本当に基本的な内容が多く、学生でも取得できる内容です。

持っていても役に立つ場面はほとんどありませんが、スキルレベル2の基本情報技術者からは若手のうちであれば転職にも活かすことが出来ます。

30代で中堅くらいになってくるともう1ランク上の「応用譲歩技術者」資格あたりを持っていないとなかなか評価はされません。

スキルレベル3である応用情報技術者を取得するレベルとなると、 IT企業でリーダー的なポジション相当の実力を証明することが出来ます。

これからIT業界で頑張っていこうとしている人もそうですが、何をやったら良いか分からない人はとりあえずITを勉強しておけばキャリアに困ることはないので勉強してみてはいかがでしょうか。

あの会社はブラック企業?ホワイト企業?評判や口コミ情報

噂のあの企業の評判や実態は!?

他にもたくさん紹介しているのでこちらも是非読んでください!

併せてこちらの記事も読んでみてください!

オススメの転職エージェント
エージェント名
リクルートエージェント

リクルートエージェント

  • 転職支援実績、保有求人数業界1位
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 企業と多数の太いパイプを保有

【紹介記事】
>>リクルートエージェントがひどいって本当?評判&口コミと利用する時の注意点をご紹介

マイナビエージェント

  • ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富
  • 20~30代に転職サポートに強い
  • 応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

【紹介記事】
>>マイナビエージェントがひどいって本当?「断られた」「しつこい」という人が多い実態&評判や口コミをご紹介

パソナキャリア

  • 3年連続お客様満足度1位
  • 30,000件以上の業界トップクラスの豊富な求人
  • 女性の転職支援実績も多数

【紹介記事】
>>パソナキャリアがひどいって本当?評判&口コミと利用する時の注意点や裏事情などをご紹介

doda

  • 非公開求人を含む約10万件以上、日本最大級の求人数保有
  • 転職者満足度No.1
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍

【紹介記事】
>>dodaのエージェントはひどいって本当?評判が悪い理由や口コミなどをご紹介

ハタラクティブ

  • 20代の既卒・第二新卒への転職サポートに特化
  • 内定率80%の実績
  • 転職が初めての人でも安心の手厚いサポート

【紹介記事】
>>ハタラクティブの評判ってどうなの?「怪しい」「ひどい」と言われる実態や求人の特徴などを解説

就職Shop

  • 既卒・第二新卒・フリーター・ニート向けのサービス
  • 書類選考なしで応募できる
  • 実際に働く風景が想像できるような情報が豊富

【紹介記事】
>>就職Shopの評判ってどうなの?若手やニートにおすすめできる理由や口コミをご紹介

ウズキャリ

  • 既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上
  • 書類通過率87%超え
  • ブラック企業を徹底排除

【紹介記事】
>>ウズキャリの評判ってどうなの?「既卒」や「ニート」でも安心のサポートやITばかり紹介されるなどの実態について解説

第二新卒エージェントneo

  • 1人あたり平均10時間の手厚いサポート
  • ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介
  • 富な経験を持つのキャリアアドバイザーが在籍

【紹介記事】
>>第二新卒エージェントneoの評判ってどうなの?「若手」「20代」に強いと言われる理由や上手な活用法についてご紹介

DYM就職

  • 第二新卒・既卒はもちろんフリーターや ニートの方向け
  • ブラック企業は徹底排除、2000社の優良企業をご紹介
  • 最短1週間でのスピード入社も可能

【紹介記事】
>>DYM就職は危険?「やばい」と言われる理由や評判&利用する際の注意点などを解説

エン・ワールド



  • 外資系転職専門
  • 大手外資系・日系グローバル企業の求人を常時10,000件以上
  • 年収800万円以上のハイクラス求人も多数保有
アクシスコンサルティング

  • コンサルティングファームの転職に強い
  • コンサル業界各社とのパイプがあり
  • ITバックグラウンドの方の採用が活発
MS-Japan

  • 管理部門(総務や経理など)や士業に特化したサービス
  • 創業より29年間でのべ2万人以上の方々の転職のサポートを実現
  • 高い専門性をもつキャリアアドバイザー多数在籍
アイティーケー

    • 外食産業・飲食店に特化したサービス
    • 外食特化の人材紹介会社でも業界シェア、トップクラス
    • 外食に特化したキャリアアドバイザーが在籍
友だち追加
就活・転職に必須!誰も教えてくれない「絶対に働きたい隠れた優良企業リスト272社」|滝谷真也💻転職ソムリエ🙋🏻‍♂️|note
ブラック企業で働きたくない。これは就職や転職をするときに誰もが思うことではないでしょうか。しかしその会社がどんな会社なのか実際に入ってみるまでわからないところがたくさんあります。でも、わからないで済まされることではありません。 そこで、「絶対に働きたい隠れた優良企業リスト」をご紹介します。 この記事が参考になる人は...
YouTube始めました!

あの会社はブラック企業?ホワイト企業?評判や口コミ情報
採用担当が教える 絶対に転職が成功する転職マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました