スポンサーリンク

アクセンチュアに転職するのはやめとけ?誰でも入れるの?年収は高いが激務でついていけない人が続出&使い捨てだと言われる悪い評判の実態

会社の評判・口コミ

アクセンチュアという会社を聞いたことはありますか?

普段の生活をしていると馴染みがあまりないと思われますが、コンサル会社としてとても有名な会社です。

  • 休みは取れるの?
  • どんな会社なの?
  • 社風は?
  • 残業は多いの?
  • 年収は?
  • 実態はどうなの?

私はこれまで転職エージェントとして、そして採用担当者として数多アクセンチュア出身の人と面談をしてきました。

実際にアクセンチュアで働いていた人の生の声を多数聞いてきましたので、今回はそんなアクセンチュアの実態について解説していきます。

滝谷真也が薦める転職支援サービス 《転職エージェント・転職サイト》

転職エージェントは複数利用して活用しましょう!

  • LIBZ
    新しい働き方を叶える転職サイト
  • VIEW
    若手ハイクラス向け転職サイト
  •  ミイダス
    あなたの市場価値を見出すアプリ
  • Geekly
    IT・WEB・ゲーム業界専門
誰にも教えたくない隠れた超優良企業リスト

併せてこちらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
滝谷真也

1982年埼玉県生まれの40歳。現在は東京都在住。仕事の軸を「キャリアと教育」としており、採用のスペシャリスト。これまでに自社の社員採用や教育、そして転職エージェントとしての採用支援のキャリアを持っており、1000人以上の就職・転職支援を行う。

現在は社員採用に加え、営業推進やマーケティング業務などをやってます。
人事採用関連の経験や元転職エージェントとしての経験で培った転職情報を中心に発信していきます。

記事の更新情報や日々の出来事はSNSで発信します。 フォローしてもらえるとうれしいです。

世界最大の経営コンサルティングファーム

アクセンチュアとは、世界最大の経営コンサルティングファームです。

Vorkersの調査では、19卒の文系学生の就職注目企業ランキングで第1位にもなるくらいとても人気の高い企業です。

アクセンチュアは主に、 「ストラテジー&コンサルティング」 「インタラクティブ」 「テクノロジー」 「オペレーションズ」の 4つのサービスを展開しております。

また、世界約50カ国以上に拠点を持っており、世界で約50万人の従業員が在籍しております。

名称:アクセンチュア株式会社(Accenture Japan Ltd)
創業:1962年、事務所開設
設立:1995年12月
資本金:3億5千万円
従業員数:約16,000人(2021年3月1日時点)
事業内容:「ストラテジー & コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」の4つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供

働く環境について

それではここからは、実際に働く環境について解説していきます。

休日は取れるが残業が激しい

ネットでアクセンチュアについて調べてみると「激務」「つらい」「残業が多い」などの情報が多く見受けられます。

確かにコンサル業界全体でこのような一面もありますが、以前は月に100時間超えの残業も当たり前の会社でした。

しかし、最近のアクセンチュアはガラッと変わってきており。 

最近では、残業があまり出来なくなってきていると私の知り合いは言っておりました。

一番下の「アナリスト」は月に45時間以上の残業時間は禁止となっております。

しかし、マネージャークラスになるとそれ以上の残業まだまだあるのが現状です。

残業が少なくなってきてはいたのですが、2022年3月に違法な長時間労働をさせたとして、 アクセンチュアが書類送検されました。

私が聞いた元アクセンチュアの社員の話では、労働環境はかなり良くなってきていると聞きましたが、これは一部の部署だけだったようで、全社的にはまだまだ長時間労働をしているのが現実です。

今回の件をきっかけに、長時間労働に対する意識は改善されていくのではないでしょうか。

外資系でドライな社風

典型的な外資系企業というところがあり、 結果を残すか否かが全ての会社であります。

そのため、 アクセンチュアは離職率も高い会社です。 

外資系の会社でドライな会社でもあり、実質的に会社から「クビ」 となって退職してしまう社員もかなりおります。

また、定年まで働こうとしている社員もほとんどいないため、目的意識を持って働いている社員が多いのも特徴的です。

以前は男性社員がほとんどを占めていたのですが、最近では 女性の活躍も増えてきております。

驚くほど高い年収

アクセンチュアの平均年収は約1020万円です。

また、平均的な年齢別の給与につきましては下記の通りとなっております。

アナリスト:年収400〜500万(20代中盤)
コンサルタント:年収500〜700万(20代中盤以降)
アソシエイトマネージャー:年収700〜900万(20代中盤〜30代前半)
マネージャー:年収900〜1,500万(20代後半〜30代前半)
シニアマネージャー:年収1,500〜2,500万(30代前半〜30代後半)
マネジメントディレクター:年収2,500〜3,000万 (30代後半〜40代)
パートナー:年収5,000万〜(40代以降)

給与は年俸制であり、ボーナスはありません。

非常に年収は高いのですが、 クビになるリスクもあると考えると「このくらいか」とも思えてしまいます。

コンサル業界はあまり福利厚生が無い会社も多いのですが、アクセンチュアは月3万までの家賃補助も出ます (マネージャー未満) し、研修制度もとても充実しております。

20,000を超える教育コンテンツが受講できたりするので、成長意欲の高い人が多いアクセンチュアらしいの福利厚生でもあります。

転職するにはどうしたら良いか

コンサル業界はロジカルな思考がないと出来ません。そのため、比較的高めの学歴は求められます。

東大、東工大、慶應、早稲田など高学歴者もたくさん働いております。高学歴の人でしたら転職しようと検討しても問題ありませんが、 Fラン以下の大学出身の人はほとんど望みはありません。

また、外資系ということもあり、英語力も求められます。

ポジションによっては、入社時では英語が出来なくても問題ないところもありますが、社内昇進の条件で英語を求めるところもあります。

アクセンチュアで働くのでしたら、遅かれ早かれ英語は勉強する時が来るでしょう。

ちなみに、アソシエイトマネージャーからマネージャーへの昇格には、 TOEICが650点以上が必須条件となっております。

アクセンチュアへの転職を考えている人は転職エージェントに登録することをおすすめします。

アクセンチュアは人気があるので、何も対策をせずにエントリーしたらあっけなく落とされる可能性があります。

転職エージェントにはこれまでに採用支援を行った人のデータが蓄積されています。

  • どんな人が採用されたのか
  • どんな対策を行ったのか
  • どんな人は不採用になったのか

1人で考えていても分からないことなので、積極的に転職エージェントに登録をしてまずは相談をしてみましょう。

中でもコンサル業界を得意とする「アクシスコンサルティング」はとてもおすすめです。

アクシスコンサルティングはコンサルティング業界にとても強く、これまでに採用されたデータなどを多数保有しているため、内定を取るための方法を教えてもらえることが出来るでしょう。

アクシスコンサルティング以外の大手転職エージェントもあわせて利用するとさらに深い情報を得ることができます。

滝谷真也が薦める転職サービス<転職エージェント・転職サイト>
エージェント名特徴オススメ度20代30代40代未経験者経験者
リクルートエージェント転職支援実績、保有求人数1位⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
LIBZ新しい働き方を叶える転職サイト⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
ハタラクティブ転職が初めての20代向け⭐️⭐️⭐️⭐️×
VIEW若手ハイクラス向け転職サイト⭐️⭐️⭐️⭐️×
テンプスタッフ未経験でも安心の大手派遣会社⭐️⭐️⭐️⭐️
ミイダスあなたの市場価値を見出すアプリ⭐️⭐️⭐️⭐️
キャリアスタート新卒学生向け就職エージェント⭐️⭐️⭐️⭐️×××
アージスジャパン外資系・ミドル・ハイクラス転職に強い⭐️⭐️⭐️⭐️
ギークリーIT・Web・ゲーム業界特化⭐️⭐️⭐️⭐️
転職ドラフトIT/Webエンジニアの転職に特化⭐️⭐️⭐️⭐️
アクシスコンサルティングコンサルティングファームの転職⭐️⭐️⭐️⭐️×
宅建Jobエージェント不動産業界を専門とした転職支援サービス⭐️⭐️⭐️⭐️
RSG Real-Estate Agent建設・不動産業界に特化⭐️⭐️⭐️⭐️
助太刀社員建設会社と職人のマッチングアプリ⭐️⭐️⭐️⭐️
カイゴジョブ国内最大級の介護求人サイト⭐️⭐️⭐️⭐️
ココカイゴ転職
厚生労働大臣認可の介護求人の専門サイト⭐️⭐️⭐️⭐️
絶対利用したい転職エージェントまとめ
おすすめの転職エージェント
転職エージェントの評判

併せてこちらの記事も読んでみてください!

あの会社はブラック企業?ホワイト企業?評判や口コミ情報
採用担当が教える 絶対に転職が成功する転職マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました